FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

祝・アニメ化決定コミックス6作品をPick Up!

kage

2013/05/01 (Wed)

ArikaアニメPU3

2013年5月1日現在で、コミック原作ですでにアニメ化が決定、

またはアニメ進行中の6作品をPick Up!

放送時期はまだ未定な作品もありますが、今から原作をチェックしてきたる放送を楽しみにしてください!



スプーン1




↑プチって押して頂けると励みになります。



2013年7月よりフジテレビ「ノイタミナ」にて放送開始!
 『銀の匙ーSilver Spoonー』 荒川弘

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
(2011/07/15)
荒川 弘

商品詳細を見る


『銀の匙 Silver Spoon』(ぎんのさじ シルバースプーン)は、荒川弘による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)2011年19号より連載中。

STORY
寮があることを理由に北海道の大蝦夷農業高等学校(おおえぞのうぎょうこうとうがっこう、通称:エゾノー)に入学した八軒 勇吾(はちけん ゆうご)は、慣れない農業の実習や部活に悪戦苦闘の日々を送っていた。

三カ月後に食肉にされてしまう子豚に”豚丼”と名前をつけてしまったり、校内のゴミ拾いをした際に発見した石窯を利用してピザ大会を開催したり……、ときおり突拍子もないことをしでかしつつ、人が軽く流してしまうような出来事にも八軒はいつも悩み抜き自分なりの答えを見出していく……。


■スタッフ
原作 - 荒川弘
監督・音響監督 - 伊藤智彦
副監督 - 出合小都美
脚本 - 岸本卓
キャラクターデザイン・総作画監督 - 中井準
動物デザイン - 室井康雄
プロップデザイン - 須藤智子
美術監督 - 高木佐和子(Studio Wyeth)
美術設定 - 杉山晋史(Studio Wyeth)
色彩設計 - 茂木孝浩
撮影監督 - 青嶋俊明
CG監督 - 雲藤隆太
編集 - 西山茂(Real-T)
音響効果 - 今野康之
音楽 - 村井秀清
制作 - A-1 Pictures

■アニメ公式サイト:『銀の匙ーSilver Spoonー』





Arikaアイコン(小)3汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!
一見地味に見えてしまうテーマをここまで掘り下げながら読者を楽しませ、そして農業や酪農などの在り方について改めて考えさせるストーリー展開は荒川弘さんだからこそ描ける力強さに溢れています。また作中に登場する”卵かけごはん”、”豚丼”、”石窯ピザ”などをアニメで観れば、よだれを垂らしてしまうこと間違いありません!




2013年夏放送
 『魔界王子 devils and realist』 雪広うたこ 原作:高殿 円

魔界王子devils and realist 1 (IDコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)魔界王子devils and realist 1 (IDコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2010/05/25)
高殿 円

商品詳細を見る


STORY
名門貴族のウイリアムは、類いまれなる頭脳の持ち主。

パブリックスクールでも、家柄のこともあり、話題の中心であった。

しかしある日、叔父が事業に失敗したことで全ての財産を失ってしまう。名門の名に傷がつくことを恐れたウイリアムは自宅に戻り、家令と共にお金になりそうな物を探す。屋敷でみつけたのは、先代が出入りしていた地下の部屋に謎の魔法陣があり、意図せず悪魔を呼び出してしまった。呼び出された悪魔、ダイタリオンはウイリアムに告げる。
ウイリアムは魔界の代理の王を選ぶことのできる選定公であると。それゆえに、自らを王に選べと迫ってくるのだが……。

■スタッフ
監督/今 千秋
シリーズ構成/横手美智子
キャラクターデザイン・総作画監督/貞方希久子

■キャスト
ウイリアム(CV:江口拓也)
ダンタリオン(CV:寺島拓篤)
シトリー(CV:松岡禎丞)
カミオ(CV:柿原徹也)
ケヴィン(CV:福山潤)

■アニメスペシャルサイト:『魔界王子 devils and realist』



Arikaアイコン(小)3果たして魔界の代理王は誰になるのか!?
雪広うたこさんと高殿円さんの強力タッグが描く華やかな世界観はアニメでどう表現されるのか?

原作は隅々まで丁寧に描かれており、ブレがありません。ストーリーもありがちな題材でありながら独創的で楽しめます。コメディ的な場面とシリアスな場面の書き分けもきっちりとしていて、テンポ良く読めます。そして作中に次々と登場する見目麗しい悪魔たちがテレビ画面で動き回る姿を期待せずにはいられない、大注目の一作です!



2013年7月放送開始!
 『ブラッドラット』 小玉有起

ブラッドラッド (1) (角川コミックス・エース 280-1)ブラッドラッド (1) (角川コミックス・エース 280-1)
(2010/05/01)
小玉 有起

商品詳細を見る


月刊『ヤングエース』(角川書店)にて、Vol.3より連載中。小玉にとっては2作目。単行本は2012年9月現在、同社の角川コミックス・エースレーベルより既刊7巻まで刊行されている。略称は「ブラドラ」。2012年9月現在累計80万部を突破している。

キャッチコピーは、「テメェの血に、従え。」。

STORY
魔界のとある地区でナワバリボスをしている吸血鬼・スタズ。吸血鬼然としていることが嫌いで、ジャパニーズカルチャーを愛する彼のナワバリにある日、日本人の少女・柳冬実が迷い込んでくる。ナマの人間、しかも日本人に会えたスタズのロマンチックは止まらない。だが、ナワバリを狙った侵略者を退治している間に、冬実がモンスターに食べられて死んでしまった!! 幽霊となってしまった冬実の失われた魅力にしょんぼりするも、必ず生き返らせると「血意」したスタズは人間界に赴くが……!?


■スタッフ
監督 - 宮繁之
シリーズ構成 - 古怒田健志
キャラクターデザイン・総作画監督 - 藤崎賢二
プロップデザイン - 斉藤良成
美術設定・美術監督 - 榊枝利行
色彩設計 - 伊東さき子
撮影監督 - 舘信一郎
編集 - 池田康隆
音響監督 - 飯田里樹
音楽 - 林ゆうき
音楽制作 - フライングドッグ
アニメーション制作 - ブレインズ・ベース

主題歌
オープニングテーマ「ViViD」 歌 - May'n
エンディングテーマ「BLOODY HOLIC」 歌 - 南里侑香

■アニメ公式サイト:『ブラッドラット』



Arikaアイコン(小)3スタズは幽霊となった彼女を生き返らせることができるのか!?
新鋭が贈る吸血鬼ブラックコメディ! !?

独特な世界観やクールなバトルシーンに魅了され、男女問わず、海外でも多くのファンを持つ本作。

ほどよくメリハリ効いていて、ダークになりがちな世界観を軽く&スッキリ感があるのでアニメ化に際して、これからの広がりが十分に期待できる作品。さらに言えば絵もしっかりしているしヒロインも可愛いし、なによりキャラクターが魅力的です。ちょっと怖いと思ったキャラにもかわいいところが出てきたり、個性がありバランスがいいです。健気にスタズについて行く天然少女の冬実を守りながら、時に雑に扱ったり、時には喝を入れたり、まるで女友達のよう。でも冬実の為に命懸けで戦うスタズの動く姿をテレビで観るのが待ち遠しい!



2012年に舞台化、2013年にテレビアニメが放送予定
 『弱虫ペダル』 渡辺 航

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


『弱虫ペダル』(よわむしペダル)は、渡辺航による日本の漫画作品。秋田書店の『週刊少年チャンピオン』に2008年第12号から連載され、同社の少年チャンピオン・コミックスレーベルによる単行本が2013年3月現在27巻まで刊行されており、2012年12月時点の累計発行部数は415万部となっている。内容は自転車競技を題材にした本格的な少年漫画兼スポーツ漫画である。

STORY
アニメやゲーム、秋葉原をを愛するオタク少年・小野田坂道は、中学時代にオタクの友達ができなかったため、高校に入学すると同時にアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数少のため活動休止中であると知り意気消沈する。同じく入学生で、中学時代に自転車競技で活躍していた今泉俊輔はトレーニング中、学校の裏にある斜度20パーセントを超える激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する少年を目撃。それは小学校3年生から片道45kmはある秋葉原への道程をママチャリで通っていたという、小野田坂道の姿だった……!

■スタッフ
監督 - 鍋島修
シリーズ構成 - 吉田玲子
キャラクターデザイン - 吉田隆彦

■決定しているキャスト
小野田坂道(cv:山下大輝)
今泉俊輔(cv:鳥海浩輔さん)
鳴子章吉(cv:福島潤)

■アニメ公式サイト:『弱虫ペダル』 

Arikaアイコン(小)3真剣勝負の中の友情、せめぎ合い、熱血!
王道だからこそおもしろいロードレースの代表作!
――弱虫にだって、ペダルは踏める! !?

それまで取り柄と言うほどの取り柄を発揮できていなかった少年が、ロードレーサーに乗った少年と出会い、自分の強み才能に気が付き自転車の楽しさに目覚めたオタク少年の銀輪青春物語。

数日“特訓”した結果、天才と呼ばれ長年練習をしているライバルに勝つような軽薄な小説・漫画が多い中、主人公の少年が凡人ではなく、事実として天才であるもののその異能を本人も周りも知ることがなかったと言う点が興味深いです。少年漫画の「ごく平凡な少年が」というものとは表面的には似ていますが根本的に真逆の、「天才が開花してゆく物語」と言えます。

ただひたすら自転車で坂を登るのが好きな主人公ということで「シャカリキ!」と非常に似た方向性のストーリーだが、本作の方がチーム戦の部分に強く焦点を当てており、一人の力で勝負することよりも仲間のために協力し合う姿が強調して描かれている。

多少の人間的歪みはあっても、それぞれが自転車に没頭し、全力を出し切っている姿が好感をもてる。主人公ばかりでなく、さまざまな登場人物にスポットが当たり、その都度、深く感情移入できる場面が展開されるという展開において、この漫画のアニメ化は素晴らしいと思っています。徐々に回想シーンが増えたり、複数の場面で戦いが展開されるため全体の進行は長引くことになるが、ロードレースの疾走感溢れる演出に期待したい一作です。




2012年11月にアニメ化が発表され進行中!
 『ウィッチクラフトワークス』 水薙竜

ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC)ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC)
(2010/11/05)
水薙 竜

商品詳細を見る


『ウィッチクラフトワークス』(Witch Craft Works) は、水薙竜による日本のファンタジー漫画作品。講談社の隔月刊青年漫画雑誌『good!アフタヌーン』(『月刊アフタヌーン』増刊)誌上において、2010年3月5日発売の第9号より連載中。水薙にとって通算2作目・「水薙竜」名義では初となる連載作品。

STORY
多華宮 仄(たかみや ほのか)はどこにでもいるごく普通の高校生。クラスメイトで学園のマドンナ的存在だが、実は強力な炎の魔女である火々里 綾火(かがり あやか)との出会いをきっかけに、自分の中に眠っている力を巡る魔女たちの戦いに巻き込まれていく。漫画の王道である”主人公がヒロインを守る”という設定が逆転した”最強ヒロインに守られるお姫様系主人公”の図がおもしろいこの作品。


Arikaアイコン(小)3おもちゃ箱に漫画の面白さをぎゅうぎゅうに詰め込んだような世界観!?
予想していた通りアニメ化するそうです。ええ、予想通りです。規格外の強さを持ったクールなヒロイン・火々里さんと、温厚でやや天然の頼りない主人公・多華宮くんの関係に注目です。

そしてアニメ化したら気になるのは、火々里さんvc個性豊かな魔女たちの迫力ある戦闘シーン! 心配なのはアニメで水薙竜先生の世界観、描きこみを再現できるかどうかです。たくさんのキャラとモブが出てきて、全部があっちの方向見ながらそれぞれの世界観を作っていますからね。期待半分、不安半分といったところで、細部まで描き込まれた魔法の数々は、映像でどのように表現されるのでしょうか? 一筋縄ではいかない学園ファンタジーにアニメでも期待です!



アニメ化企画が進行中!
 『いなり、こんこん、恋いろは。』 よしだもろへ

いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)
(2011/04/04)
よしだ もろへ

商品詳細を見る


京都府・伏見を舞台にした作品で、2012年12月4日発行のヤングエース2013年1月号にてアニメ化が発表された。2013年4月9日発売の4コマnanoエース(月刊少年エース2013年5月号増刊号)にて、椋木ななつによるスピンオフ4コマ『いなり、よんこま、恋いろは。』の連載を開始している。本編を元にした4コマパロディ作品である。

STORY
京都伏見に暮らす女子中学生・伏見いなりは、片想いの男子に想いを伝えられない内気で少しおバカな女の子。ある日、助けた子狐の恩返しとして、おいなりさんこと、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)から変身能力を手違いで手に入れてしまう。しかしその力は人間界にあってはいけないもの。太陽の女神様・天照大御神(あまてらすおおみかみ)に神様の世界、高天原に連れてこられ、ある”テスト”を受けることになるが……。


Arikaアイコン(小)3いなりは友人や神々の助けを得つつ、
片想いの男の子との仲を縮めて恋愛成就を果たせるのか!?

中学生の恋愛模様に”きゅん”とときめき、読んでいると甘酸っぱい気持ちが胸いっぱいに広がるラブコメディである本作のアニメ化企画が進行中だとコミック第5巻の帯で発表された。

帯の「アニメ化企画進行中」以外は特に情報はなく、TVアニメなのかOVAかは不明。著者あとがきでも全くアニメ化について触れていなかったので続報待ちです。京都が舞台の作品なので京○アニメーションさんくるといいですねー。どこが作っても見ますけどね…

うか様ものすごい人間っぽいから神様であることを意識させられる場面は泣けるし、絵のタッチが変わるシーンなんかは笑える。トシ様とかいなり兄(中二病)のお兄ちゃんsはキャラがいいしJCの恋愛模様も百合展開ありつつなかなか進展しなくてもどかしいのなんの…。

そして漫画でも描かれている京都ならではの美しい景観や、いなりが変身するときの呪文の言葉「いなり、こんこん」をアニメで観ることができるのがとても楽しみな一作です。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック