FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(怪談本通信2013夏⑨) 鬼談百景/小野不由美

kage

2013/08/18 (Sun)

2013年夏。 かなり恐いけど是非おススメしたい怪談本をレビュー!

Arika報告書怪談


Arika報告書v

■主観を交えず淡々と描かれているからこその恐さがある

鬼談百景 (幽BOOKS)鬼談百景 (幽BOOKS)
(2012/07/20)
小野不由美

商品詳細を見る


Yさんの娘は、近頃ようやく単語をいくつか喋れるようになったところだ。

お気に入りの玩具は「みふぃ」のぬいぐるみで、お気に入りの遊びは「ぶらんこ」。

ぬいぐるみはYさん自身がお友達として買い与えたものだが、なぜブランコが好きなのかは、よく分からなかった。

あまりに「ぶらんこ」と言うので、公園のブランコに抱きかかえて坐ってみた。ところがこれは「ぶらんこ」とは違うらしく、ブランコに乗っていながら、「ぶらんこ」と言ってむずがる。

「いったい何なんだろうなあ」

小野不由美が描く九十九の怪異。

読むほどに不穏な闇は深まり、恐怖がいや増すーー。

百物語怪談文芸の最高傑作、ここに誕生!

『幽』好評連載に加え新作十八編を書き下ろし収録。





怪談本としてのガクブル度を5段階で評価してみました!?

ガクブル度1…

ガクブル度2… 

ガクブル度3…  

ガクブル度4…   

ガクブル度5…    





↑プチって押して頂けると励みになります。


怪談のガクブル度:     +実話系の見本のような作品




Arika注目1h大事にとっておいて何度もじっくり味わいながら読みたいのは小野不由美さんのこういう怪談です。

たぶん、昔、実際に行われた百物語で青い灯りの下に静かに語られたのはこういう話ではなかったかと思われます。後、『残穢』とのリンクも「おおっ」という感じでリアリティを増します。

読者から送られてきた手紙を元に作られたストーリーだけあって、設定がリアルで、どの話も本当にありそうで怖かった。

また、「悪夢の棲む家」の過去の事件を下敷きにしたと思しき話が収録されていて、「ゴースト・ハント」ファンとしては思わずニヤリ。

「鬼談百景」は実話を元にした創作、ととらえていたので、それが『残穢』を読むことで一気に「えっ、ちょっと待って。全部本当ですか?え?ええ?」という怖さを感じました。

そして恐い話だけでなく、不思議な話、何気ない話も織り込まれながら淡々と続く中でひたひたとした怖さを感じさせる本でした。





F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?


FC2 Blog Ranking




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック