FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2021年冬、水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』

kage

2021/01/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月13日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:北川悦吏子
演出:南雲聖一/内田秀実
プロデューサー:加藤正俊/小田玲奈/森雅弘/仲野尚之
主題歌:空と青/家入レオ

E13-b043.gif
外部サイト:ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
水無瀬碧 役:菅野美穂
アラフォーの売れっ子恋愛小説家。やや天然ボケで、思ったことはすぐ口からこぼれ、屈託がなくにぎやかな性格。美人で恋愛経験も豊富だが、性格が不美人で落ち着きのない3枚目キャラ。仕事は迷走中。シングルマザーで、20歳の一人娘とタワーマンションで暮らしている。

水無瀬空 役:浜辺美波
しっかり者の碧の一人娘。20歳の大学生。筋金入りの漫画オタクで、これまでは趣味に忙しく恋愛の優先度が低かったが、本当は彼氏が欲しいと思っている。心は清く、天然な母を守らなければとさえ思っている。

入野光 役:岡田健史
空と同じ大学に通う同級生。イケメンで頭も良くいろいろとパーフェクト。不特定多数の女性と遊んでいるが、本命の相手はいない。実は隠れ〇〇〇。そのことをきっかけに、空と不思議な関係になっていく。

伊藤沙織 役:福原遥
出版社「散英社」に勤務する、碧の担当編集者である橘漱石の同僚で彼女。まるでストーカーのように漱石の行動を追跡している。漱石と碧の関係に嫉妬するあまり、水無瀬家や近所のたい焼き店「おだや」を頻繁に訪れるようになるが…。

橘漱石 役:川上洋平
出版社「散英社」に勤める碧の担当編集者。雰囲気イケメンであるがゆえに女性の作家を担当させられることが多い。クールなルックスとは裏腹に、仕事に対しては熱く、作家としてスランプに陥っている碧を献身的に支える。

ゴンちゃん 役:沢村一樹
碧の幼なじみで、下町商店街のたい焼き店「おだや」の4代目。長らく放浪の旅に出ていたが、5年前から店を継いで先代の父と一緒に働いている。碧と空にとっては家族のような存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
北川悦吏子が紡ぐ菅野美穂&浜辺美波“母娘”のエキサイティング・ラブストーリー 
脚本家・北川悦吏子が手掛ける、少女のような天然母としっかり者のオタク娘が繰り広げるエキサイティング・ラブストーリー。主人公で売れっ子の恋愛小説家・水無瀬碧を菅野美穂、その娘で恋愛のきっかけがなかったオタクの女子大生・空を浜辺美波が演じる。イケメンでパーフェクトな空の同級生役で岡田健史が出演。実は隠された一面を持ち、そのことで空と不思議な関係になっていく役柄を演じる。ほかに、碧の幼なじみで老舗たい焼き店の店主を沢村一樹、碧の担当編集者役で[Alexandros]のボーカル・川上洋平がドラマに初出演し、主題歌の作曲も担当。川上が演じる編集者のストーカー気質の彼女役に、福原遥が扮する。


2021冬号(2020年12月16日〜2021年3月末)
----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月13日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
“恋愛小説の女王”と呼ばれた水無瀬碧(菅野美穂)は、娘の空(浜辺美波)に彼氏ができないことが悩みの種。一方、恋をしてみたいと思いつつもオタク活動に忙しい空は、いい年をして天然、暴走、世間知らずな母を放ってはおけない。そんな時、ある理由から2人は突如「私たち、恋をしよう!」と決意。娘にとっては人生初の、母にとっては久々の恋が動きだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月13日更新】
■ あらすじ(第1話  2021/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学生の娘・空(浜辺美波)と暮らすシングルマザーで小説家の碧(菅野美穂)は、筋金入りの漫画オタクである空に恋の話がないことが悩みの種。その上、出版社編集長・小西(有田哲平)からはミステリー小説の連載打ち切りを告げられてしまう。碧が新しい編集者の漱石(川上洋平)からかつて人気を博した恋愛小説を打診されて行き詰まる一方で、空は碧の幼なじみのゴンこと欣次(沢村一樹)とその父・俊一郎(中村雅俊)が営むたい焼き店で家計への心配を吐露。そんな中、空は大学の飲み会で、同級生の光(岡田健史)の言動に憤る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2021/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
それぞれ別の場所で整体師の渉(東啓介)と出会った碧(菅野美穂)と空(浜辺美波)。碧は新作のネタが浮かんだと漱石(川上洋平)に宣言し、しっかりメークをして渉の元へ向かうが、ゴン(沢村一樹)らを相手に愚痴をこぼす結末に。一方、空には光(岡田健史)が近づいてきた。いぶかる空に意外な提案を持ち掛ける光。その提案を巡り、碧とけんかをした空は、家を飛び出した先で渉と再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月27日更新】
■ あらすじ(第3話  2021/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゴン(沢村一樹)に見合いの話が舞い込む。相手は美人で、すっかりその気のゴンから結婚式のスピーチを頼まれた碧(菅野美穂)は、空(浜辺美波)から「おだや」に気軽に出入りできなくなると言われ考え込む。さらに漱石(川上洋平)から、小説のためにゴンとデートするよう促される。一方、元家庭教師の未羽(吉谷彩子)と会った光(岡田健史)は、おだやで空と遭遇。空に、ある物を渡す。

D19-c012.gif
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック