fc2ブログ
2022 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 07

八月の母(角川書店単行本)/早見和真(著)

kage

2022/05/24 (Tue)

今日の棚の一冊1

📚フィクション↓
 八月の母(角川書店単行本)/早見和真(著)



『イノセント・デイズ』を今一度書く。そして「超える」がテーマでした。僕自身はその確信を得ています――早見和真

長い間歪み続けた愛や母性の歴史、地層のように積み重なる闇に確かな兆しを探し続けた。神が人を嘲笑い続けてきたのか。人が神を嘲笑い続けてきたのか。神なるものへの幻想と呪縛を解き放つ祈りとその熱に、心が深く確かに蠢いた。
――池松壮亮(俳優)


容赦などまるでない。「母」にこだわる作家が、母という絶対性に対峙した。確かなものなど何ひとつない世の中で、早見和真は正しい光を見つけようとしている。その試みには、当然異様な熱が帯びる。
――石井裕也(映画監督)


私も命を繋いでいく役目を担うのだろうか。微かな光と絶望に怯えながら、夢中で読み進めた。どうしようもない日々に、早見さんはいつだって、隣で一緒に座り込んでくれるんだ。
――長濱ねる(タレント)


ラストに現れるヒロインの強い覚悟と意思の力に、私たちは元気づけられる。辛く暗く苦しい話だが、そういう発見があるかぎり、小説はまだまだ捨てたものではない。
――北上次郎氏(書評家)(「カドブン」書評より抜粋)


彼女たちは、蟻地獄の中で、必死にもがいていた。

愛媛県伊予市。越智エリカは海に面したこの街から「いつか必ず出ていきたい」と願っていた。しかしその機会が訪れようとするたび、スナックを経営する母・美智子が目の前に立ち塞がった。そして、自らも予期せず最愛の娘を授かるが──。うだるような暑さだった八月。あの日、あの団地の一室で何が起きたのか。執着、嫉妬、怒り、焦り……。人間の内に秘められた負の感情が一気にむき出しになっていく。強烈な愛と憎しみで結ばれた母と娘の長く狂おしい物語。ここにあるのは、かつて見たことのない絶望か、希望か──。


おすすめ2
著者究極の代表作、誕生。 連綿と続く、女たちの“鎖”の物語。
Arika報告書v1アイコン実際に起こった少女暴行殺人事件に着想を得た作品。「女は母性を備えているべき生き物である。そうすり込んだのが男である」(p384)。 自分の命に代えても子供を守るという「母性」なるものに縋り、夢み、裏切られ、捨て、そして最後に再び、母性の存在を確信する話。 荒んだ家庭環境の連鎖。そこから抜け出すことの難しさ。 波のない凪の海、瀬戸内海の愛媛県が舞台。美智子とエリカ、母と娘の不幸の連鎖の話から、実際の事件をベースにした紘子の事件。 深い。 ネグレクトの話だけど 今回は母娘3代も続く呪いに近いな。断ち切るためにどれほどの犠牲があったのか…なぜ、集団リンチ死事件が起こってしまったのか、まさにアリ地獄。負の要素を誰かがひとつでも摘み取っていたら、結果は、変わったのだろうか。

渦(荒れた家庭)があるから穏やかな海(平和な家庭)がある。 読了した人の心に傷を残す。天童荒太さんの名作「家族狩り」以来の読後感。 大傑作!重い、ひたすら重い。重くて深くて胸やけがする思い。小説として、物語として読んでいても、心にどす黒い物が生まれてきてしまう。殆どの住人が顔見知りという地方の閉塞感と、母と娘三代にわたる粘度の高い血の呪い。ラストはようやく陽向が母の呪縛から逃れて前を向いて歩いて行こうとしてたのでようやく息がつけた。紘子の存在が陽向をアリ地獄から救えていたのなら、それが唯一の希望です。ただ著者の筆力により、集団心理の怖さだったり、愛情という名の心の鎖だったり、唯一の逃げ場と思い込んでしまう閉塞感であったりと、読み進めるたびに考えさせられるほど没頭しました。陽向が幸せに向けて負の螺旋を抜ける決意をしたのは、救いなので、強く生きて欲しいと願いました。これが実際に起きた事件から着想を得たとは……、実世界は恐い。



早見和真
1977年神奈川県生まれ。愛媛県在住。2008年『ひゃくはち』で作家デビュー。15年『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、20年『ザ・ロイヤルファミリー』で19年度JRA賞馬事文化賞と第33回山本周五郎賞のダブル受賞。同年『店長がバカすぎて』で本屋大賞9位。『あの夏の正解』で「2021年 Yahoo! ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」ノミネート。他の著書に『スリーピング・ブッダ』『95』『ぼくたちの家族』『笑うマトリョーシカ』『かなしきデブ猫ちゃん』など。

早見和真『八月の母』|特設ページ|カドブン

関|連|情|報
2022/04/04
ここにあるのは、かつて見たことのない絶望か、希望か──。早見和真が描く女たちの“鎖”の物語。最新小説『八月の母』4月4日発売!
2020/11/20
「『イノセント・デイズ』を超えるものを書きたい」早見和真新連載「八月の母」開始スペシャルインタビュー



2022年4月14日、愛媛県内書店
早見和真、八月の母(サイン有り)購入
じっくり読む。


fc2blog_20220524111159c28.jpg 


早見和真先生のサイン入り

Arika注目1hあれは町田そのこ著「星を掬う」にあった言葉ーー大人になってまで自分の不幸を親のせいにするなーーというニュアンスのセリフ。この作品の女性達は、自分では抗いきれない不幸に見舞われ、苦しみに囚われてしまったが、それを自分の娘に連鎖させていくのはやり切れない。その連鎖を断ち切らなけばならなかったのだけど、それが事件の被害者だったのが、読んでいて辛かった。美智子、エリカ、紘子、紘子の母、愛華、それぞれの生き方を批判するのは簡単だけど、どうすればよかったのか……。本の中のお話で留めておきたかった。こんな時代錯誤な負の連鎖やリンチがあるわけないと読み終え、実際の伊予市の事件をなぞっていることを知り、もう重く辛い気持ちから抜け出せず。陽向は断ち切れたが、現実はどうなんだろう。人におすすめはできないけれど、記憶に残る一冊になりました。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック