FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

Arikaが選ぶ2013秋季新作アニメ期待の作品を紹介します(PART5)

kage

2013/09/28 (Sat)

Arikaねこ2

(PART5)

ごきげんよう、Arikaです。

10月から秋季新作アニメが始まりますが、

Arikaが期待している秋季新作アニメを数回にわたってピックアップ!


*SuperSeisyunBrothers―超青春姉弟s―
*DIABOLIK LOVERS(ディアボリックラヴァーズ)
*ミス・モノクローム
*COPPELION コッペリオン

公式ホームページも貼っているので合わせてチェックしてみてください。

----------------------------------------------------------------------------------------
■Arikaが選ぶ2013秋季新作アニメ期待の作品を紹介します関連の記事はこちら↓
----------------------------------------------------------------------------------------
(PART1)境界の彼方/キルラキル/ガリレイドンナ/凪のあすから
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART2)俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している/のんのんびより/ストライク・ザ・ブラッド/ワルキューレロマンツェ
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART3)東京レイブンズ/ 機巧少女は傷つかない/蒼き鋼のアルペジオ/ アウトブレイク・カンパニー
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART4)てさぐれ! 部活もの /世界でいちばん強くなりたい /勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました /京騒戯画
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART6)IS<インフィニット・ストラトス>2 /声優戦隊ボイストーム7/ ぎんぎつね/ ゴールデンタイム
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART7)BLAZBLUE ALTER MEMORY /pupa(ピューパ)/ サムライフラメンコ/ 夜桜四重奏 ハナノウタ/リトルバスターズ!~Refrain~
└────────────────────────────────────────────────────────────




Arika報告書y


SuperSeisyunBrothers―超青春姉弟s―

SSB―超青春姉弟s―(スーパーセイシュンブラザーズ) (1) (ポラリスCOMICS)SSB―超青春姉弟s―(スーパーセイシュンブラザーズ) (1) (ポラリスCOMICS)
(2013/10/15)
慎本真

商品詳細を見る



本真による日本の漫画作品。ウェブコミック配信サイト『COMIC ポラリス』にて連載中。略称は「SSB

見た目はいいけれどなんだか残念なところのある新本姉弟と、見た目はいいけれど不思議系な斉藤姉弟。

それぞれ姉同士・弟同士は親友で、毎日自由すぎる会話を繰り広げながら青春を駆け抜けていく“超日常青春コメディアニメーション”。

STORY
姉同士が親友で、弟同士も親友という2組の姉弟の日常をコメディタッチで描く。

■スタッフ
原作:慎本真(WEBコミック誌「COMICポラリス」連載中)
監督:たかたまさひろ
シリーズ構成:金春智子
キャラクターデザイン・総作画監督:森島範子
衣装デザイン:玉戸さお
美術監督:中村嘉博
色彩設計:日比智恵子
コンポジットディクレター:田中浩介
編集:右山章太
音響監督:濱野高年
アニメーション制作:AIC PLUS+
製作:AIC

■主題歌
エンディングテーマ「私になりたい私」作詞・作曲・編曲 - 六弦A助 / 歌 - 六弦アリス(とらのあなレコーズ)

■キャスト
新本 チコ(しんもと ちこ) 声 - 山本希望
新本 チカ(しんもと ちか)声 - 逢坂良太
斉藤 マコ(さいとう まこ)声 - 茅野愛衣
斉藤 マオ(さいとう まお)声 - 石川界人

放送局/放送日時
□ テレビ東京:09/13(金) 25:35~
□ AT-X:10/13(日) 19:55~

■アニメ公式サイト:SuperSeisyunBrothers―超青春姉弟s―

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3ふた組の姉弟による超日常青春コメディー
自分のことが大好きで、外見は可愛い&カッコイイのに若干中身が残念な新本姉弟。美人&クールでモテるのに、不思議オーラ全開な斉藤姉弟。姉同士も弟同士も親友だというこのふた組のちゃっと変わった姉弟は、毎日が自由すぎる会話を繰り広げながら、悩み多き青春時代を明るく駆け抜けていくこのアニメ。

このアニメの見どころといえば、一見、普通でそうに見えて普通ではない会話をする姉弟たちの姿を、力を抜いてゆるりと楽しむことが出来るところだろうと思う。


SSB―超青春姉弟s―





DIABOLIK LOVERS(ディアボリックラヴァーズ)

DIABOLIK LOVERS 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)DIABOLIK LOVERS 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
(2012/11/30)
B’s‐LOG編集部

商品詳細を見る


ーム×シチュエーションCD×生放送 禁断のマルチメディア乙女コンテンツ。ドSヴァンパイアな彼に迫られながら、吸血(愛)されるという疑似体験アニメ。

STORY
主人公・小森ユイはごく普通の高校生。ただ小さい頃から少し周りで変わったことが起きるだけ。高校二年生になったとき、父の転勤のため神無町という街の学校に転校することになる。転校先は「嶺帝学院高校」という、芸能人やセレブの為の夜間学校。その一見華やかにみえる裏で、不吉な噂が絶えず囁かれている学校だった。

いわくつきの噂の中には「ヴァンパイアに襲われた生徒がいる」というものも……。

そして、居候先である父の親戚の逆巻家は、

街でも噂の最悪な六人兄弟が住む『オバケ屋敷』と呼ばれる場所で――。

突然、性格最悪なイケメン六人兄弟と同居することになった主人公。

しかも彼らはただの人間ではなく…………。

──何かに引き寄せられるような小さな期待を感じながら、

不安と恐怖の新しい生活が始まろうとしていた。


■スタッフ
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・Rejet)
キャラクター原案:さとい
監督:田頭しのぶ
シリーズ構成:長津晴子
キャラクターデザイン:八尋裕子
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ゼクシズ
製作:DIABOLIK LOVERS PROJECT

■主題歌
「Mr.SADISTIC NIGHT」逆巻アヤト(CV.緑川光)&逆巻シュウ(CV.鳥海浩輔)

■キャスト
小森ユイ 声-末柄里恵
逆巻アヤト 声-緑川光
逆巻カナト 声―梶裕貴
逆巻ライト 声―平川大輔
逆巻シュウ 声―鳥海浩輔
逆巻レイジ 声―小西克幸
逆巻スバル 声―近藤隆
・・・など

放送局/放送日時
□ AT-X:09/16(月) 23:30~
□ ニコニコ生放送:09/21(土) 25:30~

■アニメ公式サイト:DIABOLIK LOVERS(ディアボリックラヴァーズ)

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3ヴァンパイや6兄弟の誰がユイの血を吸血するのか…!?
もとは乙女ゲーム×シチュエーションCDの禁断のマルチメディアコンテンツ。

個性的な性格ばかりのヴァンパイア6兄弟と同居することになった小森ユイ。彼女は6兄弟と触れることで、少しずつ何かに目覚めていく。そして6兄弟も彼女の血を求めるようになっていきが話の筋。

1話の場面では想像も出来ない行動をとる6兄弟に翻弄されるユイの様子が見て取れ、妹・ユイは果たして、どの兄弟に吸血されるのか? そしてその先にどんな運命が待っているのだろうか? やはり、見どころはそこに尽きるだろう!





ミス・モノクローム

ミス・モノクローム

ともと声優・堀江由衣のライブイベント「堀江由衣をめぐる冒険Ⅲ~Secret Mission Tour~」の中で登場したキャラクターで、色のない世界を司っており、世界をモノクロに染め上げようとしている。ツアーの終了後もキャラクター展開が続き、今回「堀江由衣がキャラクター原案」の作品としてアニメ化されることになった。

STORY
「もっと前に出たい!」という思いを実現するため、ミス・モノクロームは売れっ子アイドルを目指して活動を開始するも、その天然な性格で周囲を振り回していくという物語。

■スタッフ
キャラクター原案:堀江由衣
監督:岩崎良明
シリーズ構成:ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン:森本由布希
キャラクターデザイン協力:中村直人
音響監督:明田川仁
音楽:大川茂伸
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:ライデンフィルム、サンジゲン
製作:ミス・モノクローム製作委員会


■主題歌
ミス・モノクローム(Cv.堀江由衣)

