FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

私が愛する手塚治虫ワールド[8]・・・紙の砦

kage

2013/05/04 (Sat)

Arika手塚治虫

アイコンりす手塚治虫漫画感想担当…Arika

紙の砦 (手塚治虫漫画全集 (274))紙の砦 (手塚治虫漫画全集 (274))
(1983/09/12)
手塚 治虫

商品詳細を見る



表紙作他「すきっ腹のブルース」「ゴッドファーザーの息子」「四谷快談」「トキワ荘物語」「ガチャボイ一代記」の計6本が収録された短編集。

戦時中から戦後、マンガ家の卵として活躍仕立ての頃まで自伝的に描いた作品ばかり。

短編集ながら、手塚治虫の戦争体験がフィクションの奥から深くリアルに伝わってくる。

今回は、漫画修業時代自伝風作品、『紙の砦』をpick up!





←ポチって押して頂けると励みになります



マ ン ガ 修 業 時 代 の 自 伝 風 世 界
Arika報告書1bb

戦時中からマンガ修業時代を”自伝風マンガ”に・・・



塚治虫の膨大な作品群の中には自伝的な作品が何本かあるが、それらを集めたのがこの一冊。

冒頭作品である「ガチャボィ一代記」は、若き日の手塚治虫と「マンガの神様」との出会いからはじまる。

終戦後の闇市で乞食然した身なりの神様は、「戦争のおかげで日本の漫画はなくなってしまった、お前に取りついて漫画ブームにする」と言う。

その言葉通りに手塚は売れっ子になり、漫画の流れを変え、アニメーションまで手を伸ばす。

アニメ『鉄腕アトム』のヒットでアメリカに招かれた手塚の前に現れた神様は、立派なコートの下の痩せ細った身体を見せて言う。

「いま日本には本当に中身のある漫画が少ないのだ。だからわしはこのとおりいまだに太れないんじゃ。」

そして、手塚は日本に帰っていい漫画を描くと約束する。

物語はの最後のコマには大きく未完と描かれている。

何故なら手塚治虫はまだ生きているからと・・・・。

表紙作の「紙の砦」は大戦中に軍事教練を受けながら、いつかマンガ家になる日を夢見る手塚治虫の話。

頭の中は隠れて漫画を描くことと、食うことしかない。

そして一人の女性・岡本京子との出会い。

オペラ歌手を目指す彼女と夢を語り、励まし合った手塚だったが、大空襲により大阪は焼け野原となり、京子は顔に非道い火傷を負う。

迎えた戦後、手塚は生き延びたことを感謝し、また漫画が描けると喜ぶが、京子はいつの間にか姿を消す。

そして京子の面影は手塚の描く漫画からいつまでも消えないのだった。

『紙の砦』というアイロニカルなタイトルを手塚治虫は原稿を描く事での戦いと語っている。

戦争中も隠れて漫画を描き続けた彼は何と戦っていたのだろう。

戦争? 作家である自分? いやきっと漫画と戦っていたのだろうと思う。

マンガの神様が手塚治虫に問う。

img470.jpg

「おまえはそんなにマンガが好きなのか?」




手塚漫画のツボ
★漫画に隠された手塚先生独特のヒューマニズムのツボを紹介★

マンガの神様とは?

塚治虫は確かに『漫画の神様』と呼ばれるほどになった。でも逆に頂点に立てば立つほど、漫画がブームになればなるほど、いつも追いかけられる不安、より中身のある作品を求めて戦い続ける日々が続いていく。

この本に登場する漫画の神様は手塚先生の心の中にある不安が生み出した幻の神様である。


img471.jpg
↑おそろしくショッキングなこのシ―ン。
得意の絶頂であった手塚治虫をどん底に突き落とす。
おそらくこのシチュエーションは彼が亡くなる寸前までかわらなかっただろうと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック