FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(アニメ感想)マギ第18話「シンドリア王国」

kage

2013/02/22 (Fri)

マギ 3(完全生産限定版) [DVD]マギ 3(完全生産限定版) [DVD]
(2013/02/27)
石原夏織、梶 裕貴 他

商品詳細を見る


第18話あらすじ】シンドリア王国

2013.02.09

命を落とした民のため、友のため、バルバッドの立て直しに心血を注ぐアリババ。

しかし、そこに煌帝国の大艦隊が押し寄せる。

この事態を重く見たシンドバッドは、アリババを強制的にバルバッドから脱出させる。

志半ばで国を離れる事になったアリババだが…。

それから数ヶ月。

舞台は南海の島国シンドリア王国へと移る。



■声優
アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
シンドバッド…小野大輔
ジュダル…木村良平
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之




■スタッフ
原作 - 大高忍(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督 - 舛成孝二
シリーズ構成 - 吉野弘幸
シリーズ演出 - 林直孝
キャラクターデザイン・総作画監督 - 赤井俊文
コンセプトデザイン - 竹内志保
エフェクトアニメーション - 橋本敬史
美術監督 - 川本亜夕、前塚太一
美術設定 - 谷内優穂
色彩設計 - 鈴木依里
プロップ設定 - 宮川治雄
撮影監督 - 関谷能弘
編集 - 三嶋章紀
音楽 - 鷺巣詩郎
音響監督 - 菊田浩巳
プロデューサー - 斎藤朋之、清水博之、落越友則、斎藤俊輔、丸山博雄
アニメーションプロデューサー - 清水暁
制作 - A-1 Pictures
製作 - マギ製作委員会(アニプレックス、小学館、電通、ムービック、GyaO)、MBS

OP曲=「瞬く星の下で」(第13話 - ) / 歌 - ポルノグラフィティ(SME Records)
ED曲=「The Bravery」(第13話 -)/ 歌 - supercell(Sony Music Records)



←ポチって押して頂けると励みになります


■ アニメ感想 ■
Arika報告書y

一気にというか、力技でシンドリア王国にアリババを亡命になりました。

煌帝国とアリババが交渉すれば、王族として傀儡政権を立てられるか、見せしめで殺して自分の領地にしてしまうだろうというシンドバットの懸念により、アリババはシンドバットの国に強制亡命させられたようですねw

共和制を樹立したとはいえ、まだ支配体系を整えられたわけじゃないから、いわば無政府状態と言い切って煌帝国が武力統治してしまうことも可能なんだろうな…。

まあ、あのバカ王が統治している機関が永ければそうなってもおかしくなかっただろうけど、全王がシンドバットの国と密約を結んでいて、シンドバットの国がバックアップしてくれたので助かりましたとはいえ、煌帝国はここまで多額の軍費を使って出張ってきたワケだから、手ぶらで帰るワケにいかんだろうしねw

さてどうなるでAパート終了。

そして、交渉の成果

シンドバットが矢面に立って交渉し、何とか自治権だけは認められたようです。

しかし、属国扱いだから、朝貢したりはしなくちゃいけないんだろうな。収入や収穫の何割かは搾取されるだろうし、煌帝からの命令には従わなくちゃならないから、徴兵にも応じなくちゃ行けないだろうし…

まあ、代わりに他の国からの攻撃からは守ってくれるかもしれないけどねw

本当はシンドバットのシンドリア王国の支配下に入ってた方がマシだったろうけど、そこまで上手くは交渉できなかったのかもな。

で、アリババとアラジンはアルサーメンにも目を付けられたので、シンドリアで修業しながら庇護してもらうことになったようですw


シンドバット八人将が、アリババとアラジンの剣と魔法の師匠になって、修業が始まるようです。

しかし、八人将って、将軍っていうよりパッと見は、ほとんどコミケのコスプレ会場(笑)と申しますか八人将ってよりも、八人衆くらいにしといた方がよかったんじゃないかな? 

シンドバットの王国って、侵略支配するような国じゃないだろうし、外交手腕にも長けているから他国から侵略されることもなさそうだが、この八人将って普段は何してんだろが気になりました。

シンドリアの祭りはウキウキしました。

マギ18話3


この国ってまだ建国して間もないのかw しかも、何もない無人島からここまで人を集めて国を形勢するとは、改めてシンドバットの政治手腕の凄さが分かるw

この島がシンドリアだとすると、たった1つの島しかない王国だよな? 

それが周辺各国と同盟を締結して巨大な一つの運命共同体を作り上げて、煌帝国にも一目置かれるほどに急速に発展したわけだから、やはりシンドバット王は凄い!

しかし、配下に優秀な行政官が1人しかいないけど、どうやって自治してんだろうな?

内政手腕に長けた奴というよりも、個人武技に優れた奴ばかりの面々な気がするんだけどw

今回は旅じゃなくて、ここで次の編に備えての修業するだけみたいだけど、でも次の篇に繋がる何かは落されるはずだから、とにかく見逃さずに見ようと思った。



Arikaアイコン(小)3とりあえず、モルさんが可愛すぎる!

踊り子モルさんのセクシーな衣装と、心から嬉しそうな笑顔の破壊力といったら違う次元に生まれてきた自分の運命が憎らしくてたまりませんw

とにかく照れた顔は抱きしめたいくらい可愛かった♪

可愛くて働き者で強くて踊れるモルさんには、全く死角無しですよ!!

そして、脱いだら意外とお胸様があったとは…こりゃもうアリババ君、嫁にするしかないぞw!!


マギ18


まあ、ようやくバラバラになっていたこの3人がまとまってくれたので、物語がすっきりしそうですね。

頭の中のほとんどがモルさんの可愛さで埋め尽くされた今回でしたが、話もちゃんと動き出しました。

混乱も収まり、共和制国家として復興に励むバルバッドでしたが、煌帝国はさすがに黙っていてくれず…

無政府状態の今を狙って、バルバッドを占領しに大艦隊を派遣してきました。

まあ、バルバッドのためにこれまで大金をつぎ込んできたのですから、何もかもチャラってわけにはいきませんよね。


そんな危機的状況にアリババの身を案じ、バルバッドから逃がそうとする葉王さんでしたが、今の中途半端な状態のバルバッドを出るなんて、アリババには納得できないのも無理はないですね。

でも、バルバッドに残ってもシンドバットさんの心配通り、アリババは王族ですから処刑されちゃいそうですよね。

なにせ、煌帝国にとって一番邪魔なのは、無茶をふっかけて来たアリババですから。

そこら辺も冷静に考えれば分かることなのでしょうけど、アリババも失ったものが多かったですから、つい目先のことしか見えずに、自暴自棄になってしまう。

それでも、数カ月後にはシンドバットさんの行動に感謝していましたから、アリババも成長はしているみたいです。

そして、次なる敵は“アル・サーメン”ということになりそうですね。

シンドリアで力をつけたら、世界各地で陰謀を張り巡らすアル・サーメン討伐に出掛けるのかな?

あと、シンドリアに留学して来た白龍さんとの関係も気になりますね。

煌帝国にとってもアル・サーメンは邪魔でしょうから共闘も可能な気もしますが、煌帝国のダンジョン攻略者はジュダルによって導かれた者たちですから煌帝国とアル・サーメンの関係もなかなか複雑そうです。

そういえば、冒頭でアリババがヘビに噛まれていましたが、あれは何だったんだろう?

数カ月経っても、変化が無かったですし…

でも、あのヘビの消え方は、アル・サーメンが関係していそうですよね。

残り数話でどこまで物語を進められるんだろう? 


登場人物紹介
マギキャラ6あ
■シャルルカン(CV:森久保祥太郎)

エリオハプト出身の剣の達人。アリババの剣術の師匠となる。

ハデ好きで遊び好きだが、シンドバッドへの忠誠心は高い。

気に入った女性に剣術の稽古を見せる奇癖があり「剣術バカ」と呼ばれることも。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎マギ第18話「シンドリア王国」
>>アリ:臨時政府立ち上げと選挙を行う{シン:仕事に打ち込むこと乗り越えようとしてるのだろうこれからだね>>先は長いぜ、ヘビかまれた!_毒はないようです*>皇帝国の大艦隊だ!->シン...

2013.08.29 (Thu) | ぺろぺろキャンディー