■キャスト
ミス・モノクローム 声 - 堀江由衣
マネオ 声 - 藤原啓治
KIKUKO 声 - 井上喜久子
マナ 声 - 神田朱未
・・・など

放送局/放送日時
□ テレビ東京:10/01(火) 25:35~
□ AT-X:10/08(火) 21:25~
□ ニコニコチャンネル:10/01(火) 25:40~
□ バンダイチャンネル:10/03(木) 12:00~
□ ネット配信他5サイト

■アニメ公式サイト:ミス・モノクローム

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3声優・堀江由衣が考案した美少女キャラがTVに登場!
2012年3月に行われた声優・堀江由衣のライブイベント「堀江由衣をめぐる冒険Ⅲ~Secret Mission Tour~」の中で登場した3Dキャラクター・モノクローム。ツアーの終了後もキャラクター展開が続き、今回「堀江由衣がキャラクター原案」の作品として遂にアニメ化。

見どころは、天然な性格で周囲を振り回すも、いつも一生懸命なミス・モノクロームの姿を見れば、元気づけられるところ。もちろん声は堀江由衣さん。





COPPELION コッペリオン

COPPELION(1) (ヤンマガKCスペシャル)COPPELION(1) (ヤンマガKCスペシャル)
(2008/10/06)
井上 智徳

商品詳細を見る


上智徳による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2008年28号から2012年23号(5月7日発売)まで連載の後、『月刊ヤングマガジン』(同社)へ移籍して同年6月号(5月9日発売)から引き続き連載されている。

「コッペリオン」と呼ばれる特殊能力者たちの活躍を描いた、アクション漫画。残留放射能に満ちた無人の廃墟が広がるディストピアであり、緑に満ちた野生の王国もしくは異界と化した東京都内が主な舞台となっている。また、政治や外交に対する風刺描写が盛り込まれている。

STORY
西暦2036年、お台場の原子力発電所で起きたメルトダウンにより東京は死の街と化した。

遺伝子操作によって放射能抗体を持った「コッペリオン」である荊、葵、タエ子は、陸上自衛隊の特殊部隊として、重大な任務を受けて東京を目指す。

■スタッフ
原作 - 井上智徳(講談社「月刊ヤングマガジン」連載)
監督・キャラクターデザイン - 鈴木信吾
シリーズ構成 - 中村誠
シリーズディレクター - 工藤進、金澤洪充
総作画監督 - 古田誠
メカデザイナー - 大久保宏
美術監督 - 野村正信、松浦隆弘
色彩設定 - 小松さくら、斉藤友子
撮影監督 - 江間常高、福士亨
編集 - 田所さおり
音響監督 - 高橋秀雄
音楽 - 遠藤幹雄
音楽制作 - スターチャイルドレコード
アニメーション制作 - GoHands
製作 - コッペリオン製作委員会

■主題歌
オープニングテーマ「ANGEL」歌 - angela
エンディングテーマ「遠くまで」歌 - angela

■キャスト
成瀬荊(なるせ いばら)声 - 戸松遥
野村タエ子(のむら タエこ)声 - 明坂聡美
深作葵(ふかさく あおい)声 - 花澤香菜
黒澤遥人 声―鈴村健一
小津歌音 声―堀江由衣
小津詩音 声―坂本真綾
三島鬼平 声-小山力也
…など

放送局/放送日時
□ AT-X:10/02(水) 21:00~
□ BS11:10/04(金) 23:30~

■アニメ公式サイト:COPPELION コッペリオン

----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3ついにアニメになるんか…良かった
2010年9月頃にアニメ化の決定が発表されたが、2011年3月の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や福島第一原子力発電所事故の発生以降、アニメ化に関する情報は公表されなくなっていたので、まずが放送にこぎつけられただけでもよかった。

アニメ化に際しては作中の時代設定が「西暦2036年」から「西暦20XX年」へ、舞台設定が「東京都」から「旧首都」へそれぞれ変更されたほか、「放射能汚染」が「汚染」へ、「原子力発電所で発生したメルトダウン」が「事故」へそれぞれ簡略かつ曖昧にされるなど、上記の現実情勢を考慮したアレンジが加えられている。

監督・キャラクターデザインを鈴木信吾、シリーズディレクターを工藤進と金澤洪充、そしてアニメーション制作をGoHandsがそれぞれ担当するなど、2012年のテレビアニメ『K』のメインスタッフが参加しているので作画は期待できそうかなとは思う。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック