FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

悲しい本/作: マイケル・ローゼン  絵: クェンティン・ブレイク  訳: 谷川 俊太郎

kage

2013/05/03 (Fri)

そのときの ” 気分に近い本 ”を選んでみよう…

Arika泣きたい1


アイコンかえるこの本のBook案内人・・・風うろこ
★失うつらさをつづった号泣必至の感動作ケロ♪

悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)
(2004/12/10)
マイケル・ローゼン

商品詳細を見る


作: マイケル・ローゼン
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 谷川 俊太郎
出版社:あかね書房
発行日:2004年12月

愛する者の死がもたらす悲しみを、徹底して見つめる中から浮かびあがる、命あるものへの慈しみと深い慰めを、詩人・谷川俊太郎の翻訳でおくる感動の絵本。

世界9ヶ国で発売。



FC2 Blog Ranking




↑プチって押して頂けると励みになります。


ARIKAと風1感想

最愛の息子を失った主人公の深い悲しみを描いた絵本。

谷川俊太郎さんの訳が、秀逸です。

最初のページの顔こそが悲しみだと思いました。

本当の表情を見せない、悲しみ。

”悲しみを誰かに話したときもあれば、誰にもなにも話したくないときもある。

私の悲しみだから。

ほかの誰かのものでもないのだから”


そんな悲しみにくれる男の独白に胸が詰まり、涙が溢れます。

私は夫を亡くて数年はこんな気持ちでした。

言葉にすることのできない、その悲しみを、この本は的確に表現してくれました。

希望を与えてくれる本もよいですが、静かにじっくり自分の悲しみと向き合えるこの本もまた素敵です。

私は、泣きたかったんだ・・・この本を読んで、気づきました。






F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介して頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック