fc2ブログ
2022 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 07

マンモスの抜け殻 (文春e-book) /相場英雄(著)

kage

2022/05/25 (Wed)

今日の棚の一冊1

📚フィクション↓
 マンモスの抜け殻 (文春e-book) /相場英雄(著)



高齢化が進んだ団地は、都心の限界集落といえる。ここでは、独居老人の孤独死も多発している。そんななか、この場所で、介護施設経営者が殺害された。殺人事件を担当することになった警視庁の刑事、介護施設で働く男、被害者と会っていた美人投資家。事件をきっかけに、かつて団地で育った3人の幼馴染が再会。容疑者となった旧友を救うため、刑事が駆ける。


ニッポンの介護は限界だ!
アフターコロナの介護業界の闇に迫る社会派ミステリー。

Arika報告書v1アイコンマンモス団地で育った刑事の勝也は、ある事件を通じて幼馴染と再会する。団地の重鎮である事業家の老人が殺されたのだ。捜査線上に浮かぶ幼馴染は、40年前の出来事を思い起こさせるが、果たして事件に関係あるのか? 高齢化が浮き出す社会の歪みをあぶりだす長編。



相場英雄
1967年新潟県生まれ。89年に時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。12年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。近著に『アンダークラス』(小学館)。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック