FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

Arikaが選ぶ「2013春季新作アニメ」期待の作品を紹介します!

kage

2013/03/31 (Sun)

Arika春テレビ2a1


ごきげんよう、Arikaです。

4月から春季新作アニメが始まりますが、

Arikaが期待している春季新作アニメ3作品をピックアップ!

公式ホームページも貼っているので合わせてチェックしてみてください。

あと、気になるアニメ1作品をご紹介します。

では早速御覧下さい…




Arika報告書y

カー二ヴァル

カーニヴァル 10巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)カーニヴァル 10巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)
(2012/10/25)
御巫 桃也

商品詳細を見る



作は月刊コミック『ZERO-SUM』(一迅社)にて、2007年10月号より連載中の御巫桃也(みかなぎとうや)先生による大人気作。

とある腕輪を頼りに「嘉禄(カロク)」という人物を探す主人公の无(ナイ)は、旅の途中でミネという女の屋敷に捕えられる。その際、屋敷に窃盗に入っていた少年、花礫(ガレキ)に助けられた无は、「嘉禄の腕輪」を譲ることを条件に、花礫と行動を共にすることになる。ミネが言うところによると、その腕輪は、国家防衛機関「輪(サーカス)」の身分証であるらしい。嘉禄が輪の人間であると踏んだ花礫は、无を連れ、輪の本部を目指す旅に出る。


■スタッフ
原作:御巫桃也(月刊コミック「ZERO-SUM」連載中/一迅社)
監督:菅沼栄治
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン・総作画監督:川村敏江
武器デザイン:さとう陽
ヴァルガデザイン:安彦英二
美術監督:鈴木武志
色彩設計:中尾総子
撮影監督:騠橋賢司
音響監督:矢野さとし
音楽:浜口史郎、井内啓二
アニメーション制作:マングローブ
製作:カーニヴァル製作委員会

■キャスト
无(ナイ):下野紘
花礫(ガレキ):神谷浩史
與儀(ヨギ):宮野真守
ツクモ:遠藤綾
平門(ヒラト):小野大輔
喰(ジキ):中村悠一
朔(ツキタチ):遊佐浩二
燭(アカリ):平川大輔
キイチ:喜多村英梨
イヴァ:本名陽子
羊&兎:五十嵐裕美
嘉禄:保志総一朗
エリシュカ:佐藤聡美
黒白(ウロ):諏訪部順一

■アニメ公式サイト:カー二ヴァル

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3无(ナイ)と花礫(ガレキ)という2人の少年が、「輪(サーカス)」の腕輪(ブレス)をきっかけに出会い、たくさんの人たちと関わりながら、様々な経験を通して成長していくストーリーである。

その中には、笑いあり、涙あり、ちょっぴりダークな部分もあり…。

ファンタジックでキラキラした世界観、かわいい&イケメンぞろいのキャラクター、それらを彩る豪華キャストによる動いて喋る无と花礫たちに期待せずにいられない!

とにかく乙女心をくすぐる要素が盛りだくさんなのである。

そして、アニメでは一体どんな展開が待ち受けているのか楽しみにしています。



鮮烈なアクションシーン!
『輪』の存在を理解していなくても、戦闘シーンを見れば彼らの超人的な強さを一発で理解出来るはずです。

なかでも、1話におけるツクモの戦いは男子も真っ青な強烈アクションの連続!

手強い敵が登場するほど、さらなる白熱のアクションをみられるかも!?


无の隠された素性!
世間知らずで、どこか浮世離れしている不思議な少年・无。

実は、そこには彼の持つ秘密が関係しているらしい……!?

その秘密は物語の序盤に明らかになるとか・・・?

エンディング映像にはその秘密に関するとある仕掛けがほどこされているので、注目して観てみよう!


大人組の素顔!
同期として苦楽を共にしてきた平門と朔(ツキタチ)、そして燭(アカリ) 。

艇長や研究員として周りに見せている姿ではなく、素の部分をさらけ出せるのは長年の信頼があってこそ。

3人でいるときの口調や振る舞いの違いを見れば、彼らの一見分かりにくい仲の良さが見えてくるはずです。


キャラクター力!
2012年秋にキャラクターデザインの川村敏江さんの絵柄を見たときから、これは注目作品になると確信。そして、御巫桃也先生のカラーのイラストの美しさをアニメでどう表現するのかも気になっています。


无と花礫の次第に変化する関係性に注目!
最初は、花礫が无を引っ張っているように見えますが、ストーリーが進むうちにそれが次第に変わっていきます。

純粋な无とのやり取りを通して、花礫の内面も変化するし、嘉禄(カロク)以外の人と接して言葉や感情を覚えていく无が、逆に花礫を引っ張っていくのです。

そんな2人の成長を見守っていきましょう。





はたらく魔王さま!

はたらく魔王さま! (電撃文庫)はたらく魔王さま! (電撃文庫)
(2011/02/10)
和ヶ原 聡司

商品詳細を見る



作は、第7巻までで累計部数62万部をヒットさせた、第17回電撃小説大賞銀賞を受賞作。

聖十字大陸エンテ・イスラを席巻していた魔王軍だが、勇者率いる反抗軍により追い詰められた魔王サタンは、異世界の門「ゲート」からの撤退を余儀なくされる。そして、門の向こうの異世界とは現代の日本であった。

現代日本では魔力の概念が存在せず、元の世界に戻るゲートを開くことも難しい。東京の笹塚にある六畳一間風呂無しのアパートを居とした魔王は「真奥貞夫」と名を変え、日本征服のための足がかりとしてフリーターから正社員の座を目指してファーストフード店でのバイトに励むことになる。そんな彼を追ってきた勇者エミリアもまた、天界の力「聖法気」のない日本では一般人同様であり、契約社員「遊佐恵美」として打倒魔王を目指すこととなる。


■スタッフ
原作:和ヶ原聡司(電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:029
監督:細田直人
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:碇谷敦
音楽:中西亮輔
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:WHITE FOX

■キャスト
真奥貞夫(魔王サタン):逢坂良太
遊佐恵美(勇者エミリア):日笠陽子
佐々木千穂:東山奈央
芦屋四郎(悪魔大元帥アルシエル):小野友樹
漆原半蔵(悪魔大元帥ルシフェル):下野紘
鎌月鈴乃:伊藤かな恵

■アニメ公式サイト:はたらく魔王さま!

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3人類を恐怖に陥れた魔王が、魔力を失い、身ひとつで東京に現れたら…!?

まず、この設定がまず興味をそそり、タイトルどおり、魔王が『はたらく』異色のファンタジー。

舞台は現代日本。異世界エンテ・イスラからやって来た魔王サタン。彼はこの世界では魔力を補充できないため、衣食住を確保するためには働くしかない。かくして異世界の魔王は、有名ファストフード店・マグロナルドで真奥貞夫という名でアルバイトを開始!

部下の芦屋四郎(/悪魔大元帥アルシエル)と、六畳一間のアパートに2人暮らしすることに…。

律儀で働き者のガテン系の真奥貞夫(/魔王サタン)、節約命の芦屋四郎(/悪魔大元帥アルシエル)など、ファンタジーなのに妙にリアルかつ庶民的な設定に、思わずほのぼのしてしまう。

魔王たちが『はたらく』姿に、『ときめく』こと間違いなし!


一見天然系主人公に見えて、実はキレ者!
部下の芦屋四郎(/悪魔大元帥アルシエル)が服従するのも納得の、デキる男ぶりを見てほしい!

「はたらく」だけじゃない「モテる」魔王さま!
キャラの中に恵美&千穂という2人の女子が出てくるのだが、2人とも真奥が気になっている様子だけど…絶妙な三角関係にも注目!

頼れる味方はお互いだけ運命を共にする真奥と芦屋の互いの役割分担!
真奥は外で稼ぐ担当、芦屋は家を守る担当と、役割分担バッチリ! 2人の妙な、だけど固い絆と漫才のような絡みも見どころ!

異世界の住人が現代社会で過ごしていく狭間に見える非日常の『ギャップ』!
原作の魅力のひとつでもあるギャップ感を意識して制作してると聞いてるので、魔王がフリーターで、悪魔が主夫という異世界の住人が現代社会で過ごすギャップ感も注目だが、魔王と勇者は至って真面目すぎるくらい真面目なので、彼らの行動が原作ファンの方が見ても吹き出すような映像として、どこまで迫れるか制作側に注目!





とある科学の超電磁砲s

Grow Slowly (TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」エンディングテーマ)(初回限定盤)Grow Slowly (TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」エンディングテーマ)(初回限定盤)
(2013/05/15)
井口裕香

商品詳細を見る



作:鎌池和馬、作画:冬川基、キャラクターデザイン:灰村キヨタカによる作品。また、それを原作・題材としたアニメ作品。

アスキー・メディアワークスの『月刊コミック電撃大王』にて、2007年4月号より連載中。

総人口230万人の8割を学生が占める「学園都市」。そこでは学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生はレベル0(無能力者)からレベル5(超能力者)の6段階に分けられ、様々な能力を開花させている。学園都市でも7人しかいないレベル5の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴は、学園都市で起こる様々な事件を解決していく。

「とある魔術の禁書目録」のスピンオフ作品であり、2009年10月から2010年3月に放送された「とある科学の超電磁砲」の第2期。原作の「妹達(シスターズ)」編にあたる部分がメインとなる予定で、メインスタッフは第1期から続投となる。

■スタッフ
原作:鎌池和馬、冬川基
キャラクターデザイン:灰村キヨタカ
監督:長井龍雪
シリーズ構成:水上清資
アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一
プロップデザイン:阿部望
美術監督:黒田友範
色彩設計:安藤智美
撮影監督:福世晋吾
編集:西川茂(REAL-T)
音響監督:明田川仁
音響製作:マジックカプセル
音楽:I've Sound/井内舞子
アニメーション制作:J.C.STAFF

■キャスト
御坂美琴:佐藤利奈
白井黒子:新井里美
初春飾利:豊崎愛生
佐天涙子:伊藤かな恵
上条当麻:阿部敦


■アニメ公式サイト:とある科学の超電磁砲s

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3鮮烈な異能力バトルとコンプレックスを乗り越え、互いを思いやる少女たちの友情は難事件を乗り越え、より強固になった美琴たち4人。

黒子の暴走や、佐天や初音のさりげない気遣いといった4人のキュートな掛け合いもこのアニメの魅力のひとつ!

だが、今回の新シリーズの中心となるのは『禁書目録』で描かれた『妹達(シスターズ)』篇を美琴視点に描く物語にあるてんだ。

美琴は学園都市の暗部で繰り広げられる陰惨な実験にどう立ち向かうのか?

そして黒子たちは思い悩む美琴にどう接するのか?

上条当麻も知らない、事件のもう一面が展開される。



妹達と美琴が紡いでいく心情ドラマ!
『禁書目録』では描かれなかった事件のもう一面を中心『妹達』編をがっちり描かれるそうです。

妹達と、彼女はどんな出会いを果たすのか?、もずっと気になっていた。

辛くシリアスな展開ではありますが、かといって原作にある表現を抑えるというのはなしでお願いしたい!

カッコカワイイバトル?
スタイリッシュな異能力バトルがさらにパワーアップする『s』では、『幻想御手』や『乱雑解放』といった過去の事件を超えるスケールのバトルが繰り広げられ、レベル5同士のバトルも展開されるとか・・・。

少女たちのカッコカワイイアクションは『超電磁砲』の華なので外せない注目ポイント!

凄惨で奇酷な運命を4人の絆でどう突破するのか?
数々の事件を潜り抜けてきただけに、美琴たち女子4人のチームワークは抜群!

だが、大事な友情だからこそ事件に巻き込みたくないと、美琴がスタンドプレーに入ってしまう事も・・・。

『s』では、彼女たち4人のチームワークの真価が問われるかもしれません!?


あの男が緊急参戦!
『禁書目録』シリーズの主人公で、美琴の想い人(?)上条当麻が『超電磁砲』へ本格参戦!

彼がいかに事件に関わってくるのか、今作の大きな注目点である。

もちろん『超電磁砲』では頼れるお姉さんという描写が多い美琴の、キュートなビリデレ表情にも期待!








Arika気になります

断裁分離のクライムエッジ

断裁分離のクライムエッジ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)断裁分離のクライムエッジ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/11/21)
緋鍵 龍彦

商品詳細を見る



作は、月刊コミックアライブ(メディアファクトリー発行)にて2009年5月号から連載中の緋鍵龍彦先生によるコミック。

女性の髪を切ることが大好きな中学生の少年・灰村切は、ある日の帰宅時に偶然立ち寄った洋館で、長く美しい黒髪を持つ少女・武者小路祝と出会う。

祝の髪はどんなことをしても切れない、呪われた髪だった。だが、切がお守りとして携帯する鋏で切ったことで、殺害遺品(キリンググッズ)を巡る殺人ゲームに巻き込まれてゆく。


■スタッフ
原作:緋鍵龍彦
監督:山口祐司
シリーズ構成:浦畑達彦
キャラクターデザイン:平田雄三
アニメーション制作:Studio五組

■キャスト
灰村切:花江夏樹
武者小路祝:小岩井ことり
病院坂病子:福原香織
病院坂法子:内山夕実
皇鼎:遊佐浩二
美墨かしこ:安野希世乃
初郷和:能登有沙
鳴門小太郎:島﨑信長

■アニメ公式サイト:断裁分離のクライムエッジ

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3少年と少女のぎこちない交流、忌ましい呪い、そして、時に凄惨な戦い・・・。

謎めいたタイトルは、永遠に切れない美しい黒髪を持つヒロインと、そのヒロインを守る主人公を含む「殺害遺品(キリンググッズ)」を持つ殺人鬼の子孫達の闘いを描いたラブ・バトルストーリー。

彼女の周囲には、妖しく不吉な言葉が漂う。

『殺人鬼』『殺害遺品』『髪の女王』」・・・切は、呪われた『殺人ゲーム』のスリル。

ドラマは、まるで予測不可能なシーソーゲームのように、どこか妖しくフェティッシュなムードで、相反する要素の間をスリリングに行き来する。



味わい深いラブストーリー
祝の黒髪にかけられた「呪い」を巡る物語は、ミステリアスで、時にショッキングな展開も見せるのだが、その根本に流れているのは、切と祝が心を通わせ、年相応に不器用に距離を縮めていくリリカルでロマンチックなラブストーリーなので、その複雑な味わいを堪能したい!


殺人ゲームの謎
「髪の女王」が残した二つの呪い。

一つは「切れない髪」。

そしてもう一つが殺人鬼の所持品に特殊な能力を付与した「殺害遺品(キリンググッズ)」。

殺人鬼の血を受け継ぐ少年少女たちは、キリンググッツを巡って謎めいた『殺人ゲーム』を繰り広げている・・・・。


黒髪がつなぐ関係!
「呪われた髪」が結ぶ縁によって出逢うことになった切と祝。

結果、数奇な運命に巻き込まれていく2人だが、数々の脅威を乗り越える中で互いの想いをキャッチボールし、大事な存在として認識していく。

その関係は彼らにとって『呪い』なのか、それとも……?



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック