FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

気になる作家の魅力*2(イラストレーター・いぬんこ)

kage

2013/09/20 (Fri)

2013年9月20日号
Arika作家紹介2

担当:ArikaArika報告書v1アイコン 

イラストレーター・いぬんこさん

おかめ列車おかめ列車
(2011/08)
いぬんこ

商品詳細を見る


『おかめ列車』の表紙をみれば明らかであるが、かなり画に特徴のある絵本である。

出版から1年も経たないうちに1万部を突破したという子供には強烈なインパクトを与えた絵本。

インパクトのある昭和テイストながら、日本古来の意匠や和のテイストも感じさせます。

「どこか滑稽な東洋図案を描く引礼屋(※1)として、めでたい絵を書き続けたい」といういぬいさん。

今や、荒唐無稽な展開をリアルな表情や動きで描き出した絵本には、子どもからお年寄りまでたくさんのファンがいます。




イラストレーター・いぬんこさんの魅力!?


本出版のきっかけは、Eテレの子ども番組「シャキーン!」のイラストに惚れこんだ編集者からのメール。

過去の作品を見せながらの打ち合わせ中、「これで行きましょう!」と指差されたのが「おかめ列車」だったそうです。

もともとは個展用に描いたキャラだったそうなのですが、その絵に初めてお話を試行錯誤を重ねながらつけ、出来上がったときには構想から1年が経過。


おかめ列車おかめ列車
(2011/08)
いぬんこ

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1人気イラストレーター、いぬんこさんの絵本デビュー作はまさに渾身。

パッと見、サブカル的な ちょっと実際に子供に見せるのはどうか…?と思わせる表紙なのですが実際に読んでみるとびっくり、子供の頃に見た最高にワクワクする夢そのものでした。

ページを開く度ごとの展開の意外性、ハラハラドキドキ、郷愁、若干、毒のあるユーモア、絵の配色、構成どれもすばらしく、読み終わって、すっかりアクの強い表紙を気に入っている自分がいました。

本当に楽しくて不思議で、大人の私でも何度もこの世界に浸りたいと思わせるのだから、これなら子どもの想像力を大いに刺激されるのも納得!

懐かしい昭和テイストの中、ユーモラスで幻想的なストーリーが展開し、しかも細部にまでこだわった絵は見飽きない楽しさ。だって、たこのたんこぶは小さなたこだし、最後はみ~んな眠ってるし、見返しにまで「間違い探し」と終わりの「しりとりゲーム」もあり、実に子ども心をくすぐります。




出版から1年も経たないうちに1万部突破したデビュー作に続き、続編『おかめ列車嫁に行く』が出版されました。

内容紹介は、おばあちゃんの家で、片付けのお手伝いをしていたこももちゃん。古いアルバムから、結婚式の写真を見つけます。

結婚式へ行ってみたくなってしまったこももちゃんですが、お兄ちゃんに無理だと言われます。

あきらめきれずにアルバムを見続けていると、変わった写真がありました。

「あれ? このしゃしんは?」とこももちゃんがゆびさすと、なんとその指がくわえられ…。


おかめ列車 嫁にいくおかめ列車 嫁にいく
(2012/07/25)
いぬんこ

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1『おかめ列車』の続編が登場。

絵本史上最強にインパクトのある列車が、なんと結婚!?

そうか、嫁に行くか・・・・で、誰のところに??? 

お相手は、いったいどんな奴と思いきや、お相手のひょっとこ特急便さんもかなり強烈メンで懐古的シュールな世界観がさらに加速だポー。結婚式に興味新々の兄妹と共にワクワク感で満たされながら、ちょっと不思議な読後感のある終着点へと導いてくれます。

前作に比べて乗り物としてよりも、キャラクターとしての人間味がより伝わってくる作品となっており、もう、なんだか目出度いモード全開で描かれており、良い意味でチープな雰囲気を漂わせた、懐かし画風もますます磨きがかかっています。




■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 イラストレーター・いぬんこさんが絵を担当した作品リスト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

「うれないやきそばパン」(作:富永まい 中尾昌稔/金の星社)

うれないやきそばパンうれないやきそばパン
(2012/09/26)
富永まい 中尾昌稔

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1イラスト担当のいぬんこ×「シャキーン! 」アートディレクション担当・映画「食堂かたつむり」監督の富永まい×新進気鋭の絵本作家・中尾昌稔 の3人が贈る子どもたちをひきつけてやまないインパクトとユーモア、懐かしさと温かさのつまったパンやさんの絵本。

食べ物のキャラクターは当然ながら、食べられるという宿命がある。

つまり、食べられたらこの世からいなくなってしまうのですが、それを当人らが”自分が選ばれたと喜ぶか、それともそこで人生が終わったと悲しむか”で絵本の世界観がきまってきます。本書の場合は前者なんですが、複数の身体に1つの人格というクローンのような設定になっているところが特徴的であり、食べられた後も同じキャラがパン屋の中で生まれ続るという輪廻転生が起こっています。

食べ物キャラを扱うときに、作り手はけっこう気をつかうものです。本書のキャラの場合は、店のおじいさんがパンに込めた想いを投影したものといえ、どのやきそばパンも同じだし、売れた後も全く同じパンが登場する。つまり、変わらず続いてて、いつでも会えるという魅力を食べられる側の視点で読者に伝えようとしたら、この世界観になったわけですね。と、勝手に解釈と納得をしてみる。

最後のお母さんのシーンにジーンとして、無性にやきそばパンが食べたくなりました。また、文字も少なくて読みやすくていいと思います。







「ここにいるよ ざしきわらし」(作:荻原浩/朝日新聞出版)

ここにいるよ ざしきわらしここにいるよ ざしきわらし
(2012/03/16)
荻原 浩、いぬんこ

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1座敷わらしってなあに? 座敷わらしを知らない子どもたちの世代に向けて、『愛しの座敷わらし』の著者が書き下ろす、こころ温まるオリジナル絵本。

2012年全国公開、映画「HOME 愛しの座敷わらし」(水谷豊主演)原作からのスピンアウト。

いぬんこさんのいつもの独特なカラー使いながら、印象は何て優しい表紙なんだと思いました。

本書では、ひいおばあちゃんが団らんの席で今の子どもたちに語るかたちで、座敷童について紹介しています。

かなり噛み砕いた内容ながら、ファンタジーの中に潜む生々しさにもしっかり触れられていました。

それでいて絵本としてもほのぼの楽しめる作りは見事。

子どもにとっては昔話や言い伝えの奥深さに眼を向けるいいきっかけになるのではないでしょうか!?

子どもには子どもの読み方が、大人には大人の読み方があるとは思いますが、誰もがきっと、この子に会いたい、この子を友達にしたいと思う、そんなストーリーであり、そんないぬんこさんの絵でした。






「ちんどんやちんたろう」(作チャンキー松本/長崎出版)

ちんどんや ちんたろうちんどんや ちんたろう
(2013/03)
チャンキー松本

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1つぶれかかった銭湯を救うために、少年が立ちあがった。

下町の商店街を舞台におくる、親子の愛と、友情の物語。

しんたろうはちんどん屋になりたい。稽古は苦しいけれど負けへんで。

銭湯がつぶれそうなんを知ったしんたろうは、ちんどんで宣伝することを思いつく。

それが、しんたろうの想いを込めたちんどんデビューとなるのやった。

目立ってなんぼの世界を描きつつ、親子の人情があったり、かわいいロマンスを忍ばせたり、ラストにサプライズがあったりと、大人には懐かしく、子どもには新鮮な駄菓子屋的味わいで心に響く中身もおおいに注目の作品です。

もうページを開く前から、賑やかな音が迫ってくる。

いぬんこさんのレトロなタッチが書店の棚でもチンドン屋のごとく目立ち弾けまくっていました。

目眩がしそうなくらいダイナミックな構図や、極彩色の乱舞に圧倒され、ひたすら濃い~世界が繰り広げられる。

そもそも、夫・チャンキー松本さん×妻・いぬんこさんのこの組み合わせで、淡くなるわけがない!!!





Profile

いぬんこ

昭和42年、東大阪出身。現在東京在住。

挿絵師。浮世絵や大津絵、引札に影響を受け、縁起と笑いを意識した大衆芸術的絵描きイラストレーターとして、Eテレ(NHK教育テレビ)の子ども番組「シャキーン!」をはじめ雑誌、書籍、広告、CDジャケット等の多様な媒体に、ファッションから落語等、幅広いジャンルのイラストを描く。


作品リスト
「おかめ列車」「おかめ列車嫁にいく」(長崎出版)
「うれないやきそばパン」(作:富永まい 中尾昌稔/金の星社)
「ここにいるよ ざしきわらし」(作:荻原浩/朝日新聞出版)
「ちんどんやちんたろう」(作チャンキー松本/長崎出版)など。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック