FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

【BLドラマCD】僕の知るあなたの話(原作:鈴木ツタ)/松本波亜人(cv:立花慎之介)×柴沢(cv:森川智之)他

kage

2014/01/23 (Thu)

アイコンりす不定期レビュー!
Arika(BL)
■BL好き案内人が初心者用にCD、コミック、小説のお勧め萌えポイント押えたレビュー★


あなたの居るこの街が僕の楽園。

初めてキスをした日を覚えていますか?

鈴木ツタが贈る、切なくも温かいホストとヤクザの恋物語がドラマCD化!

ええ!?そっちが受け・・!!!!と、驚かせる受けのヤクザ好き必聴!

そして、クールなエロボイスにうっとり❤

西島が登場する、コミックス「あかないとびら」収録の『冷たいさびしがり』も、

音声化して同時収録!!


ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 僕の知るあなたの話ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 僕の知るあなたの話
(2011/06/22)
ドラマCD

商品詳細を見る


■ ストーリー
母親から虐待を受けている高校生・松本波亜人は、いつも優しく接してくれた母親の元恋人・渋沢のことが大好き。

ヤクザである渋沢にその想いを告白した日から、二人の関係は変わり始め…。

そして数年後、波亜人はホストとなって渋沢と同じ街で働き始めた――。




・原作・イラスト: 鈴木ツタ
•発売日: 2011年06月22日    
•収録時間: 64分21秒 トークなし
•通販特典: フリートークCD (立花、森川、千葉、鈴木) 30分53秒


■ キャスト
【僕の知るあなたの話】松本波亜人(cv:立花慎之介)×柴沢(cv:森川智之)

【冷たいさびしがり】村岡武生(cv:鈴木達央)×西島尚(cv:千葉進歩)

・・・他


声を視察したい方はコチラで→【BLドラマCD】僕の知るあなたの話



BL感想★
Arika(BL)

----------------------------------------------------------------------
■ 原作のストーリー性
----------------------------------------------------------------------

僕の知るあなたの話 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)僕の知るあなたの話 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/01/07)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


あかないとびら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)あかないとびら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2007/06/27)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る



『僕の知るあなたの話』のあらすじ読んで重そうな話かな、と迷っていたんですが、読んで良かったです。

ヤクザの渋沢が昔関係を持った女の息子、波亜人(はあと)。

母親に虐待されていた波亜人はなぜか渋沢に懐き、渋沢もなんだかんだ言いながら世話焼いてます。

ヤクザとホストというと、思わずヘビーで暴力的な感じを想像してしまいましたが、いい意味で全然違いました。

まさかヤクザの渋沢の方が受とは思っていませんでしたが(笑)

脇役もいい味出してますし、個人的には渋沢の知り合いの貸金業者?の西島さんと波亜人の働くホストクラブのNo.1ホスト尚くんのカップルが気になります。

尚くんは西島さんと養子縁組するようで…

ん? あれ? ていうことは西島尚になるわけで…

あーっ!! 思わず以前読んだツタさんの『あかないとびら』を読み直してしまいました。

この中の『冷たいさびしがり』の主人公、西島尚39歳って…そうだったんですね。

気づいて読み直すと余計に気になってしまい、ますます好きになりました。

あと、ツタさんのどの作品も受にある種の「男ぽさ」があり、キラキラして少年すぎたり、綺麗すぎたりしない、でもかわいかっったり、色っぽかったりする…。Hシーンは多くはないですが、イチイチ表情が色っぽいし、話の流れが好きなので、これ以上増えなくていいかな~?と思います。

エロ読みたければ、そういう作家さんを買うのでツタさんはこのままのお話を書いてほしいと思います。

絵柄は華やかさはないですが、たまにすごく表現力豊かな顔をします。

私はどちらかといえば男が男に見える絵が好きなので、好きです。

あいかわらず、作者近況のあとがきと裏表紙が素敵というか、何気にサービス精神旺盛だと思う。

エッチシーンだけがサービスじゃな~い!! 

ストーリーがしっかりしているので、ツタ作品ならHシーンなくてもいいぐらいです☆


----------------------------------------------------------------------
■ CDドラマ全体を聴いた印象
----------------------------------------------------------------------
あなたの居るこの街が僕の楽園。--鈴木ツタが贈る、切なくも温かいホストとヤクザの恋物語がドラマCD化決定!

西島が登場する、コミックス「あかないとびら」収録の『冷たいさびしがり』も、音声化して同時収録!!

とても内容がわかりやすく、心情が深い作品だった。

波亜人の渋沢に対する気持ちの表れ方も自然でいい感じだったし、渋沢もだんだん好きになっていく形がよかった。

一方で、サブの村岡と西島のカップルもなかなか良かったと思う。

千葉さんが演じられているのもすごく可愛く、いつもの千葉さんとは違った印象で、とても新鮮だった。



----------------------------------------------------------------------
■主演の二人の演技力の感想
----------------------------------------------------------------------
原作で自分が描いていたイメージを壊されることなく、さらに期待以上だった。

演出やBGMに言いたいことは多々あれど、軽いノリで楽しめました。

立花×森川は受攻表記間違ってない?と思う声のトーンでしたが、森川さんのやくざっぷりも、立花さんの純真なワンコホストっぷりもとてもよかったです。

萌えとしては鈴木達×千葉進の方だったけど、兎にも角にも千葉進のクールな年上キャラが最高!

わんこ鈴木達との絡みも可愛くてエロくて大満足です。

千葉さん目当てで購入したものの、聴くまでは西島のみ音声のイメージがどうしても湧かなかった。

大人(もしくはオッサン)の声でも若い声でも何か違う気がしたし、千葉さんは好きだけど正直期待と不安が半々だった。が、いい意味で裏切られまくり。

浮世離れした年齢不詳のビッチの根底にあるものが寂しがりなんて、個人的に萌え要素のかたまりなんだけど、あまりにハマっていて千葉さん以外考えられない。

他のキャストも全員ハマってたし大満足。



----------------------------------------------------------------------
■フリートークを聞いて…
----------------------------------------------------------------------
特典フリト司会立花さん森川さん千葉さん鈴木さんで「噂によると1千万するマイク?」「渋沢」「変わった名前」「森川わさお」「なんで来たの?」などとオモシロイトークでした。



Arika報告書y

鈴木ツタ先生の原作で、 「ええ!?そっちが受・・!!!!」なのと、読者を驚かせた受けのヤクザ・渋沢を森川さんが演じる、低音受け好きにはたまらない1枚でございます。

ヤクザ的には一目置かれる立場の森川さんの声は思った以上に野太く(※いつものエロさは控えめで男臭い感じ)に対する慎之介さんは、本編中に自分でも言ってますが、ちょっと頭が弱そうな…でも明るく前向きに生きている波亜人を、可愛らしく演じています。

が、これが絡みのシーンになると逆転するのが本作の面白さです。

最初、森川さんが受で、立花さんが攻とは思わずに聴いていたので、「あらあら、そっちかー」と嬉しい驚き(笑)

野太く喘ぐ森川さんも大人可愛く新鮮でしたし、キャラの優しさも伝わってきました。

何より慎之介さんが小悪魔感全開で妖艶でス・テ・キ~!(>▽<)

後はサブキャラー、特に渋沢の舎弟がいい味を出し、話にメリハリをつけています。

黒髪・ツリ目・短髪好きとしては、嬉しい誤算のうえに、さらに性格が強気・男ぽいと嬉しいうえにヤクザ受は尚、萌え良し!

シリアスな攻の過去も織り交ぜつつ、暗くなりすぎずに話が進みます。

お馬鹿でワンコな波亜斗(はあと)の純情さにも胸キュン!


そして同時収録の短編『冷たいさびしがりや』で美貌のオジサマ・西島を演じる千葉さんも魅力的でございました。

26歳の刑事・村岡と、体を売りながらコンビニで働く39歳の美形・西島(HPの設定では元ホストで波亜人の先輩となっています)の、村岡の一目惚れから始まった関係。

短い作品ながらも、良くまとめられたシナリオとキャストの力で、これまた奥行きのある一本に仕上がっています。

ひょうひょうとしていて、寂しがりで流されやすく、生活力皆無なため、部屋は散らかり放題。

そんな西島に振り回されるヘタレ刑事・村岡も鈴木達央さんが好演。

正直に言うと、これまで鈴木達央さんが演じる聴くキャラ聴くキャラ「Sなオレ様」がほとんどだったので、今回もそうかと思いきや、なんとワンコキャラ!

一途で真面目な鈴木さん演じる村岡があたふたする様は本当に可愛かった♪

それに対する千葉さん演じる西島は、さすがとしか言いようのない雰囲気で、どこか浮世離れした美形、でも「独りでは眠れない」寂しがりや西島を、物憂げな淡々としたソフトな声で演じています。

色っぽいですが、変ないやらしくはなかったですね。

そしてエピローグでは二組のカップルがすれ違う様子、波亜人と西島の目が合う一瞬がうまく描かれています。

繊細なキャラ表現、切なさ、優しさの感じられる良作です。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック