FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

私が愛する手塚治虫ワールド[7]・・・火の鳥(鳳凰編)

kage

2013/04/23 (Tue)

Arika手塚治虫

アイコンりす手塚治虫漫画感想担当…Arika

火の鳥 4・鳳凰編火の鳥 4・鳳凰編
(2009/06/19)
手塚 治虫

商品詳細を見る


奈良に大仏が建設される時代。

生命エネルギーの象徴である火の鳥に出会う2人の仏師・我王(がおう)と茜丸(あかねまる)の対立を通し、生きることの喜びを問う。

今回は、手塚先生自身の生涯のライフワーク、『火の鳥』(鳳凰編)をpick up!





←ポチって押して頂けると励みになります



S F フ ァ ン タ ジ ー の 世 界
Arika報告書1bb

輪廻転生”をテーマに生命の不滅をうたう叙情詩



塚先生は「火の鳥は自分のライフワークであって、死んだときに完結するだ」といっていた作品です。

1954年からほぼ十年おきに五つの月刊誌に飛んで連載し続けました。

描かれた物語は16編にもなり、人間の有史以前から未来4000年までがその背景となります。

過去と未来が交互に舞台となってあらわれ、その時代時代の人間の生と死を激しくとらえながら、物語は現代に近づいてくるのです。

さて、ここにあげる『鳳凰編』は、720年代からほぼ三十年にわたる物語です。

奈良の大仏の建立されたいきさつ、そして、生まれた日に片目片腕を失って人を殺すことを当然と思うような暴れん坊になった我王(がおう)と、日本一の仏の彫り師になろうとした茜丸(あかねまる)というまったく対比的な人物の葛藤が描かれていきます。

我王にも、茜丸にも、それぞれただ一人愛した女性がいました。

我王が愛したのは、かつて我王が助けてやったてんとう虫が変身した速魚(はやめ)でした。

茜丸が愛したのは、人々に生き埋めにされそうになった罪深いブチという女でした。

残念ながら、この二人は、それぞれの愛を貫き通すことはできませんでした。

しかし、生きる強さと、死んでいく儚さを、我王と茜丸もこの女性たちから教えられて、我が生命のほとばしりの仏像を彫り込んでいくのです。

まったく対照的な生き方、考え方をもった二人の才能を、時の権力者は我が権力を世に示すために利用しようとします。

茜丸は火の鳥の姿を求めて全国を旅したあげく、正倉院の倉庫にある鳳凰の絵図に出会って、火の鳥の像を彫りあげます。この時に自分が次々といろんな生き物に生まれ変わる夢を見るのです。

我王も火の鳥を通して生命の儚い存在を知り、いろんな虫や動物たちの生命と繋がって、くるくるまわる車輪のようにまわって繰り返されていくのが人間の生命だということを知ります。

火の鳥は恐ろしい鳥であり、美しく誇り高い鳥です。

その生き血を飲むと、不老不死となれると言い伝えられる火の鳥。

何度も何度も命は繰り返されていくのだと、輪廻転生を教えてくた火の鳥。

手塚治虫先生が長年かけてこの『火の鳥』を描いたのは、その時代に生き、そして死んでいった人間たちの、の狭間を見とどける証言者として魅力を感じたからだと思うのです。

いつまでも生きていたいという人間の、願いがあります。その願いがとりわけ強い権力者たちは、そのためには手段を選びません。絶対的な支配力で醜く生き続けようとし、一方茜丸は火の鳥と一つになって生命を燃やしつくしてしまいます。そして我王は、残る片腕も失った時に、自分のまわりを包む自然の美しさを知ります。

手塚治虫先生は、火の鳥という伝説の鳥に、生命の姿を具体的に視覚的に描きこんだのです。

これは、なぜ生きるのかと問いかけたリアルなファンタジーです。

私たちは、この未完の大長編ロマンを前に、完結するまで読みたかったと願うだけなのです。


Arika手塚(火の鳥)1




手塚漫画のツボ
★漫画に隠された手塚先生独特のヒューマニズムのツボを紹介★

火の鳥からのメッセージとは?

の鳥は『鳳凰』の像を彫ろうとしている茜丸の前に現れ。生命の永遠の象徴と名のり、像のヒントを与える。

一方、両手を失った我王は、自然の美しさに感動し、涙する。怒りと憎しみで始まった彼の人生は、ここで善悪を超越し、生きる喜びを謙虚にあらわす。

宇宙を、そして時間を自由に飛翔する生命エネルギーとしての火の鳥は、時代を超えて人々が繰り広げるドラマを見守る。

そして人々につねに『生命とは?』という問題を投げかける。

そこに生命と宇宙の秘密を説き明かそうとする手塚さんの姿勢がうかがえる。



Arika(火の鳥)

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック