FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(10月の特集「大人な秋の過ごし方」…アニメ)ルパン三世 2nd series

kage

2013/10/25 (Fri)

pick Up!
Arika大人の秋の過ごし方5



「大人の秋」ではなく、「大人な」

―――― いくつになっても、ちょっと背伸びした気持ちを持つ続ける人を大人と呼びたい

そしてそんな雰囲気をまといながら楽しむ秋の夜長に、

いい相棒になってくれそうなアニメをご紹介します。



Arika報告書v

★ルパンの人気を不動のものにしたシリーズ第2弾!


ルパン三世 second-TV. BD-BOX VI [Blu-ray]ルパン三世 second-TV. BD-BOX VI [Blu-ray]
(2009/12/23)
山田康雄、小林清志 他

商品詳細を見る



■声の出演
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
峰不二子 - 増山江威子
石川五右ェ門 - 井上真樹夫
銭形警部 - 納谷悟朗


放送時間-1977年10月3日から1980年10月6日(全155話)
原作 - モンキー・パンチ
企画 - 藤岡豊(TMS(ノンクレジット))、吉川斌(NTV)、小坂敬(NTV(ノンクレジット))
監修 - 鈴木清順(第52話 - )
音楽 - 大野雄二
プロデューサー - 高橋靖二(NTV)、高橋美光(TMS)
シリーズ構成 - 大和屋竺(第52話 - )
文芸担当 - 飯岡順一
キャラクターデザイン - 北原健雄
作画監督 - 北原健雄、児玉兼嗣、朝倉隆、丹内司
作画監督補 - 児玉兼嗣、朝倉隆
原画 - 青木悠三、大塚康生、友永和秀他
作画監修 - 大塚康生(テレコム回の一部参加)
美術監督 - 龍池昇、清水一利
美術設定 - 曽我元、橋本三郎、山本二三
撮影監督 - 小林健一、長谷川肇
録音監督 - 加藤敏
選曲 - 鈴木清司
音響効果 - 橋本正二、糸川幸良(宮田音響)
制作担当 - 堀越とおる(NTV)、仙石鎮彦(TMS)
レイアウト - 葛岡博
現像 - 東京現像所
制作協力 - 東京ムービー、テレコム・アニメーションフィルム
製作 - 東京ムービー新社



■主題歌
★オープニングテーマ
「ルパン三世のテーマ」(第1話〜第26話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド
「ルパン三世のテーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)」(第27話〜第51話)唄 - ピートマック・ジュニア
「ルパン三世'79」(第52話〜第103話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド
「ルパン三世'80」(第104話〜第155話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド

☆エンディングテーマ
「ルパン三世 愛のテーマ」(第1話〜第26話)演奏 - ユー&エクスプロージョン・バンド
「ルパン三世 愛のテーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)」 唄 - 水木一郎
「ラヴ・スコール」(第52話〜第103話) 唄 - サンドラ・ホーン
「ラヴ・イズ・エヴリシング」(第104話〜第155話) 唄 - 木村昇



ルパン三世のシリーズ中で、最も有名なシリーズである。現在まで引き継がれる「ルパンのモンキー面」や「赤いジャケット」のイメージ、テーマ曲「ルパン三世のテーマ」もこのシリーズで生まれたものである。

前作『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(以下、『TV第1シリーズ』)は、本放送時は低視聴率から打ち切りになったが、再放送にて高視聴率をあげていた。これを受けて本作品は、『TV第1シリーズ』後半の方向性を継承して、家族全員が楽しめるファミリーアニメとして放送された。とは言え、長期に渡る放映期間の中で、ハードボイルドなエピソードから、脚本の浦沢義雄と作画の青木悠三のコンビによるスラップスティック調のコメディーまで、多彩なエピソードを幅広く揃えるのもこのシリーズの特徴である。ヒロインの峰不二子が肉感たっぷりのグラマラスなビキニの水着姿を披露している回が比較的多いのもこのシリーズであった。

日本テレビ系放映ながらプロ野球中継、大晦日特番、正月特番がない月曜日という恵まれた時間帯だったこともあり、3年間に155話が製作され、ルパン三世のTVアニメ全3シリーズ中、最も長期間放映された。また本作放送中の1978年と1979年には、劇場映画作品が2作製作されている(『ルパン三世 ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 カリオストロの城』)。

物語後半からであるが、日本のTVアニメで初めてステレオ放送された。







おなじみの赤ジャケットの仲間思いの人情派「ルパン」

1980年代のアニメ作品には、再放送がきっかけで大ブレークするものが少なからず存在します。

『ルパン三世』の続編もやはり、第1シリーズの再放送がきっかけで制作が決定!

30代、40代の方が「ルパンといえば?」と尋ねられて思い浮かべるのは、ほとんどがこの第2シリーズの赤のジャケットをまとったルパンだろう。

第1シリーズの後半も、主流はやはりコメディタッチのアクションでしたが、しかし、ルパン、次元、五右ェ門、不二子、銭形警部というレギュラー5人が織り成す、コミカルなルパンファミリー的ノリが前面に押し出したのは第2シリーズからでした。

スタイリッシュで仲間思いの人情派なルパン像=赤いジャケットのルパン。

多くのファンが安心できるのは、この図式ではないでしょうか?  


ルパン三世2シーズン1a


視聴率が好調だった本作はいく度となく再放送され、その後のテレビスペシャルの礎を作った。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック