FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2021年冬、木曜ミステリー『遺留捜査(第6シーズン)』

kage

2021/01/14 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

=シリーズ10周年=

 木曜ミステリー『遺留捜査(第6シーズン)』

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石哲也
演出:長谷川康/濱龍也/兼崎涼介
プロデューサー:三輪祐見子/佐藤凉一/藤崎絵三/丸山真哉/大西文二
主題歌:風を待って/小田和正

E13-b043.gif
外部サイト:木曜ミステリー
『遺留捜査(第6シーズン)』


----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
糸村聡 役:上川隆也
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。鋭い鑑識眼と偏執的ともいえるこだわりを持ち、事件現場に残された“遺留品”や被害者が残した“被害品”をもとに、事件を徹底的に追及する。遺留品からくみ取った、容疑者の動機や被害者の最期の思いを浮き彫りにする。空気を読まないマイペースな性格で、周囲から変人扱いされている。

神崎莉緒 役:栗山千明
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。糸村とバディを組まされ、そのマイペースぶりにうんざりしながらも、遺留品にこだわる彼の信念を認めるようになってきた。スリムなスタイルからは想像もできないほどの大食い。最近は仕事の合間を縫って婚活に精を出している。

雨宮宏 役:永井大
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。文武両道を地で行くタイプで、特に身体能力は高く、逮捕術では京都府警でも随一の実力を持つ。一見完璧だが、本番に弱い。一歩引いた距離感で糸村を観察するが、その空気を読まないマイペースぶりに、いつの間にか巻き込まれることも。

沖田悟 役:戸塚純貴
所轄署から京都府警本部に異動してきた若手刑事。特別捜査対策室の仕事を前に意気込み十分だが、現代っ子ゆえか、その気合が全く表に出てこない。仕事を器用にこなすスマートさはあるが、実力以上に自己評価が高く、自分が考えた効率的な捜査方法を先輩たちにさらっと提案したりする。糸村の度を超したマイペースぶりに率直な疑問をぶつけるも、いつもスルーされている。

滝沢綾子 役:宮崎香蓮
京都府警の科捜研研究員。糸村に振り回されてばかりの村木のせいで、なかなか自分の仕事が進められず困っている。

岩田信之 役:梶原善
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。仕事一筋、猪突猛進タイプで、捜査一課から特対に引き抜かれた。刑事のスキルに自信を持っており、“落としの岩田”“張り込みの鬼”など七つの通り名を持っていると自称するが、真偽のほどは定かではない。

村木繁 役:甲本雅裕
糸村と腐れ縁の警視庁科学捜査研究所係官。どんなに仕事が立て込んでいても、平然と別の鑑定を依頼してくる糸村にあきれながらも応じてしまう。1年の期限で京都府警に交換留学に来ていたはずが、今年も残留することに。

佐倉路花 役:戸田恵子
京都府警捜査一課特別捜査対策室・室長代理。京都生まれの京都育ち。父は太秦で有名な大部屋俳優で、“人たらし”と呼ばれた人物。その血を受け継いだのか、人の懐にスッと入り込む術を持ち、処世術や人間観察力に長けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上川隆也の“風変わり刑事”が冬の京都で事件の真相に迫る! 
上川隆也演じる“風変わり刑事”糸村聡が、遺留品に込められた最期のメッセージに耳を傾け、被害者の思いと事件の真相に迫る人気ミステリーの第6シーズン。作品の核である人間ドラマと京都のノスタルジックな情景を融合させたことで大きな反響を得ている。

連ドラとして約2年半ぶりとなる今作には、京都府警捜査一課特別捜査対策室、通称・特対の若手刑事・沖田悟役で戸塚純貴が加入。一番の若手ながらどこか偉そうな態度で、これまで特対にはいなかったキャラクターを演じる。そのほか、栗山千明、戸田恵子、永井大、梶原善ら特対メンバーと甲本雅裕ら科捜研も再集結。シリーズ初の冬の京都を舞台に彼らの活躍を描く。


2021冬号(2020年12月16日〜2021年3月末)
----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月13日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
関西政財界の大物が毒物により死亡し、京都府警捜査一課特別捜査対策室、通称・特対が臨場。死因は部屋の紅茶ポットに混入されていたヒ素による中毒死で、特対の面々は紅茶を運んだメイドを疑う。さらに、被害者の3人の子どもたちが時価5億円の名画を巡っていがみ合っていたとされ、遺産がらみの犯行も浮上する。そんな中、被害者の部屋で見つけた1本の古びたスプーンに興味を抱いた糸村聡(上川隆也)は、科捜研の村木繁(甲本雅裕)に鑑定を依頼。その遺留品から事件の奥底に潜む真実をすくい上げていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月13日更新】
■ あらすじ(第1話  2021/1/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
関西財界の大物・成章(山田明郷)が自宅のアトリエで死亡し、前夜、メイドの彩月(中山忍)が運んだ紅茶のポットから毒物が検出された。京都府警捜査一課特別捜査対策室の糸村(上川隆也)は、画材と共に木箱に収められていたスプーンが気に掛かる。成章が、妻・美幸(福井裕子)と3人の子ども達、長男・尚一(草野イニ)、長女・佳菜子(山田キヌヲ)、次男・俊介(永野宗典)に対し、財産分与について話した直後の事件で、成章が秘蔵する時価5億円ともいわれる名画を巡り、3きょうだいが対立していたことも判明する。




D19-c012.gif
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック