FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(アニメ感想)神様はじめました第9話「神様、竜宮城にいく」

kage

2012/11/30 (Fri)

神様はじめました 9 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 9 (花とゆめCOMICS)
(2011/05/19)
鈴木 ジュリエッタ

商品詳細を見る




第九話「神様、竜宮城にいく」
過去に巴衛が奪った龍王の右目を取り戻すため、時廻の香炉で過去に行く奈々生と瑞希。

そこで右目を持った野狐の巴衛と出会う。奈々生は巴衛を尾行した民家で、人間の女性・雪路と恋仲であることを知りショックを受ける。

巴衛が龍王の右目を盗んだのは、雪路の病を治すためだった。巴衛が去った隙に龍王の右目を盗もうとした奈々生だったが、雪路が苦しみ始めたため、不老長寿の効果があるという右目を雪路に与えてしまう。



■キャスト
桃園奈々生(ももぞのななみ): 三森すずこ
巴衛(ともえ) :立花慎之介
鞍馬(くらま) :岸尾だいすけ
瑞希(みずき) :岡本信彦
ミカゲ :石田 彰
猫田(ねこた)あみ :佐藤聡美
龍王・宿儺(りゅうおう・すくな) :浪川大輔
沼皇女(ぬまのひめみこ) :堀江由衣
乙比古(おとひこ) :高橋広樹
虎徹(こてつ) :大久保ちか
鬼切 (おにきり):新子夏代
磯辺(いそべ) :森嶋秀太
講釈師: 山崎バニラ(本作のストーリーテラー


←ポチって押して頂けると励みになります

■ アニメ感想 ■
Arika報告書y

時廻の香炉を使って過去へ・・・!!

時廻りの香炉を使い過去へ飛んだ奈々生は竜王の右目を奪ってきた直後の巴衛と遭遇!

部屋の中をこっそり覗いてみると雪路という女性に寄り添い看病する巴衛の姿が…!!

実体での時廻りは長くはもたないし時間切れ――

現実に戻って来た奈々生は、最初に出会った磯姫が言っていた奈々生の中にある龍王の目を見つけたいという言葉を思い出し、瑞希と共に彼女の元へ。

そこで、なんと30年分の寿命で取引することを奈々生は了承してしまったのだ!!


「バカだよ、なんでそっちにいっちゃうかなぁ」


瑞希には信じられない行為。

でも、見返りなしで、ただ、まっすぐ誰かを助けたいという気持ちに、瑞希は救われる。


磯姫に騙され、神の印を奪われそうになっていた奈々生。

それを当然許さない瑞希。


「これが僕の最上級の敬意」

そして瑞希は自ら奈々生と神使の契約を結ぶため、キスをしたのだ!!


「彼女の傍にいれば、もう一度僕は僕になれる------!!」


ついに奈々生の神使となった瑞希。

主人を守るため、磯姫を殺そうとしたのだが・・・目を覚ました奈々生がすぐさま「殺しちゃダメ」と言霊を使ったのだ!!


縛られるという事。

その支配に瑞希は・・・。

「奈々生ち~ゃん、もっと見えない鎖で僕を縛って~~~♪」


おいおい、気づいてはいたが、やはり瑞希はMキャラだったんかいっ!!

これはまた面白いことになってきたやん♪

神様9a

雪路を抱きしめ、優しく触れていた巴衛。

「巴衛はまだ雪路の事が好きなのかな?」

きっと比べてしまう。

自分には触れてもくれないのに。



そして、瑞希と共に竜宮城へ向かった奈々生。


マジで亀に乗るのね(^^)

その途中、美しい神が乗ってきたのだ。


彼女が持っていたのは美しい着物。

今から向かう先にいる夫のために7日かけて想いを込めて縫ったというのだ。

会えなくてさびしかったのでは?

だが、彼女はその期間、ずっと夫の事を思い出していたので、嬉しかったと。



「おかげで幸せでした。 今はそれで十分」


その言葉に、好きになって欲しいとか、受身になることばかりを考えていた奈々生は自分の事を恥じる。



だがその時、突然大きな波が襲い掛かり、亀がひっくり返ってしまったのだ!!

窓から水流に流されてしまった着物。

思わず手を伸ばそうとした奈々生を止めた瑞希。

折角作った着物が!!

だが、着物はまた縫えばいい。

今はそれより竜宮城へ向かいたいと言い出す彼女。


どうやらこの波は、竜宮城で目覚めた巴衛と龍王が戦った為起こったものだったようだ。


巴衛が無事だったことを喜び、駆けつける奈々生。

だが、奈々生を見た瞬間、また巴衛は貝の中に戻ってしまったのだ!!

巴衛は奈々生の目の前で残忍な姿を見せたくなかった気持ちはわかるけど、なぜ逃げる!!



神様9い


「巴が他の人を好きでもいい」

出てきてと貝に触れる奈々生。

その時、少しだけ開いた貝。

それをこじ開けた奈々生は、すぐに巴衛に抱きついたのだ!!

戸惑う巴衛。

だが、奈々生はもう迷わない。


「もう、報われるのを待ったりしない。

振り向いてくれなくていいよ。

私が振り向かせるから。

私が巴衛を好きなことに変わりない。

それで十分 おうちに帰ろう」




でも、龍王はこんなひ弱な奈々生が土地神だと信じられないよう。

そこへやってきたのは、先ほど乗り合わせたあの女性は龍王の妻だったよう…

しかも龍王は彼女に頭が上がらないようである。


更に遅れてやってきた瑞希の手には流されてしまった羽織が!!

どうやら瑞希はこれを取りにいってくれたようで(^^)

主人の気持ちをしっかり汲んでる神使でポイント高い!!

でも、瑞希が神使になったことをしって、怒り炸裂。

そんな二人の神使を抱きしめ、奈々生は笑顔で告げる。


「3人一緒におうちに帰ろう!!」





Arikaアイコン(小)3ついに奈々生の神使になった瑞希。

ツンデレ&ドMの神使いは楽しめそうだ…。

巴衛とはまた反対のキャラで、対比が面白そう♪

今回も若干展開が早かったけれど、流れは悪くないし、雪路もこれで前面に出てきたことだし、ここから過去との関わりも増えていくんだろうから、今後にも注目だな。

過去にツケを払わせてはいけないし今のツケは今で払う、こういうところ奈々生らしいなと思った。

巴衛が極端に人と妖を強調するのはやっぱり雪路との悲恋が関係してるのかな…

それにしても、竜王の右目が奈々生の中にあったっていうのはもしかして奈々生は雪路の生まれ変わりとかそういうことになっていくのかな・・・??

雪路に関しても色々気になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック