FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(アニメ感想) マギ 第24話 「堕転」

kage

2013/04/01 (Mon)

マギ 第24話 「堕転」8

【第24話あらすじ】堕転

2013.03.24


ついに闇の組織アル・サーメンとシンドリア王国との戦いの火ぶたが切って落とされた。

襲い来るアル・サーメン軍団を迎え撃つ八人将。

しかし、その戦いを見ていたシンドバッドは妙な違和感を覚えるのだった。

一方、迷宮ザガンでは、闇の全身魔装をしたドゥニヤに、アラジンたちは苦戦を強いられていた。

更に、運命を憎めと挑発をするイスナーンの言葉に、アリババの心は動揺し―…。




■声優
アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
シンドバッド…小野大輔
ジュダル…木村良平
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之




■スタッフ
原作 - 大高忍(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督 - 舛成孝二
シリーズ構成 - 吉野弘幸
シリーズ演出 - 林直孝
キャラクターデザイン・総作画監督 - 赤井俊文
コンセプトデザイン - 竹内志保
エフェクトアニメーション - 橋本敬史
美術監督 - 川本亜夕、前塚太一
美術設定 - 谷内優穂
色彩設計 - 鈴木依里
プロップ設定 - 宮川治雄
撮影監督 - 関谷能弘
編集 - 三嶋章紀
音楽 - 鷺巣詩郎
音響監督 - 菊田浩巳
プロデューサー - 斎藤朋之、清水博之、落越友則、斎藤俊輔、丸山博雄
アニメーションプロデューサー - 清水暁
制作 - A-1 Pictures
製作 - マギ製作委員会(アニプレックス、小学館、電通、ムービック、GyaO)、MBS

OP曲=「瞬く星の下で」(第13話 - ) / 歌 - ポルノグラフィティ(SME Records)
ED曲=「The Bravery」(第13話 -)/ 歌 - supercell(Sony Music Records)



←ポチって押して頂けると励みになります

■ アニメ感想 ■
Arika報告書y


24話(※最終回一歩手前)にしてアリババが堕転ってアリなのか!?

マギ 第24話 「堕転」4

マギ 第24話 「堕転」5

マギ 第24話 「堕転」

マギ 第24話 「堕転」1

マギ 第24話 「堕転」2

マギ 第24話 「堕転」6

マギ 第24話 「堕転」7



原作では ザガン攻略後にダンジョンの外で待ちかまえてたアル・サーメンにやられちゃうところを師匠たちが助けに来てくれて、その後でシンドリアでの戦闘になるんだけど、きっとそれを一気に済ませちゃおうってことで、師匠たち、八人将はシンドリアで闘い、アリババたちは ザガンでドゥニヤたちとの闘いでラストってことになるんだろうな~~って気楽に構えてたら思った以上にオリジナルが暴走だったwww

ザガンのダンジョン攻略前に呪いが掛けられたとこから既にオリジナル路線は始まっていたわけですが、原作では攻略後、白龍の腕に潜り込んでいたイスナーンによって呪いがもたらされ、その時に白龍の腕が失われるのですよね。

ま、今回 ちゃんと辻褄合わせに白龍の腕は飛びましたけど・・・

一番 大きく変えて来たなと思ったのはキャラですよ。。

原作のアリババは 白龍を恨んでないのに、アニメ版は白龍を恨んでますから…

これは明らかにキャラにとって大きな設定の変更です。

アラジンは 堕転へと逆流する魂を救うための力「ソロモンの知恵」が与えられているから彼が選んだ王であるアリババはどんな状況にあっても希望を捨てずに前に進む勇気を持ってるものだと思いこんでいたのでビックリしました。

人間っぽいって言えば そうなんだけど、闇の力に対抗して、圧倒的な光の存在になれる者がいなくては アル・サーメンというアレだけの闇へ引きずろうとする存在の数には太刀打ちできないと思うのですよ。。

一度、堕転させてから最終回に復活させるって意図なのかもしれませんが・・・。

それに あくまで アリババは完全なる白でないと、カシムと同調してしまってあの時点で彼を救うことはできなかったんじゃないでしょうかね…。

見た目弱っちくても、マゴイが大してなくても、アラジンが「勇気ある人」と称えた他の人とは明らかに違うところがアリババらしさだと思うのですよ。

アニメ的には、こっちの方が盛り上がるんでしょうかね??

しかも 堕転した上に 魔装までできるようになってしまってるし・・・。

あれは ドゥニヤの時のように 半強制的に纏ったってことなんでしょうか?

ドゥニヤの極大魔法は凄かったですね。

でも まさか ドゥニャもイスナーンさんにザックリヤラレテしまうとは・・・。

あんなにも残酷な目に遭って、運命を呪ったドゥニヤでしたが、アラジンの力によってイサアクのルフを受け取ることが出来て最後、救われるはずだったんですけども。。

マギ 第24話 「堕転」3


お気の毒な姫君になってしまいましたね。。

が、その分、イスナーンさんは 原作以上によくしゃべり、魅力的な存在となってます。

ドゥニヤのこと、シンドリアのこと、カシムのこと、これまでの数々のことは全て自分のせいだとアリババを挑発し、堕転へと引きずり下ろしちゃいました。

たぶん最終回は堕転したアリババを元へと戻し、ザガンが王を選び、シンドリアではシンドバッドが大活躍ってのを全部ギューギューに詰め込むんでしょうかね。。




Arikaアイコン(小)3仮にもソロモンの秘蔵っ子の
アラジンきゅんに選ばれた王が堕転しちゃっていいのか?


てっきり、アリババは堕転した人を救う素質がある人間だと思っていたのに、自らが堕転してしまうという展開はショックでした。

この堕転の経験が、他の堕転した人を救うことが出来るような術を身につけるきっかけになっていくんですかね?

それにしても、こうもあっさり堕転してしまうとはアリババ君もっと心の修業を積んでくだされ…^^;

なんかシンドリア編に入ってから、前よりアリババの豆腐メンタル具合が増してきてませんか???

アリババの堕転って、今後、物語を進めるにあたって、矛盾が起きてしまわないのですかね?

原作は、とても面白いし、もっと尺を用意して丁寧に作ったらもっと奥深い作品になってたと思うのですよ。

宣伝費かけてそうだったし、キャストさんも豪華だった割に今一つ話の展開の力づくの無理矢理感があるのです。

来週は最終回ですが、たぶん近々2期はあるだろうとはふんではいるのですが・・・

できれば、私は最終回はオリジナルを織り込まず、キリのいいところでまだまだ続く…っていう余韻的な終わりで締めてほしいと思っています。

きっと、いろいろと大人の事情があるのでしょうが、原作あってのアニメなので…。


マギ 第24話8a
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎マギ第24話「堕転」
→各地で戦うパターンc)ヤム:私の相手はあんたみたいね->妙だな。数が少なすぎるが卍 )味わいなさい極大魔法を!アラ:そうはさせない! イスナーン:そうだイサアク。ルミイアを...

2013.10.20 (Sun) | ぺろぺろキャンディー