fc2ブログ
2022 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 07

しなやかに生きる 智慧と希望のことば/松浦眞人(文) 前田まゆみ(絵)

kage

2022/05/11 (Wed)

今日の棚の一冊1

📚エトセトラ↓
 しなやかに生きる 智慧と希望のことば/松浦眞人(文) 前田まゆみ(絵)
出版社:創元社 (2021/11/18)

困難な時代を生きるあなたへ

困難な時代を生きるあなたへ
心を見つめる世界のことば




【作家・辻仁成氏 推薦】
「松浦さんに合気を習ったことがあります。いつも笑顔で笑いながら敵の攻撃を交わす、常にしなやかな方で、自然な佇まいの中に、空を携えておられます。その生き方は今のコロナ禍にあり、大変稀有な存在でもあります。」


*

見開きで展開される一つひとつの言葉とイラストには、今という困難な時代を生きるためのヒントが隠されています。きっとあなたの人生に寄り添ってくれる、頼りがいのある一冊になるはずです。

■目次
泥中の蓮:『維摩経』
大人はみんな初めは~:サン=テグジュペリ
それ正無し。正は復た奇となり~:老子
まろばし:上泉伊勢守信綱
人間が真の人間に至るには~:フーコー
上善は水の若し。水はよく~:老子
自由であるとは~:サルトル
諸法無我:釈迦 ゴータマ・ブッダ
人間が作り出す最も~:アディソン
一犯一語:大杉栄
私の言葉に隠されていることは~:バルト
筒井筒 井筒にかけし~:世阿弥
一本のワインボトルの中には~:パスツール
君死にたまふことなかれ:与謝野晶子
煩悩と云ふも~:観阿弥
なんという空しさ~:『旧約聖書』
我事において~:宮本武蔵
深く後悔することは~:ソロー
生まれ生まれ生まれ~:空海
幸せなシーシュポスを~:カミュ
前後際断:禅語
そこをいく あの雲が好き~:ボードレール
一期に一度の会:山上宗二
釜一つ あれば茶の湯は~:千利休
パッション:キリストの受難
平常心是れ道:古徳
日が影になるから~:ディオゲネス
狼と犬:ラ・フォンテーヌ
遊びをせんとや生れけむ~:『梁塵秘抄』
おい、なんでえ、おでん屋の~:小林秀雄
左へも、右へも、十方八方へ~沢庵
乾坤を そのまま庭に~:宮本武蔵
我あらがう、故に我らあり。:カミュ
こうして生きているのが~:三島由紀夫
六大無礙にして常に瑜伽なり:空海
笑わないと、さもないと~:ジュネ
洞窟の比喩:プラトン
達磨安心:『無門関』
面白き こともなき世に~:高杉晋作
人生で後悔するとしたら~:コクトー
死とは、私たち生きるものの~:モーツァルト
うった所に心のとどまるを~:柳生宗矩
忘れることを忘れるな。:ニーチェ
ハナニアラシノ~:井伏鱒二
武士道といふは~:『葉隠』
きみはヒロシマで~:デュラス
風邪は自然の~:野口晴哉
世の人は われをなにとも~:坂本龍馬
誰もその故郷では~:『新約聖書』
私の身体を埋葬し~:アレクサンドロス3世

癒しの絵とともに心を見つめる世界のことばが沁みる
Arika報告書v1アイコンフランス在住の武道・舞踊研究家で八世観世銕之丞氏に師事し能楽を学んだ松浦眞人氏が、自身の「身体や心」を見つめる時に出合った50の言葉を厳選し、届けてくれる。老子やブッダ、世阿弥らの言葉と、著者とは幼い頃の学友であった前田まゆみの繊細な絵柄が温かくて大きな世界観を紡ぎ出す。やさしいタッチで描かれた挿絵が溶け込み、読み終わった後は、騒つく心が落ち着き、時代を超えて吹き抜けてくる風が身体中を通り抜けていくような感覚になりました。



文●松浦眞人(Masato Matsuura)
武道・舞踊研究家。兵庫県出身。早稲田大学文学部中退。内弟子として八世観世銕之丞氏に師事し、能楽を学ぶ。その後、演劇の世界で活動しながら、役者としての身体に筋金を入れるべく空手、剣、合気など武道を研鑽する。2005年にフランス、パリに拠点を移す。国際交流基金の文化大使としての派遣を含め、フランス及びベルギーを中心にヨーロッパ各地、アフリカ、中近東、北米などで公演、ワークショップを重ねる。同時に、自身の道場 L'Ecole Sayu を主宰し、武と舞を融合させたメソッドを提唱する。講師として大学や各地のコンセルヴァトワールなどでも教えている。

絵●前田まゆみ(Mayumi Maeda)
絵本作家、翻訳者。京都市在住。神戸女学院大学で英文学を学びながら、洋画家の杉浦祐二氏に師事。
著書に『ライオンのプライド 探偵になるくま』『幸せの鍵が見つかる 世界の美しいことば』(創元社)『野の花えほん』(あすなろ書房)『くまのこポーロ』(主婦の友社)など、翻訳書に『翻訳できない世界のことば』(創元社)『100年の旅』(かんき出版)『もしかしたら』(パイインターナショナル)などがある。『あおいアヒル』(主婦の友社)で、第67回産経児童出版文化賞・翻訳作品賞を受賞。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック