FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

【BLドラマCD】言ノ葉ノ花(原作 : 砂原糖子 )/長谷部修一(cv:小野大輔)× 余村和明(cv:神谷浩史)

kage

2013/04/30 (Tue)

アイコンりす不定期に連載中!
Arika(BL)
■BL好き案内人が初心者用にCD、コミック、小説のお勧め萌えポイント押えたレビュー★


相手の本心がわかっても不安になる。知らなくても不安になる。

心の『声』と言葉と両方で囁かれたい♪

キャスト小野D×神谷浩史



言ノ葉ノ花 (ディアプラス文庫)言ノ葉ノ花 (ディアプラス文庫)
(2007/09/10)
砂原 糖子

商品詳細を見る



BLドラマCD

言ノ葉ノ花言ノ葉ノ花
(2008/02/28)
砂原 糖子、小野 大輔 他

商品詳細を見る

■ 商品情報
収録時間: 75分52秒+76分37秒 2枚組    トークあり(9分27秒)
予約特典: フリートークCD(平川&三木&神谷&小野) 23分31秒
発売日 : 2008年2月28日



■ ストーリー
三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。

ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。

罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。

そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった……。


キ ャ ス ト 
★余村和明(よむらかずあき)役・・・神谷浩史
29歳。家電量販店のパソコン販売担当。
3年前から他人の「心の声」が聞こえるようになり、人間不信に陥ってしまう。

ある日、聞こえてきた「心の声」から、同僚の長谷部が自分を想っていることを知り、罪悪感を覚えつつも、その声に心地よさを感じていて…。


★ 長谷部修一(はせべしゅういち)役・・・小野大輔
24歳。家電量販店の生活家電販売担当。
真面目でとっつきにくく無愛想。
 
以前、体調が悪かった際、自分を気遣ってくれた余村に想いを寄せている。

感情が表情には出ないが、裏表のない真っ直ぐな性格の持ち主。


★増岡 : 塾一久 

★長谷部果歩 : 武田華 

★結衣子 : 河原木志穂

★小寺健二 : 奈良徹 

★河山亮 : 山中真尋 

★原野 : 山田智子 

★バイト : 高橋まゆこ





↑プチって押して頂けると励みになります。


BL感想★
Arika(BL)

デモムービー「言ノ葉ノ花」
↑短いですが声は聴けるので参考にしてください。

----------------------------------------------------------------------
■ 原作のストーリー性
----------------------------------------------------------------------

普通の男が普通の世界で突然不思議な力をもってしまったという設定で、その力を有効に使って何かするでもなく、ただその力に戸惑い悩んで恋愛する話です。

心の機微を繊細に描く、キャラクターを大事に描いている、そういう点でとても好感も持てる作家さんですが、人の心が読めるという設定においてその実力がいかんなく発揮されていたと思います。

切なくて、でも不安や葛藤ややりきれないという思いがとてもリアルでした。



----------------------------------------------------------------------
■ CDドラマ全体を聴いた印象
----------------------------------------------------------------------

原作を読んでから聞いたのですがよかったです☆

ほぼ原作カットなしで、SEがちょっと・・・って思う部分もあったけど全体的に丁寧に作られていました。

神谷さんも小野さんも低めで感情抑え目の演技の熱演が聞き応えがありました。

BGMも素敵で、主演ニ人の人気とか、そういう部分を抜きにしても秀作です。

一枚目は余村が長谷部と解り合えるまで。人の心が読めることを長谷部を信用して言ったのに、長谷部が悩み始めてしまった状況に、余村が悩むところまでの話で、人の本心が読めることによる、表の言葉と本心の違いに切なさを感じる、全てにあきらめてしまったような余村の切なげな態度がメイン。

オススメ?なのは二枚目の後半。ニ人が付き合い始めてから余村は心が読めなくなり、それを最初とても喜んでいたのに、次第に読めないことで不安になる。人の心が読めるようになってしまったばっかりに、読めなくなった時の闇に取り込まれて、余村はどうしようもなくなる。元々読める術がなかった長谷部にわかってもらうこともできないと、最初から長谷部を頼りもせず、ニ人で自暴自棄気味になってしまう余村。

そんな余村に叱咤して自分だって怖いことを伝える長谷部の演技が素晴らしい!



----------------------------------------------------------------------
■主演の二人の演技力の感想
----------------------------------------------------------------------

小野さんの心の声を喋る時の喋り方とかがなんか好き❤

濡れ場は神谷さん可愛すぎ!


小野さんは一途で純朴なキャラを、粗暴にもいやらしくもなく演じきり、神谷さんは普段落ち着いてテンション低い性格が追い詰められて初めて内心をさらけ出す対比が出ててよかった。また、小野さんの普通の声と心の声の変化が仲良くなっていくにつれてなくなっていく声の演技が凄いと思った。特に怒りと哀しみを併せ持ったという表現には鳥肌が立った!

神谷さんは出る度に上手になっていて毎度驚かされます。濡れ場に定評のある神谷さんも今回はとても抑え気味で作品にあっていたし、余村の感情の変化を神谷さんが上手くモノローグで表現。心の声が聞こえる人間の戸惑いや哀しみをとても素晴らしく演じていたと思う。最後の泣きながら「怖い」と告げるシーンは神谷さんの泣き演技に圧倒された!

「言葉にしないと不安なら、思っていることを言葉にしてもいい……。」

セックスの最中にそう小野Dさんに言われちゃったら、もうそりゃぶっとびますね(笑)

神谷さん受は、エロいのに純な部分があふれ出てきて、聴いていて「BLって素晴らしい!」と再認識!

BLドラマのCDのキスシーンにこれほどドキドキしたのは久々でした・・・。



----------------------------------------------------------------------
■フリートークを聞いて…
----------------------------------------------------------------------

神谷さんは本当にお疲れ様ですといいたくなるぐらい喋ってます。

年に1回か2回個人的にいい作品に出会うのですが、この作品はその候補に入るくらい。

ただCD2枚に分けたストーリー+フリートークなので聞くだけでかなり疲れるのでそこは注意かな!

「かわいい、かわいいよ」「うっせぇな」健在(笑) 

帯にかかれた「君の声だけが…」という台詞がオマケボイスにあったら、もっとよかったのになと思いました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック