FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

すべてのひとに石がひつよう/著:バード・ベイラー 画:ピーター・バーナル 訳:北山耕平

kage

2012/09/22 (Sat)

ほん運び 特集 感性にまかせて選ぶ
なんだか○○な本の選び方No/20
★ときには感覚や気分にまかせて本を選んでみませんか? あなたがピンときたとき本は、今のあなたの心の中をそのままうつし出しているのかもしれません…今回は雑画家2人が感覚や気分で選んだセレクト25冊★

なんだか、自分だけの石を大切に♪で選んでみた!!


アイコンりす今回のBook案内人…Arika


すべてのひとに石がひつようすべてのひとに石がひつよう
(2010/08/12)
バード・ベイラー

商品詳細を見る




の本をきっかけに、多くの人が石(小さな地球)に眼を向けるようになりました

世代を超えて読みつがれてきた名作絵本。

自分の石を見つけるためのガイドブック。




Arika感想

この本の冒頭にこう書いてある。「ともだちの石を持っていない子供はかわいそう」と。

自分の子供時代を思い返してみれば、私にも川原や山、あるいは普通の路地裏で見つけた小さな石を大切にしていた時代があった。

大人になるとともに、忙しさやそのほかの楽しみにまぎれてしまって、それらの石は失ってしまった。

この本に紹介されているように、地面に這いつくばって、あれでもないこれでもないと探し回った日々の楽しさも忘れてしまって久しい。

そんな懐かしい子供の心を取り戻すために、私もこの本に従ってともだちの石を探そうと思う。

ともだちの石は万人に特別な石ではない。

ダイヤモンドやルビーのように美しい必要もない。

自分だけが納得できる色や形や大きさ、触り心地であればいいのだ。

そしてその石とともだちになったとき、子供がそうであるように石の匂いを嗅ぎ、その来歴を知ることができる。

それは地球を知ることなのかもしれない。

手のひらに乗る小さな地球。

そう考えると小さなともだちの石がいっそういとおしくなるだろう。

本書は絵本ではあるものの、絵はシュールで大人向け。

文章はひらがなが多く用いられており、子供にもわかりやすいと思う。

石は生きている小さな地球だから、石と付き合うことで地球との付き合い方がわかる。

これは自分の石をみつけるためのガイドブックです。

1974年にアメリカで刊行されて以来版を重ね、多くの人が石(小さな地球)に眼を向けるようになりました。

でも詩にうたわれた10のルールは、どれも「夢」や「友達」「幸せ」とも置き換えられるような気がします。

さぁ、石を探しに行きましょう!

あなただけの小さな石、それを持つことで広い視野を持つことのできる石を・・・。



F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック