FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

ともだち/文:谷川俊太郎 絵:和田誠

kage

2012/09/05 (Wed)

ほん運び 特集 感性にまかせて選ぶ
なんだか○○な本の選び方No/011
★ときには感覚や気分にまかせて本を選んでみませんか? あなたがピンときたとき本は、今のあなたの心の中をそのままうつし出しているのかもしれません…今回は雑画家2人が感覚や気分で選んだセレクト25冊★


ともだちってなんだろう?

ともだち・・・まだ会ったことのない人も と・も・だ・ち・・・

ともだちのともだちはみなともだち・・・

ともだちのともだちがどんどんつながっていけば、

まだ会ったことのない地球の裏側の人とも、ともだちになれるはず!

あの気になる子に、あの困っている子に、つらそうなあの子に何ができるだろう?

ホント ともだちってなんだろう?

なんだか、大きな声で読んでみたい…


アイコンりす今回のBook案内人…Arika

ともだちともだち
(2002/11/20)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る






開き2ページに書かれているのは、わずか1行、多くても2行の詩。

幼児から小学校低学年向けにやさしいことばでつづられた詩は、素朴であたたかな和田誠のイラストとあいまって、子どもたちをうなずかせ、笑わせ、考えさせる。

よい友は一生の宝であり、生きて行くうえで友だちがいかに大切かということをやさしいことばと楽しい絵により幼児にもわかりやすく語りかける。





Arika感想

「ともだちって いっしょに かえりたくなるひと」

「ともだちって みんなが いっちゃったあとも まってくれるひと」

読みながら、そうそうってうなずいている。

読み終わると誰でもきっと、しみじみ幸福を感じるだろう。

しかし、扱われる問題領域は、遠い外国の話、貧富の問題、そして、最後のページでは宇宙的視野を持って友達の問題が表現されている。

谷川俊太郎さんの詩はいいな。

和田誠さんの絵も詩にぴったりだ。

すばらしいと思った。

最後の数ページは、イラストではなく世界の子どもたちの写真に詩がついている。

まっすぐにこちらを見る車椅子の少年の写真についている詩は「どうしたら このこの てだすけができるだろう。あったことが なくても このこは ともだち。」その答えについて、子どもたちと一緒に考えたい。

そして、そういうことを考えた子どもたちが大きくなった時、この世界はもう少しあたたかい世界になっていると思えるのだ。

絵本に貧困の実写を使うのは反則かなぁと思ったが、そこで、絵本におけるイメージの世界と実際の世界が交差しているようで興味深かった。

絵本にこういう表現のし方があるのかと気付かされた一冊である。



F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック