FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

Arikaが選ぶ2013秋季新作アニメ期待の作品を紹介します(大本命)『マギ』(2期)

kage

2013/10/01 (Tue)

Arikaねこ2

(PART9)

ごきげんよう、Arikaです。

10月から秋季新作アニメが始まりますが、大本命『マギ』(2期)をピックアップ!

マギ 17 (少年サンデーコミックス)マギ 17 (少年サンデーコミックス)
(2013/05/17)
大高 忍

商品詳細を見る


高忍による少年漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)2009年27号から連載中。『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)から移籍してきた大高の移籍後初の作品。『千夜一夜物語』をモチーフにした冒険活劇で、登場人物の名前の一部も『千夜一夜物語』から採られている。話数カウントは「第○夜」(テレビアニメ版も同様)。コミックスの累計発行部数は1巻から16巻で累計1000万部を突破している(2013年4月時点)。

2012年10月から2013年3月までテレビアニメが放送され、続編の制作も発表された。

また、『週刊少年サンデー』(小学館)2013年23号より、登場人物の一人・シンドバッドを主人公とした外伝『マギ シンドバッドの冒険』の連載を開始した。漫画は大寺義史が担当している。

STORY
謎の遺跡「迷宮」のある大陸を旅する少年・アラジンは、大富豪を夢見るアリババと出会い、共に秘宝を手にするため迷宮攻略を目指す。元奴隷のモルジアナ、七海の覇王・シンドバッドらとの出会い、そして様々な戦いや別れの中で、アラジンは自らの宿命を見いだしていく。2012年10月から2013年3月にかけて「シンドリア編」が放送され、今回はアラジンの留学先である『マグノシュタット』を舞台に、ティトゥスやスフィントスたちとの出会い、そして新たな冒険が繰り広げられる。

『マグノシュタット編』・・・とは!?
マグノシュタット学院とアル・サーメンの関係を探るためマグノシュタットに留学したアラジンは、1年間で実力を伸ばし優秀特待生になっていた。その中で、レーム帝国のマギ、シェヘラザードの部下である天才魔導士ティトスと出会う。そんなある日、ティトスとルームメイトのスフィントスと共に、5等許可区の国民がマグノシュタットの地下で魔力を吸い上げられていることを知る。そのことを学長であるモガメットに抗議するも想いは通じず、さらに、ティトスの「死にたくない」という気持ちが原因でマグノシュタットとレーム帝国、そして煌帝国を交えた三つ巴の戦争が始まってしまう。

■スタッフ
原作:大高忍(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:舛成孝二
シリーズ構成:吉野弘幸
シリーズ演出:林直孝
キャラクターデザイン・総作画監督:赤井俊文
コンセプトデザイン:竹内志保
エフェクトアニメーション:橋本敬史
美術監督:川本亜夕
美術設定:谷内優穂
色彩設計:鈴木依里
撮影監督:関谷能弘
編集:三嶋章紀
音響監督:菊田浩巳
音楽:鷺巣詩郎
制作:A-1 Pictures
製作:マギ製作委員会

■主題歌
オープニングテーマ「ANNIVERSARY」歌 - シド
エンディングテーマ「エデン」歌 - Aqua Timez

■キャスト
アラジン:石原夏織
アリババ:梶裕貴
モルジアナ:戸松遥
シンドバッド:小野大輔
ジュダル:木村良平
ジャーファル:櫻井孝宏
マスルール:細谷佳正
シャルルカン:森久保祥太郎
ヤムライハ:堀江由衣
ピスティ:大久保瑠美
スパルトス:羽多野渉
ドラコーン:杉田智和
ヒナホホ:藤原啓治
練白瑛:水樹奈々
李青舜:瀬戸麻沙美
練紅玉:花澤香菜
練白龍:小野賢章
カシム:福山潤
ウーゴくん:森川智之
・・・など

放送局/放送日時
□ MBS・TBS系:10/06(日) 17:00~
□ バンダイチャンネル:10/27(日) 12:00~

■アニメ公式サイト:マギ2期



----------------------------------------------------------------------------------------
■Arikaが選ぶ2013秋季新作アニメ期待の作品を紹介します関連の記事はこちら↓
----------------------------------------------------------------------------------------
(PART1)境界の彼方/キルラキル/ガリレイドンナ/凪のあすから
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART2)俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している/のんのんびより/ストライク・ザ・ブラッド/ワルキューレロマンツェ
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART3)東京レイブンズ/ 機巧少女は傷つかない/蒼き鋼のアルペジオ/ アウトブレイク・カンパニー
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART4)てさぐれ! 部活もの /世界でいちばん強くなりたい /勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました /京騒戯画
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART5)SuperSeisyunBrothers―超青春姉弟s― /DIABOLIK LOVERS(ディアボリックラヴァーズ)/ミス・モノクローム /COPPELION コッペリオン
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART6)IS<インフィニット・ストラトス>2 /声優戦隊ボイストーム7/ ぎんぎつね/ ゴールデンタイム
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART7)BLAZBLUE ALTER MEMORY /pupa(ピューパ)/ サムライフラメンコ/ 夜桜四重奏 ハナノウタ/リトルバスターズ!~Refrain~
└────────────────────────────────────────────────────────────
(PART8)2013秋、熱血スポ根㊚祭りだw!!/はじめの一歩 Rising
/黒子のバスケ 第2期/ ダイヤのA/ 弱虫ペダル

└─────────────────────────────────────────────────────────────









Arikaアイコン(小)3みんな、準備はいいかい? 今度の旅は手ごわいぞ~!!
『マギ』の続編! 新コスチューム=魔法服を着たアラジンや新キャラクターの登場などなど「新」要素満載の2ndシーズン。

キミは見たかい? 『マギ』新章のPVを!!!



怖い顔をした人たち、咆哮する巨人、そしてアラジンの激烈魔法シーン! 「おねいさぁ~ん❤」とか言って、ムニュムニュしていたショタはどこいったんだろう?

『マギ』は魔法使いの少年アラジンと彼に「王の器」を見出されたアリババの成長を描く旅の冒険物語。前作ではアリババの故郷バルバッドの危機で戦い、シンドリア王国で迷宮攻略にも向かった。続編ではどんな冒険が待っているのか?、と思ったら、恐るべし『マギ』ワールド! 魔法世界は縦横無尽! 

PVは冒険どころか「戦争」だったぞ!? 

私がPVの何に驚いたかと言えば、まさか原作のあんな先の展開をイメージしてPVを作られるとはでした。これはアニメスタッフの原作でもかなり先の”そこまでやりゼ!!”というかなりの意気込みと捉えた。

この世界に何か大きな力が働き、様々な国や組織で、混乱が起きている。続編は”マギとしてのアラジンが、世界を知る物語”であり、あのPVは見どころの一端を先出ししたにすぎないのであろう。

世界が相手という事は、競う国々もわんさか登場し、前作では名前は知られていたマグノシュタットやレ―ム帝国、そして未知なる国々も出てきて手ごわい旅になることだけは間違いない!!

マギ2人

私が1期を視察していて、気になったのはチラッと出てきた、この2人の女性。

どうも2期で、その正体が明らかになるのは間違いない!!!!






Arika報告書y

物語がが進むにつれ、その度に各国の出来事や感想を追加していきます。

img527.jpg

(マギ1期を振り返るMAP)冒険者が集うオアシス都市『チーシャン』

■黄牙族の村(工事中)

■中央砂漠(工事中)

(マギ2期を10倍楽しむNAP)練兄弟姉妹の国『煌帝国』

■デリンマー(工事中)

■バルバッド王国(工事中)

(マギを10倍楽しむMAP)旅の始まり『シンドリア』

(マギ2期を10倍楽しむMAP)レーム帝国

■トランの民の島(工事中)

■暗黒大陸(工事中)

■マグノシュタット(工事中)



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック