FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

野菊の墓/伊藤 左千夫

kage

2013/05/13 (Mon)

そのときの ” 気分に近い本 ”を選んでみよう…

Arika泣きたい1


アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika
★はかなくも悲しいピュアな初恋物語!


野菊の墓 (新潮文庫)野菊の墓 (新潮文庫)
(1955/10/27)
伊藤 左千夫

商品詳細を見る




夫と民子は仲の良いいとこ同士だが、政夫が十五、民子が十七の頃には、互いの心に清純な恋が芽生えていた。

しかし民子が年上であるために、ふたりの思いは遂げられず、政夫は町の中学へ、民子は強いられ嫁いでいく。

数年後、帰省した政夫は、愛しい人が自分の写真と手紙を胸に死んでいったと知る。

野菊繁る墓前にくずおれる政夫……。

涙なしには読めない「野菊の墓」、ほか三作を収録。




↑ポチって押して頂けると励みになります。


Arika感想

野菊のような女性・民子と2歳下の政夫の恋物語。

ノスタルジックで甘酸っぱい恋の話であると同時に、初恋は実のならないジンクスどおりの悲恋でもあり、泣けます。

伊藤左千夫という人物は、30代で詩の世界に入り、正岡子規の精神と人格を信仰し、師事をしていた。

そして子規の没後、伊藤左千夫の発表した『野菊の墓』は夏目漱石によって高い評価を受けている。

これらのことから、伊藤左千夫という人物は詩と文学の世界において、卓越した能力があったことが分る。

偶然ではあるが、私が住んでる所が、ちょうど四国の愛媛県ということもあり、とても親近感を持って作品を読むことが出来た。

作品は大人となった主人公の政夫が、懐古するところから始まる。

十年間も思い続けるような、そんな恋が果たしてあるのだろうかと冒頭から私は少々疑ってかかってしまった。

しかし、読み進めていくにつれて、確かに自分か同じ出来事を体験したならば、忘れられなくなりそうだと感じた。

最終的に結ばれない恋であったが、政夫と民子の共有した時間は儚く美しかった。

詳細に二人の感情が描写されており、特に野菊の問答をする場面は最大の見所である。
 
私が本作品で強く思ったことは、秘めた思いを大切にすることもいいが、しかし、伝えたいことは機会を逃すと取り返しがつかないということだ。

作品の時代背景が、二人を別つ1つの要因であったと考えられるが、常識に打ち勝つ思いと行動力があれば、ふたりの思いは成就したのではないかと考えさせられた。

大人になってから読むとふたりの恋に反対する政夫の母の気持ちもわかり、さらにせつなくなりました。



F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック