FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

伊勢神宮を読んで知る。

kage

2013/11/29 (Fri)

Arika伊勢2

2013年は、20年に1度の式年遷宮を迎える「伊勢神宮」と、60年に1度の大遷宮を迎える「出雲大社」の遷宮がそれぞれ重なる記念すべき“スピリチュア(神社)・イヤ―"! !

伊勢神宮について、あれやこれやを知るための書を集めてみました。



Arika報告書v


伊勢神宮の暗号 (講談社プラスアルファ文庫)伊勢神宮の暗号 (講談社プラスアルファ文庫)
(2013/01/22)
関 裕二

商品詳細を見る


Arika注目1h伊勢神宮はいったい何を目的に造営されたのだろうか?

第十代崇神天皇が神威に圧倒されたという天照大神とは何者なのか?

そしてなぜ天照大神は伊勢に祀られることになったのか?

今もなおお渦巻く伊勢神宮の謎を読み解き、その真実に迫る一冊。





伊勢神宮 参宮ガイドブック 癸巳版 (小学館GREEN Mook)伊勢神宮 参宮ガイドブック 癸巳版 (小学館GREEN Mook)
(2013/07/22)
小学館

商品詳細を見る


Arika注目1h第62回式年遷宮の詳細から外宮、内宮の神域図、参拝の作法のほか、伊勢の食事処、宿など伊勢神宮とその周辺をじっくり楽しみためのガイドブック。

伊勢神宮に関する詳細はもちろん、移動方法、おみやげなどガイドとしての機能も充実している一冊。





伊勢神宮 現代に生きる神話 新装版伊勢神宮 現代に生きる神話 新装版
(2013/07/25)
宮澤 正明

商品詳細を見る


Arika注目1h2004年から伊勢神宮に魅せられ、その神性を画面に焼き付けようと、長年努力を重ねてきた写真家・宮澤 正明。

彼が伝える、美しい日本文化と美の世界にまとめた写真集の新装版。

瑞々しい神秘の森がページをめくるごとに現れる美にうっとりするであろう一冊。





伊勢神宮: 悠久の歴史と祭り (別冊太陽 日本のこころ)伊勢神宮: 悠久の歴史と祭り (別冊太陽 日本のこころ)
(2013/04/22)
清水 潔

商品詳細を見る


Arika注目1h伊勢神宮の歴史を天照大神の古代から、戦乱が続いた中世、御薩参りの社会現象が起こった近世、明治維新後の近現代までを、曼茶羅や絵図などを交え解説。

伊勢神宮の歴史をひもときつつ、2013年行われる遷宮についても詳細にまとめられている一冊。





伊勢神宮 日本人は何を祈ってきたのか (朝日新書)伊勢神宮 日本人は何を祈ってきたのか (朝日新書)
(2013/08/09)
三橋 健

商品詳細を見る


Arika注目1h数ある神社のなかで、なぜ伊勢神宮が特別なのか、祀られている天照大神が天石屋に籠った際に使われたとされる八咫鏡は日本初の鏡ではなかった?など、興味深い話がまとめられた書。

日本人がなぜここへお参りしたいのかがわかる、伊勢神宮の存在を改めて考える一冊。





伊勢神宮の謎伊勢神宮の謎
(2013/06/25)
稲田 智宏

商品詳細を見る


Arika注目1hそもそもなぜ20年に一度、すべての社殿を建て替えるのか?

なぜ、御神体が2つあるのか?

祭神の天照大神は蛇神なのか?

など、いまだ多くの謎が残る、伊勢神宮。

神道思想や日本神話に関する研究を行う著者がその謎に迫り、検討する一冊。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック