FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

ようこそ! キーワードでひも解く「村上春樹の世界へ」…好きだから読める『Haruki Murakami』

kage

2013/11/13 (Wed)

Arika村上春樹の世界へ

keyword2…好きだから読める『Haruki Murakami』

村上作品が、翻訳・出版されている国と地域は、40以上。


世界中で愛される「Haruki Murakami」の洋書に注目してお勧め8作品。

プラスαで、参考までに高卒の私でも『英訳でも読めるオススメベスト4(TOEICレベル付き)』でご紹介!






F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



FC2 Blog Ranking



↑プチって押して頂けると励みになります。




The Elephant VanishesThe Elephant Vanishes
(2001/02/08)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h村上春樹の英訳版に挑戦したいなと思ってる方には最初の一冊としてお勧めです。短編集なので集中して読みやすいですし、長編を読む足がかりになるのではないでしょうか。言語の壁を超えて村上春樹の不思議ワールドを共有する喜びをもらえます。「パン屋再襲撃」は雰囲気が英語と妙にマッチしていてどちらが原文だか錯覚するほどの完成度。人物や場所の固有名詞が出てこない作品が多いので、英語で読んでも違和感なくすんなり入っていけると思います。外国人のお友達にも是非勧めてほしい一冊です。





Norwegian WoodNorwegian Wood
(2003/07/04)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Norweigian Wood (ノルウェイの森 英語版)Norweigian Wood (ノルウェイの森 英語版)
(2010/11/27)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h原書は当然あの有名な『ノルウェイの森』です。翻訳物を読むとき、時として「何か違う」と感じてしまうことがあります。しかし、この Jay Rubin 訳の『Norwegian Wood』は物語の中に簡単に入ってしまい、夢中になり、途中、英語訳を読んでることさえ忘れてしまいます。本当に訳者は丁寧に、原書(日本語)の雰囲気を大切にしながら言葉を選んでいます。村上春樹の古くからの読者、新しい読者、両方にお薦めです。また、英語学習をかねて読むのなら、あまり難しい単語を気にせずに、流れを大切に読み進めたほうがいいと思います。最後まで村上春樹独特の内面の葛藤と時空をこえたストーリー展開が楽しめました。細かな描写も丁寧に翻訳されており奥深い世界が描かれている。主人公の二十歳になる前後の時代がメインであるが、読み終えて後最初の部分に戻ると主人公は37才となっているが尚Naokoの事を思っているという繋がりが見て取れるが、その間の十数年間に何が有ったかとの思いを寄せるのは私だけだろか? とにかく、ここまで「読ませる」小説、なかなかありませんよね。





1Q84 Sampler1Q84 Sampler
(2011/10/04)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h原書は『1Q18』です。日本語で読んでいたので、サンプルの文章はすんなりと理解できた。

「1Q84』の内容については、ベストセラーにもなっただけにお勧めです。

英語の勉強にもと言う方は、とても長い物語なので確実に実力はつくと思いますよ。





The Wind-Up Bird ChronicleThe Wind-Up Bird Chronicle
(2010/04)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h原書は『ねじまき鳥クロニクル』です。日本語では何冊かに分かれているけど、ちょっと分厚いとは言いながら英語版は一冊なのがいいですね。しかし、これも原作がそのまま英語になっていて、非常に楽しめる一冊です。一気に読んでしまいました。井戸の中、笠原メイ、クレタとマルタ、そしてワタヤ・ノボルと変てこりんな設定やキャラクターの面白さお茶目さが瑞々しく蘇って来て、「ムラカミの英語訳読みは本当に面白い」と再確認させてくれた作品です。表紙のねじまき鳥はちょっとイメージが違うけどなあ・・・。
他の作品でもそうですが、村上春樹さんの小説は元々英語に訳すことを前提に書いているのではないかと疑ってしまうほど自然に翻訳されています。読みながら日本語が浮かんできます。不気味な描写のところもまたしかりです。ただし、かなり長い小説なので日本語で読んでいない方はちょっとしんどいかもしれません。大きさの面ではハードカバー3冊と比べるとかなり小さく軽くまとまっています。その分字が小さいのが欠点ですけれどね…。





Hard-Boiled Wonderland and the End of the WorldHard-Boiled Wonderland and the End of the World
(2010/02)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h原書は『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』です。実際読んでみると、割と思っていた通りの文体で安心しました。あくまで個人的な感想ですが、何気ない描写を細かくしつこく説明するところで翻訳には耐えららない個所はありますが、全体的に原作のイメージを大きく損なうこともなく、特に「世界の終わり」のパートではオリジナルを読んだときと同じような美しく幻想的な世界が想像できてとてもよかったです。
反面、「ハードボイルド」パートでは、少し苦戦しました。日本語だと難しい単語が出てきても、この単語はこういう意味だ!と理路整然と説明はできなくても漢字の雰囲気や組み合わせでイメージしやすいのですが、英語だと単語を知らないと??となってしまうことが多々ありました。私の英語力が乏しいせいなのですが、neurophysiologistとか。わかんね。逆に日本語だと「なんだその堅い単語」と思っても英語だと簡単とかもありますが。表層的混乱とか。一章一章の区切りも短いですし、時間のあるときにちょこちょこと読めるのでいいです。





After the QuakeAfter the Quake
(2003/12)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h原書は『神の子どもたちはみな踊る』の英訳本である。訳者のジェイ・ルービン氏の翻訳は日本語原文に忠実である。「当たり前じゃないか」と思われるかもしれないが、村上春樹の著作の別の翻訳者アルフレッド・バーンバウム氏の訳文と比べると、その忠実な翻訳ぶりが際立つ。異論はあるかもしれないが、村上春樹が現代日本文学の代表をなすひとりであることは間違いないだろう。「村上の美しい日本語がどのような英文になる/なりうるのか?」・・・そういう疑問を持つ人も多いと思う。センスある英語を身につけたい人にもお勧めである。おそらく、読む者の国籍に関わらず心に触れるものがこの本の底流にあるためだと思われる。





Blind Willow, Sleeping WomanBlind Willow, Sleeping Woman
(2007/07/01)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h原書は『螢・納屋を焼く・その他の短編』は村上春樹の短編小説集。春樹さんの何冊かの短編集を1冊に集めたものです。日本で出版された小説では序文はついていませんが、この英訳本には春樹さん自身の序文がついていました。短編は集中して書くと1週間ぐらいで書き上げられること、短編をもとにして長編を書いていることなど著者の小説に対する講釈が大変面白かったです。英訳を読んだ後、日本語原文を読んだのですが、読後感はあまり変わりませんでした。





What I Talk about When I Talk about Running: A MemoirWhat I Talk about When I Talk about Running: A Memoir
(2009/03/01)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


Arika注目1h村上さんの英語版のエッセイを読むのは初めてだったが、思いのほかよかった。走ってきたこと、走ること、小説家が走ること・・・。走ることと小説を書くことのかかわりや、走ってきたこととともに垣間見させる村上氏の歴史や生態が、英語の勉強がてらにいくつかの長編を読んでるだけでも面白かった。英語では話す仕事をするが、日本語ではやらない理由なども書かれていた。ただ、実際の走りに関しては、語る割には、はやくないようだ。完「走」を是とすることと表裏一体で、それが彼のスタイルなのかもしれないが…。
英訳はPhilip Gabriel氏。とても読みやすい。小冊なのでマスマーケット版でも開きにくくなく、活字も読みやすい。





■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

村上作品の英訳版は、日本語版同様に、内容はともかく、事実が簡潔に書かれていて文章として読みやすい。

一度日本版で読んだ作品を、少し時間をおいてから英語版で読むのがおススメ!

これなら、作品によっても多少違いますが、だいたい英検準2級程度の英語力でも読めます。



高卒のArikaでも『英訳でも読めるオススメベスト4』(TOEICレベル付き)

after dark
(アクターダーク)

After DarkAfter Dark
(2008/04/29)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


TOEIC500点程度の人なら、日本語版を読んだ後の再読で読めるレベル!!




Norwegian Wood
(ノルウェイの森)

Norwegian Wood (Vintage International)Norwegian Wood (Vintage International)
(2011/01/25)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


日本語版を読んだ後の再読ならTOEIC400点台でも読破可能。初心者におススメ!!





Hear the wind sing
(風の歌を聴け)


風の歌を聴け―Hear the wind sing 【講談社英語文庫】風の歌を聴け―Hear the wind sing 【講談社英語文庫】
(1997/04/01)
村上 春樹、アルフレッド・バーンバウム 他

商品詳細を見る


センテンス長めで難易度高し! TOEIC600点以上の実力向き。




Kafka on the Shore(海辺のカフカ)
Kafka on the ShoreKafka on the Shore
(2005/01/18)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


日本語版を読んだ後の再読ならTOEIC500点前後。いきなり読むなら600点以上程度。


その際、全てを理解する必要はありません。

単語の意味がわからなくても辞書を引かずに、物語全体を楽しみのがコツですよ。


--------------------------------------------------------------------

 村┃上┃ト┃リ┃ビ┃ア┃2
 
自分が書きたいときのみ小説を書く村上さんは、小説を書きたくない時は翻訳をしているらしい。

ちなみに小説を書く時は基本的に音楽を聴かないが、翻訳の場合は音楽を聴きながらやっているらしい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック