FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(アニメ感想) 神様はじめました 第5話 『神様、家をうしなう』

kage

2012/10/31 (Wed)

神様はじめました 第5巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第5巻 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/19)
鈴木 ジュリエッタ

商品詳細を見る



■第5話のあらすじ
ミカゲが神の印を奈々生に譲ったことを知った雷神・鳴神姫が、印を奪いにやってくる。

それを阻止しようとした巴衛だったが、打出の小槌で体を幼児にされてしまい、奈々生も神の印と社を奪われてしまう。しかも巴衛は体が小さくなったことで熱を出し倒れてしまった。

巴衛を元に戻すには、鳴神姫の神使になるという条件をのまなくてはならない。

そんな巴衛を抱え路頭に迷っていた奈々生の前に、鞍馬が現われて…



■キャスト
桃園奈々生(ももぞのななみ): 三森すずこ
巴衛(ともえ) :立花慎之介
鞍馬(くらま) :岸尾だいすけ
瑞希(みずき) :岡本信彦
ミカゲ :石田 彰
猫田(ねこた)あみ :佐藤聡美
龍王・宿儺(りゅうおう・すくな) :浪川大輔
沼皇女(ぬまのひめみこ) :堀江由衣
乙比古(おとひこ) :高橋広樹
虎徹(こてつ) :大久保ちか
鬼切 (おにきり):新子夏代
磯辺(いそべ) :森嶋秀太
講釈師: 山崎バニラ(本作のストーリーテラー


←ポチって押して頂けると励みになります

■ アニメ感想 ■
Arika報告書y


巴衛を狙っていた神、現れた------!!



ずっとミカゲに巴衛を譲ってと交渉していたという雷神。


そんな巴衛が、今は人間の神に仕える身とは許しき事体と、奈々生がどんな人間か確かめに来る雷神。

巴衛はてっきり雷神はミカゲ社に来るとばかり思い、今日は動けぬからと、額当てと弁当を持たせようとするも、過保護すぎるとそれを拒む奈々生。


巴衛の代わりについてきた虎徹と鬼切によりお昼の弁当を持ってきてくれたことで大助かりの奈々生。

巴衛にはどうやら食事をするという習慣はなく、あくまでこの料理は人間である奈々生のためだけに完璧主義の巴衛が研究を重ねて美味しい料理を作っているようです

Arika注目1h羨ましい、奈々生ちゃん、愛されてる~♪


だがその時、雷神が奈々生の前に現れたのだ!!

すぐさま結界を張った雷神。

彼女は優しく「奈々生は苦労しましたね」と言って、その苦労から開放してやると言う・・・。

今の奈々生は苦労どころか、巴衛含め、皆よくしてくれてるし社を出たくないという奈々生。

すると・・・急に態度を激変した雷神!!

その時、異変を察して駆けつけた巴衛は、奈々生を放せと雷神に迫るも、こんなこともあろうかと用意していた、雷神に打ち出の小槌を振られてしまう!!

「小さくなぁれ」


神様5a

Arika注目1h
うわ!!なんじゃこのラブリーな生き物はチビ巴衛が可愛すぎるぅぅぅぅぅ~

ハグしたい!! ハグさせてくれ~!!



だが、巴衛を助ける間もなく、今度は奈々生がミカゲ社の神の印を奪われてただの人間に。

巴衛には元に戻りたければ、雷神の神使になれと言い残し、去って行く雷神。

しかも社の精は社に従わなければならない為、印を持つ雷神についていくしか出来ない虎徹と鬼切。


あっという間に帰る場所もなくし、小さくなった巴衛と共に公園ベンチに座り途方に暮れるふたり。

更には、突然巴衛が倒れ、ものすごい熱!! どうすればいいか?

だがその時、偶然鞍馬が通りがかる。

人気アイドルが何でこんなところにいるんだという疑問は大いにあるがそこはツッコんじゃダメ!!

でも、ひとまずこれで巴衛を寝かせる場所は確保できた。

この発熱は、体が小さくなったため、収まりきれない器で、元の妖力が暴走しているための発熱らしい。

治すには、元の体に戻るしかないのだが・・・そうなれば、巴衛は雷神の神使になるという事に…。

巴衛が昔、熱を出したとき、幼い頃、笹餅をくれたのは、雪路だった。

Arika注目1h
奈々生そっくりの彼女は一体誰なのか?

今後、気になるキャラ登場です。



翌朝、目を覚ました巴衛は隣に眠る奈々生を見て、デジャヴェを感じる。

奈々生は目を覚ました巴衛に何か欲しいものはないかと問うと・・・。

「笹餅が食べたい」とリクエスト!

Arika注目1hちび巴衛、可愛すぎる~

初めての巴衛のおねだりに腕を振るう奈々生だが、それを食べた巴衛の感想は「普通」

それでもお茶を飲んだ後、奈々生を呼んだ巴衛は「ありがとう」

そう言ってくれただけで報われた奈々生。


一方雷神は・・・管理者の巴衛が居なくなり、ボロ社へ戻ってしまったミカゲ社にうんざり。

あらら、本当はこんなボロだったのね、巴衛の力って偉大~♪

もっと早く根をあげるとたかを括っていた雷神はもう怒り、ミカゲ社を壊す勢い。

昨晩はベッドの奪い合いになり、結局その攻防戦に疲れて眠ってしまった3人。

しっかし鞍馬のドSっぷりはなかなか巴衛と張るものがありオモシロイし、鞍馬はなんだかんだと言って居場所を提供してくれるいい奴だと思う。

奈々生はどうすれば元の姿に戻せるかばかり考え、一方、巴衛は不甲斐ない自分にイライラが止まらない。

「お前は人に戻ったのだから、人として生きるべきだ」

だがそこへ、雷神の使いたちがやってきたのだ!!

巴衛を迎えに来たというのだが、奈々生は、家族同然の巴衛は絶対に渡さないと言う。

でも奈々生の負担になりたくないし、情けない自分を見られたくないので巴衛は自分から社に・・・

「さようなら、奈々生」

笑顔でそういい残し、奈々生は使いの者たちと消えてしまうのだった--------。


だが、どうやら巴衛は雷神に仕える気はなく社のどこかに隠れてしまったのだ!!

落ち込む奈々生に声をかけたのは、鞍馬。

自分は何も出来なかったという奈々生に、人間に戻った餞別をくれてやるという鞍馬は、自分の羽根を一本渡す。

すると・・・両腕に虎徹と鬼切が張り付き、泣いていたのだ!!

どうやらあやかしの一部を所有しておけば、人の目には見えないものが見えるらしい。

虎徹たちは巴衛が社に隠れてしまったことで、雷神が怒り、社を壊す勢いなのだと――――。



ふたりが用意していた夜霧車で、すぐさまミカゲ社へ向かう奈々生。

そして今にも社を壊そうとしていた雷神に、自分なら巴衛がどこに隠れたか分かるといって挑発!!

そして、見つけたら、巴衛を元の姿に戻すという約束をかわし、早速巴衛を探そうとした奈々生ではありますが・・・そこはすんなりとは見つからない。

だがその時・・・なんと1羽の美しい蝶が、奈々生の前に現れたのだ。

Arika注目1hおおお、これはミカゲ様の化身では?

その後を着いていく奈々生。

するとそれは、ミカゲの懐鏡の上。


鏡の中から感じる、巴衛の体温・・・みつけた。

「巴衛、一緒に帰ろう---」と小さな巴衛に手を差し伸べる奈々生。

その手を一瞬躊躇いながらも取る巴衛。


そんなふたりの様子を見ていた雷神は、先代に操を立てる巴衛の姿に、己のものにはならないことを悟る。

そして、うちでの小槌と御印を使いの者に預け、去ってしまう雷神さま・・・。

結局振り回されて、後始末は自分たちでやれってか!!…と怒りの奈々生。

だが使いの者たちにより、再び土地神の印を頂き、体が光る奈々生。

そして、小槌を使って「大きくなぁれ」と巴衛を元に戻すことに。

だが・・・大きくなった巴衛は、なんと髪まで伸びてしまったのだ!!


Arika注目1hわお!!ロングヴァージョンの巴衛、カッコ美しい~


どうやらその姿に奈々生も見ほれてしまった模様。

それを誤魔化そうと、挙動不審になるも・・・。

「借りが出来たな」

「感謝してよね」

「最上級の感謝を」

そう言って、不意に奈々生にキスを仕掛けてきたのだ!!

神様5お1
神様5い

神様5う

Arika注目1hこのシーンを描きながら私のテンションはマックスになったのは言うありません♪


「神使の再契約だ」

それはずっと一緒の、約束の印---------。






Arikaアイコン(小)3最高に萌え萌えテンションで、ゴチっす!!(>▽<)

今回はマジで凄いツボをビシバシ突かれた感じでしたわwww。

いやぁ、さすがベテラン立花さんナイスすぎでございます♪

オトメの歳じゃないけど、未熟女Arika、ショタと妖艶にもう心をわし掴みっす!

立花さんのドSっぷりやイケ声ぷりはハマリ役だとは思っていたが今回は確信に変わった。

今回登場の謎キャラ、乙比古と、ミカゲ様の存在もいい感じだし。

それに鞍馬さんドなのにいい人っぷりを醸し出していらっしゃる。

できたら鞍馬さん登場シーンは常にBGMに歌流しといてくれませんかね

これは本当今期の萌え補充作品になりそうな勢いかもです。

普段と立場が逆になったことでいろいろ気付けた今回の話は最終回に持ってきてもいいレベルだったと思う。

次回は奈々生が風邪をひいたようで、奈々生に変化した巴衛や

そんな巴衛に近づく天狗や白蛇がまた出てくるみたいで楽しそうですねw


神様5か2

ショタ巴衛をこの目に焼き付けておきたい…

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック