FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(秋味を炊き込む①)松茸とぎんなんの炊き込みご飯

kage

2013/11/25 (Mon)

Arika料理b

【特集】秋味を満喫する炊き込みご飯①…松茸とぎんなん



秋が旬の素材は、炊き込みご飯にぴったり!

新米が出回って、お米そのものが美味しい季節ですから、炊き込みにすることで美味しい実りをたっぷり満喫できます。

松茸は、軸が太くてしっかりしているものを選ぶと、美味しい。

大きめに切って、独特の歯ごたえを楽しんでケロ♪




FC2 Blog Ranking

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります。





 材 料
g14.gif
(4~5人分)

米…3合

松茸…3~4本

ぎんなん(殻を取ったもの)…50~60g

だし汁…約540ml(出し汁は昆布とかつお節でとったものを使っています)

酒、しょうゆ、塩





作り方
g1.gif

■下ごしらえ
さっと洗ったら、水けをかるく拭く!
きのこ類は、洗うと風味が落ちると言われていますが、汚れが気になる場合はさっと水洗いします。短時間で洗って、かるく水けを拭き取る程度なら、香りはとびません。

包丁で削るように、石づきを落す!
石づきの部分は固いのですが、切り落してしまうのはもったいないので、薄く削るようにして包丁で切り落とします。

うまみを引き出すために、下味をからめておく!
松茸事態に、ほんの少量ですが、下味をさっとからめておきます。独特のうまみを生かす隠し味に…。




1:米をといでざるに上げ、水けをきって炊飯器の内釜に入れる。酒大さじ2を加え、3合の目盛りのところまでだし汁を注ぎ入れて最低20~30分おく。


2:鍋に湯を沸かし、塩少々を加えてぎんなんを入れる。おたまの背でゴロゴロころがしながらゆで、薄皮をむいてざるに上げる。


3:松茸は「下ごしらえ」を参照してさっと汚れを洗い落し、堅く絞ったふきんでかるく拭く。包丁で石づきを削り取る。縦半分に切ってから厚さ3~4㎜の薄切りにする。かさは放射状に幅3~4㎜に切る。バットに入れ、酒大さじ1としょうゆ小さじ1と1/2をふって下味をからめる。


4:米を入れた内釜に、塩小さじ1/2としょうゆ大さじ1を加えて混ぜ合わせる。松茸を下味の調味料ごと加え、ぎんなんをのせて炊く。充分蒸らしたら、全体をむらなく混ぜて器に盛る。

おかず(まつたけごはん)

松茸の香りをじゃましない、あっさり味のお吸い物を添えるといいかも!?


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック