FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

大人女子に徹底推薦マンガ100(056-060)

kage

2013/07/27 (Sat)

Arikaアニメランキング3

056-060


大人女子は忙しい現実を反映して、マンガへの欲求も幅広い。

青春の美しさを堪能したい、ほっと癒されたい、とにかく笑いたい…。

淡い恋、日常の物語、コメディ。

少女マンガの一生懸命は猪撃猛進というより、柔軟なヴァリエーションに富んでいる。

そんな多種多様な方向性からの注目作100冊をご紹介!!!、といっても1度に100冊はとても無理!

なので1ページ5冊ずつを目途にその都度、自分なりの『縛りのテーマ』を決めて100冊目ゴールに向けてレビューしていきたいと思っています。

051~055は、大人が楽しむSF&ファンタジー③で選んだセレクト。




--[PR]----------------------------------------------------------------

★アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時30分からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!?click 
ピッコロ夏2013電車3 

らじおの詳しい説明は、こちらのバナーをポチと!?
      ↓
 

ピッコロのらじお





↑プチって押して頂けると励みになります。

Arika報告書v1大人が楽しむSF&ファンタジー③

自分なりの率直な感想と推薦ポイント!を短いながら入れてみました。

056
★生きるってためだけに、人は生きられないんだよ 大人にこそ全力で勧めたい漫画

7SEEDS 1  フラワーコミックス7SEEDS 1 フラワーコミックス
(2002/03/26)
田村 由美

商品詳細を見る



ちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。

どうして自分がここにいるのかわからない。

やがて流れ着いた無人島。

生きるための過酷な冒険が始まった!! 。

Arika注目1h ★Arikaの率直な感想と推薦ポイント!

「少女漫画とは思えない過酷な宿命と運命を背負った主人公達に感情移入しつつ何度も涙腺を熱くさせてもらいました。生きたいけど生きられない、救いたいけど救えない、やりたくないけどやらなきゃいけない、など登場人物の覚悟の重さと想いが胸に響きます。正直なところ、1巻だけでは評価ができる作品ではなくまずは読み進めることをオススメします。パズルにたとえると最初の単行本は枠組みを埋めていて、巻を追うごとに一枚の絵(世界に何が起きてどうするのか)になっていく感じでしょうか? ”生きていく”ということを実に力強く、鮮やかに、残酷に、美しく描いた作品だと思います。人類の絶滅した近未来に送られた若者たちが、生き抜くためのサバイバル生活を繰り広げる、過酷な生活だからこそ見えてくる、人間の本質に心が震える! 食べ物や住まいなど仲間同士で工夫して暮らす、漂流ものとしても楽しさも随所に感じさせる現時点で24巻まで発売されている読みごたえあるコミックス」






057
★恐い。 でも美しい…

25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)
(2011/09/23)
市川 春子

商品詳細を見る



い頃、弟の甲太郎の片目を失わせてしまった姉・西 乙女。

大人になり、優秀な海洋学者となった彼女は、自分の体を使って、ある壮大な実験を試していた…。

西 乙女は、休暇を取って久しぶりに甲太郎と再会する。

深夜25時の海辺にて乙女が甲太郎に見せたものとは・・・・。

Arika注目1h★Arikaの率直な感想と推薦ポイント!

「鉱物・生物/無生物・グロテスクを、一様に暖かい視点で包み込み、触れれば指先が切れそうに繊細な筆致で描きあげる世界はまさに現代日本に蘇ったボリス・ヴィアンと云えよう。SF的設定、過剰な姉弟愛、ツンデレ的愛情表現と全編を覆う現代的ギミック・ユーモアのセンスも素晴らしいがそういった表象の下に隠された純文学気質もなかなかのもの。聴覚・触覚・嗅覚・味覚・痛覚といった、コトバや目で見える要素を取り除いた感受性が、ほんと尋常ではないレベル。一言、傑作でも ちょっと怖くて、でもとってもきれいな不思議な世界が描かれている。姉弟愛を超えた、二人の深い愛情にも胸がときめく。また『月刊アフタヌーン』でスタートした新連載『宝石の国』もSFで面白く読んでいる 」







058
★はるか上空で暮らすということ・・・・

土星マンション 1 (IKKI COMIX)土星マンション 1 (IKKI COMIX)
(2006/10/30)
岩岡 ヒサエ

商品詳細を見る



球全体が自然保護区域となった近未来。

人々は上空地上35.000メートルに浮かぶ、土星の輪の形をした建物に暮らしていた。

その窓を拭くという危険な仕事に就いた孤独な少年ミツ。

父は、その仕事で命を落としていた・・・・。

Arika注目1h★Arikaの率直な感想と推薦ポイント!

「SFなのに仕事がなんか地味な窓拭きという少年が主人公。両親はおらず自立しているなんてのも昭和臭いし、屋台が並んでたり町の様子も懐かしい、それでいて未来的機械的な冷たさもあったりおもしろい設定。ある意味「銀魂」に近いかも。でっかいスケール観で描かれているようでも人間通しの心の通じ合い(特に父と子の関係)が微笑ましく切なくやさしく心が洗われる。しかしハッキリした格差社会もある。その中でたくましく生きていかなくてはならないのは現代と似ている。地球全体が保護区なんて状況も実はもうそこまで迫ってるかもしれない。ほのぼの読めるかと思いきや以外と色々感じる漫画だ。SF設定自体はものすごく練られたものと思いますし、リングシステムの発想がとにかくユニーク。色々なキーワードが出てきますが、SF漫画にありがちな押し付けがましい説明が無く、読みやすいです。そして、そこに乗っかる内容はというと、とっても心があたたまります。主人公「ミツ」をとりまくキャラクターも非常に魅力的です。時には残酷な感情が渦巻いたりもします。とにかく絶妙なバランスの「人情SF物?」に仕上がっています。さすが!!岩岡さんは、今のファンタジー作家として外せない人だけあります。絵柄も可愛いです。なんつーか、素朴な絵。誉め言葉として落書きのようなタッチがなんとも良い」




059
★そのりんごを食べてはいけない!

千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)
(2012/07/06)
田中 相

商品詳細を見る




俗色あふれるファンタジー。雪国のりんご農家に婿入りした、捨て子だった青年・雪之丞は、ある日、雪深い森で、季節外れに実をつけたりんごの巨木を発見する。

Arika注目1h ★Arikaの率直な感想と推薦ポイント!

「繊細で深い色合いを感じさせる画。静か、透明、涼しい雰囲気。自然に対する畏敬と憧憬。それらの著者の持ち味と、雪深いリンゴの村を舞台にして、土地と結びついた風習や信仰、日常と地続きで起こる怪奇な出来事を扱ったストーリーが絶妙で、引き込まれる。主人公の心の動きが丁寧にこまやかに描かれている。デビュー単行本『地上はポケットの中の庭』で一跳に注目を浴びた期待の新人作家の初連載作は初とは思えないほどなめらかな読み心地で、まさにこれからの作品が楽しみな作家さんであります。カバー裏、津軽林檎新聞の作りこみも素敵! 一見ほのぼのとした絵柄に中に、じんわり暗いものが滲む。 」






060
★タロットで、皇帝を救え!

アルオスメンテ(1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)アルオスメンテ(1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2011/02/25)
あき

商品詳細を見る



託を受ける『エンジェル』と呼ばれ、皇帝に仕えるレグナは、ある日「死んでしまえ」という皇帝に対する殺意を持った声を聞く。

殺害を止めるため、夢の中で行う儀式『賢者の夢(アルオスメンテ)』を試したレグナだが、犯人を突き止めるびは10枚のタロットカードを正しく配置することが必要だった。  

Arika注目1h ★Arikaの率直な感想と推薦ポイント!

「話は少し複雑で、複数の人間の思惑が入り乱れ絡まりあい、それがどこへ流れていくのか。いずれ激しい流れになるのかもしれないのに、静かに清らかに流れていく山の清水のような雰囲気があります。できれば、完結して全巻手元にそろってから、ゆっくり読み直したい、そんな作品です。皆成ってしまった悲しい現在を、坦々と、でもあきらめることなく進んでいっています。まだまだ、話が佳境にも入っていない気がしますが、とりあえずは「ランテ」「ダンテ」は明かされました。救いようのない悲惨な話でした。でも悲壮感は無かったです。登場人物たちの、受け入れてひたむきに前へ進もうとしている姿が、読後感を清涼に保ってくれるのでしょうか…。続巻も期待したいと思います。それにしても、洗練されたすっきりした絵を描かれる方です。だからといって動きが無いわけでは無いのがまたお上手だと思います」







F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



FC2 Blog Ranking




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック