FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(アニメ感想)マギ第14話「アリババの答え」

kage

2013/01/21 (Mon)

マギ 6 (少年サンデーコミックス)マギ 6 (少年サンデーコミックス)
(2010/10/18)
大高 忍

商品詳細を見る



【第14話あらすじ】アリババの答え

モルジアナの助けや、サブマドの勇気ある行動によって、ついにアブマドと対峙したアリババ。

もはやアブマドの命令に従う兵士はおらず、クーデターは成功した。

しかし、そこへ騒ぎを聞き付けた練紅玉が駆け付ける。

バルバッド国王と婚姻し「国民の人権委譲契約」を結ぼうとする紅玉。

この局面に、アリババの出した答えは―…。



■声優
アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
シンドバッド…小野大輔
ジュダル…木村良平
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之




■スタッフ
原作 - 大高忍(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督 - 舛成孝二
シリーズ構成 - 吉野弘幸
シリーズ演出 - 林直孝
キャラクターデザイン・総作画監督 - 赤井俊文
コンセプトデザイン - 竹内志保
エフェクトアニメーション - 橋本敬史
美術監督 - 川本亜夕、前塚太一
美術設定 - 谷内優穂
色彩設計 - 鈴木依里
プロップ設定 - 宮川治雄
撮影監督 - 関谷能弘
編集 - 三嶋章紀
音楽 - 鷺巣詩郎
音響監督 - 菊田浩巳
プロデューサー - 斎藤朋之、清水博之、落越友則、斎藤俊輔、丸山博雄
アニメーションプロデューサー - 清水暁
制作 - A-1 Pictures
製作 - マギ製作委員会(アニプレックス、小学館、電通、ムービック、GyaO)、MBS

OP曲=「瞬く星の下で」(第13話 - ) / 歌 - ポルノグラフィティ(SME Records)
ED曲=「The Bravery」(第13話 -)/ 歌 - supercell(Sony Music Records)



←ポチって押して頂けると励みになります ■ アニメ感想 ■
Arika報告書y


モルさんはおサルさんをフルボッコにして 後はアリババに任せるの展開。

まだバルバッド編が続いてますが、マギって明るい冒険譚かと思えば、そうとばかりも言えず…

かなりダークでシリアスにいきそうな予感がします。


アリババは、クーデターを起こし、アブマドを退位させると、自らはバルバッドの王位には付かず、バルバットを共和制の国にしようとします。

紅玉は 自分の婚約者であるアブマドの姿をみて一瞬 硬直しますが、さすが、皇女で、自分の立場がどういうものであるかを理解しているため、その残念な将来も受け入れる覚悟を即座に決めたご様子で…

普通、あんなのが将来の旦那さまだなんて思ったら、アブマドには悪いけど私なら絶望するところです。

内心は嫌だと思いながらも 自分に課せられた使命を果たすために 誰でもいいから王を決めよと 気丈な紅玉。

ま、でも 出来ることならシンドバットがいいよねwww

アリババが王にならないと言った時の銀行屋@三木さんの「うぇ~~!?」には爆笑ww

アリババは 国民が等しく平和になれるように バルバットから王制を廃止し、民主主義の国家へと変えたいようです・・・って言ってもね、やっぱりそれは理想論でしかありません。

国力があって、かなりの数の国民の教養や意識が ある程度高ければ可能なんだろうけど、実際どうしたらいいかわからない烏合の衆が集まっても 機能しないわけですよ…

暫定政権を作るっていったところで、その次に選ばれるべき人材を育てるまでには 何年、何十年も掛かってしまうでしょうからアラジンとの約束を果たせる日がくるのかどうかも怪しいわけです。

あのバルバッドの状況をみるに、当分は絶望的無理!

一番いいのは強いリーダーシップを発揮出来る者が陣頭指揮をとって、まずは国を立て直し、経済を再興することだけど、そのためには 本当は1番適任のアリババが一時的にも王位につくのがいいと思うんだけど…

シンドバッドはその方向で考えていたのに アリババは自分が王位に就くことは相応しくないと固辞。

国の再建には大いに協力するってことでしたけど。。

でも、そもそも共和制も民主主義も国民側から望むものだと思うんですよね。。

結局これは アリババ(上の立場の者)から与えられたシステムで それを受け入れるだけでは 上手く回っていくものではなく結局、混乱をきたし、国民は強力なリーダーを求め、独裁政権が出来上がってしまう・・・って よくある話ですもんね。

アリババはこの後、国と国とが取り決めたことを 強引に破棄に持っていこうとします。

これは もう無茶苦茶やがな~~~って感じですが、政治的手腕としては なかなかご立派なものです。

そして、アリババはちゃんと紅玉の人柄を観察し、出方を伺いながら交渉してるところがいいです。

アリババはかなり強引に押しますが、そこにシンドバッドの助け船も入ったことで 紅玉は一端 煌皇帝に案件を持ち帰ることで事がおさまりました。

ちゃっかりシンドバッドに煌帝国へ来させることを約束させちゃったりで 紅玉もなかなかww

アリババは国民に 王制を廃止し、共和制をとることにしたことを伝えます。

自分の生計を立てることと 国家の運営は別物。。

でも 大衆には何かまとまるための指針が必要なので 取りあえずはアリババが話をしたことはよかったようですが、アリババが バルバッドに明るい未来を提示してた頃、カシムが黒い闇の力を受け王宮へと・・・。


次回あたりで大きく物語が動きそうですね。

マギ14い1




Arikaアイコン(小)3アリババの答え=『国を共和制にすること!』

・・・思っていた以上に、アリババが頑張っていたとは思います。

もっとシンドバットに頼るのかと思っていましたが、ほとんど自分で交渉してしまいましたから、そこは成長でした。

しかし、気になるのは国民が参政に意欲的でないのに、共和制なんて上手くいくんですかね?

国民は平等よりも生活の安定、参政権よりもより良い指導者を求めていた感じなのに…

本当はアリババに国王になってもらって、全てお任せにしたいでしょうね。

そもそも、国民に政治が分かるほどの教育が、この国ではなされているのかなも気になる??

煌帝国も領土や利権を狙っていますし、そんなに時間も無い……

問題は山積していますが、それも含めてみんなで頑張ろうというのが、アリババが出した答えなのでしょうが…


そんな一難去ったなか、今度はカシムが挙兵してしまいました。

銀行屋から出ている黒いルフが取り囲んでいましたが、あれは何か影響があるのかな?

まあ、虐げられ続けて来たスラムの連中は、この結果では満足できないでしょうし、少なくとも、王族や貴族の処刑を求めそうな匂いプンプンです。

そして、この妖しい人の今後の動向が気になります。↓

マギ14あ1


この状況をアリババがどう収めるのか次回見ものですね!!

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎マギ第14話「アリババの答え」
|>サブ:アリババとゲンオウの会談を妨げること断じてならん!|>>アリ:引導を渡しに来た{コウギョク:騒がしくない?{))モル:・・・私の力でできるのはここまでです{→サル全...

2013.07.01 (Mon) | ぺろぺろキャンディー