FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

うろこ&Arika&うさタクがお勧めする「映画になった漫画」6作品

kage

2013/12/31 (Tue)

Arika映画になったマンガ

マンガは絵があるだけに原作と映画の登場人物がどれだけ似ているのか比べてみるのがおもしろさのきとつ。

なかにはマンガをそのまま実写化したような完成度の高い作品も!

マンガならではのデフォルメされた表情が、映画でどう描かれるのかも見どころ。

近年の話題作から誰もが知っている懐かしの名作まで、

原作と映画ともに魅力的な作品を、ブック&シネマラバーである2人と、当ブログの百合男子・うさタク君の独自の目線で順次セレクト!




■マンガと映画それぞれの魅力は?

01
Arika003ssいちおしまずは原作本から…
 デトロイト・メタル・シティ/若杉公徳(著)

デトロイト・メタル・シティ 10 (ジェッツコミックス)デトロイト・メタル・シティ 10 (ジェッツコミックス)
(2010/07/29)
若杉 公徳

商品詳細を見る


『デトロイト・メタル・シティ』は、若杉公徳による日本のギャグ漫画。

白泉社『ヤングアニマル』において2005年から2010年まで連載された。

話数カウントは「TRACK-」。

STORY
主人公・根岸崇一はポップでオシャレな音楽を好む青年。大学進学に伴って上京してきた彼はポップミュージシャンとしてデビューするという夢を叶えるため、大学卒業後にレコード会社と契約する。

ところが事務所から根岸が演らされることになったのは、彼の趣旨とは正反対のデスメタルであった。程なくして根岸は悪魔系デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)」のギター・ボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」に仕立て上げられ、デビューする事になってしまう。

メタルは嫌いな根岸だったが、いざステージに立ってみると秘められたメタルの才能を発揮し、瞬く間にバンドは大ブレイク。根岸自身の思いに反してクラウザーはカリスマと化し、DMCは一躍世間の注目を集める人気バンドとなる。

実写映画化
デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/02/13)
松山ケンイチ、加藤ローサ 他

商品詳細を見る


2008年8月23日より、実写映画が全国東宝系にて公開。

キャッチコピーは、「僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!」。

興行成績は公開2日で観客動員24万7000人、興行収入3億5000万円。公開3週目で観客動員100万人を突破した。公開4週目には、興行収入20億円突破。最終23.4億円。

映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第57位

あらすじ
純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。

【役柄/キャスト】
根岸崇一、ヨハネ・クラウザーII世/松山ケンイチ
相川由利/加藤ローサ
西田照道、カミュ/秋山竜次
和田真幸、アレキサンダー・ジャギ/細田よしひこ
デスレコーズ社長/松雪泰子
ファンA/大倉孝二
ファンB/岡田義徳
アサトヒデタカ/鈴木一真
佐治くん/高橋一生
ニナ/美波
MC鬼刃/大地洋輔
DJライカ/大谷ノブ彦
お母さん/宮崎美子
ジャック・イル・ダーク:ジーン・シモンズ(KISS)
俊くん/加藤諒

【スタッフ】
監督:李闘士男
脚本:大森美香
プロデューサー:樋口優香
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
エグゼクティブプロデューサー:市村南、塚田泰浩、山内章弘
撮影:中山光一
照明:武藤要一
美術:安宅紀史
録音:郡弘道
音響効果:齋藤昌利
編集:田口拓也
音楽:服部隆之
助監督:兼重淳
企画:川村元気(東宝)
製作担当:山本礼ニ
製作委員会メンバー:東宝、ホリプロ、白泉社、ソニー・ミュージックエンタテインメント、電通、ディーライツ、パルコ、スターダストピクチャーズ、TOKYO FM、Yahoo!JAPAN、日本出版販売、TSUTAYAグループ
制作プロダクション:東宝映像製作部
配給:東宝

♪主題歌
デトロイト・メタル・シティ「SATSUGAI」
根岸崇一 SONG BY カジヒデキ「甘い恋人」

----------------------------------------------------------------
ArikaかぜちゃんPC3過激すぎる歌詞とセリフに爆笑必至!
映画になる前から原作が大好きで、いろいろな人に薦めていました。ストーリーももちろん、下品で過激な歌詞やセリフがユーモアがあっておもしい!
マンガだと音は想像ですが、映画で実際に音楽を聴くと、よりディープにDMCの世界を堪能できますね。映画では気弱できまじめな主人公を松山ケンイチ君がコミカルに演じていますが、登場人物のルックスもケンイチ君をはじめ、みんな原作とよく似ていて、思わず笑ってしまいました。






02
Arika報告書y0001おすすめまずは原作本から…
 自虐の詩/業田良家(著)

自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)
(1996/06)
業田 良家

商品詳細を見る


『自虐の詩』(じぎゃくのうた)は、業田良家による日本の4コマ漫画。

『週刊宝石』に1985年1月4・11日合併号から1990年8月2日号にかけて連載された。

単行本は光文社コミックスから全5冊、それらを「幸江とイサオ」シリーズで再構成したハードカバー版全1冊、さらにそれを上下巻にした竹書房文庫版がある。

2007年には、「幸江とイサオ」シリーズをすべて収録した、愛蔵版上下巻が発売された。

STORY
仕事もせず、横暴で怒るとすぐにちゃぶ台をひっくり返したり、金をせびるばかりのろくでもないイサオと彼にベタ惚れでそれに従う幸江、といった構図のギャグが中心だったが、中期以降幸江の子供時代の回想が増えてくるとしだいにストーリー4コマとなっていき、幸江の小学生編・中学生編を経て最終回に突入していくドラマチックな展開は「泣ける4コマ」として定番になっている。


実写映画化
自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/14)
西田敏行、中谷美紀 他

商品詳細を見る


2007年10月27日公開。

舞台は原作の東京から大阪の下町に変更されている。

キャッチフレーズは、「お母ちゃん,私はいっづも不幸でした」

あらすじ
子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギャンブルに明け暮れるダメ亭主イサオ(阿部寛)に健気に尽くしていた。見かねた隣人に別離を勧められ、パート先の店主にしつこく言い寄られようとも、イサオと一緒にいることが何よりも幸せ。そんなある日、刑務所帰りの父親が幸江の前に現れる。

【役名/キャスト】
森田幸江/中谷美紀(中学生時代:岡珠希)
葉山イサオ/阿部寛
森田家康/西田敏行
あさひ屋マスター/遠藤憲一
熊本さん/アジャ・コング(中学生時代:丸岡知恵)
熊本さんの夫/Dante(ダンテ・カーヴァー)
藤沢さん/加藤瑠美
美和子/名取裕子
森田秋子/佐田真由美
組長/竜雷太
福本小春/カルーセル麻紀
小春の夫、訪問販売の男/斉木しげる
難波警部/ミスターちん
船場巡査/金児憲史
喫茶店主/Mr.オクレ
中学時代の担任/半海一晃
ポン引き/島田洋八
新聞販売店店主/蛭子能収
中年男/松尾スズキ
あさひ屋の客/業田良家(原作者)

【スタッフ】
配給:松竹
製作総指揮:迫本淳一
製作:松本輝起、遠谷信幸、高橋一平、久松猛朗、島本雄二、渡辺純一、平林彰、長坂信人、山崎浩一、喜多埜裕明、大下勝朗
エクゼクティブ・プロデューサー:北川淳一
原作:業田良家『自虐の詩』
脚本:関えり香、里中静流
プロデューサー:植田博樹、石田雄治、中沢智
アソシエイトプロデューサー:今川朋美
撮影:唐沢悟
美術:相馬直樹
照明:木村匡博
録音:鴇田満男
編集:伊藤伸行
音楽:澤野弘之
装飾:田中宏
映像調整:吉岡辰沖
スクリプター:奥平綾子
助監督:白石達也
制作担当:山崎朝也
スタイリスト:市井まゆ
衣裳:富樫理英
ヘアメイク:細川晶子
音楽プロデューサー:志田博英
音響効果:小川広美
VFXスーパーバイザー:野崎宏二
アクションコーディネーター:諸鍛冶裕太
監督:堤幸彦
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
製作:「自虐の詩」フィルムパートナーズ(SDP、松竹、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン、竹書房、衛星劇場、電通、スカパー・ウェルシンク、日本出版販売、オフィスクレッシェンド、パルコ、Yahoo! JAPAN、エイベックス・エンタテインメント)

♪テーマソング
主題歌:安藤裕子「海原の月」(avex entertainment/cutting edge)
挿入歌:関山藍果「I love you」(『自虐の詩 オリジナル・サウンドトラック』収録、ユニバーサルミュージック)

----------------------------------------------------------------
Arika注目1hギャグで始まり、感動で終わる人生賛歌!
原作は4コマのギャグマンガ。けれど、読み進めるうちに大河ドラマのような壮大な展開になるんです。映画でもそれが踏襲され、最後はとても感動的!
幸江の過去が明らかになるにつれ、その悲しすぎる境遇とイサオの愛に思わず涙してしまうのは原作・映画両方に共通しますね。また、ギャグと思わせつつも生きることの素晴らしさをテーマにしている。幸江同様、薄幸な幼馴染みとの、女同士の友情にも共感できました。






03
Arikaうさたくアイコン①いちおしまずは原作本から…
 風の谷のナウシカ/宮崎 駿(著)

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
(1987/07)
宮崎 駿

商品詳細を見る


『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿による日本の漫画作品。アニメーション監督・演出家でもある同氏が、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』誌上にて発表したSF・ファンタジー作品。

科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を描く。

『アニメージュ』1982年2月号にて連載を開始し、映画制作などのため4度の中断期間を挟み、1994年3月号にて完結した。

1994年に第23回日本漫画家協会賞大賞、1995年、第26回星雲賞コミック部門を受賞。単行本の発行部数は累計1,200万部[2]。海外でも8か国語で翻訳・出版されている。

STORY
最終戦争が起こり、有毒ガスが充満する”腐海”の森に囲まれた世界。辺境の小国”風の谷”の族長の娘・ナウシカは愛する者を守るため戦うことを決意する。


アニメ映画化
風の谷のナウシカ [VHS]風の谷のナウシカ [VHS]
(1997/09/19)
島本須美、納谷悟郎 他

商品詳細を見る


映画『風の谷のナウシカ』は、トップクラフト制作の日本のアニメーション映画。

1984年3月11日より東映洋画系で公開された。

宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画を原作とする。原作の単行本全7巻から見ると、序盤に当たる2巻目の途中まで連載された時点での作品であり、映画公開後に連載を再開した漫画とは内容が異なる(後述)。

アニメージュを発行する徳間書店と広告代理店の博報堂による製作委員会方式で映画化され、宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。

キャッチコピーは「少女の愛が奇跡を呼んだ」。

これは映画宣伝会社メイジャーの宣伝プロデューサー徳山雅也によるもの。


あらすじ
地球壊滅後の近未来を舞台に、“腐海”と呼ばれる毒の森に生きる人々の闘いを描く。文化論を躍動感溢れる娯楽作に昇華させた宮崎駿の手腕はさすが。また、鬱蒼とした腐海や数々の巨大な虫たちを具現化した美術も素晴らしい。海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が積まれていた。やがて巨神兵をめぐり闘争が勃発し、風の谷の王妃ナウシカも陰謀渦巻く戦乱に巻き込まれてゆく。

【役柄/キャスト】
ナウシカ/ 島本須美
アスベル /松田洋治
クシャナ/ 榊原良子
ユパ/ 納谷悟朗
大ババ/ 京田尚子
クロトワ/ 家弓家正
ジル /辻村真人
ミト /永井一郎
ゴル/ 宮内幸平
ギックリ/ 八奈見乗児
ムズ/ 辻村真人
ニガ/ 矢田稔
ラステル/ 冨永みーな
ペジテ市長/ 寺田誠
ラステルの母/ 坪井章子
トエト/ 吉田理保子
少年 /坂本千夏、TARAKO、鮎原久子
少女/ 菅谷政子、貴家堂子、吉田理保子
コマンド/ 水鳥鉄夫
トルメキア兵/ 野村信次、大塚芳忠
ペジテ市民/ 中村武己、島田敏
ペジテの少女/ 太田貴子


【スタッフ】
原作・脚本・監督:宮崎駿
作画監督:小松原一男
美術監督 :中村光毅
原画 :金田伊功、吉田忠勝、福田忠、丹内司、鍋島修、賀川愛、なかむらたかし、小林一幸、高坂希太郎、羽根章悦、小原秀一、庵野秀明、小田部羊一、森村清史、才田俊次、高野登、池田淳子、渡部高志、富山正治、林貴則
原画補 :吉田正宏、大久保富彦
背景:木下和宏、吉崎正樹、海老沢一男、野崎俊郎、西村くに子/スタジオビック
ハーモニー処理 : 高屋法子
動画チェック :尾沢直志、平塚英雄
動画 : 飯田馬之介、篠原征子、二木真希子 他
特殊効果 ; 水田信子
色指定 :保田道世、鈴木福男
仕上検査 : 荻原穂美
撮影 :白神孝始/首藤行朝、清水泰宏、今岡憲明、杉浦守
撮影協力 : 宮内征雄、平井昭夫、小林武男(高橋プロダクション)
編集 :木田伴子/金子尚樹、酒井正次
現像 :東映化学工業
演出助手 : 棚沢隆、片山一良
音楽 :久石譲
音響監督 : 斯波重治
録音演出 :斯波重治
音響制作 :オムニバスプロモーション
録音スタジオ : 新坂スタジオ
整音 :桑原邦男
効果 :大平紀義、佐藤一俊
制作担当 : 酒井澄
制作デスク : 鈴木重裕
制作進行 : 押切直之、神戸守、島崎奈々子
製作総指揮 : 徳間康快、近藤道生
プロデューサー : 高畑勲
企画 :「風の谷のナウシカ」製作委員会 山下辰巳、奥本篤志、尾形英夫、森江宏
徳間書店: 和田豊、小原健治、鈴木敏夫、亀山修、大塚勤
博報堂: 佐藤孝、中谷健太郎、前川達也、宮崎至朗

制作 : 原徹、トップクラフト
製作 :徳間書店、博報堂

♪シンボルテーマソング
「風の谷のナウシカ」作詞 - 松本隆 / 作曲 - 細野晴臣 / 編曲 - 萩田光雄 / 歌 - 安田成美

----------------------------------------------------------------
Arikaうさたくアイコン原作でより深まるナウシカの壮大な世界観!
原作・映画ともに宮崎駿の名を不動のものにした歴史的名作。優しくて強くて包容力がある、少女なのに母性すら感じさせるナウシカは僕にとっては生まれて初めて一目惚れしたアニメキャラという存在。

映画では、原作の2巻までのエピソードが入っているのですが、その先はまたさらに奥深いストーリー展開が待っているのです。映画を今一度見返してみて、その続きを原作でじっくり読むと、ナウシカの葛藤や愛情の深さをより感じられると思います。






04
Arika報告書y0001おすすめまずは原作本から…
 大奥/よしながふみ(著)

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
(2005/09/29)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


『大奥』は、よしながふみによる日本の少女漫画作品。隔月刊誌『MELODY』(白泉社)にて連載されている。単行本は2013年10月現在10巻まで刊行されている。

物語の舞台は日本の江戸時代をモデルとした世界。男子のみが罹る謎の疫病により男子の人口が急速に減少し、儒教思想など当時の概念はそのままであるが、社会運営の根幹や権力は男から女へと移っていく世界を江戸城の大奥を中心に描く。徳川家の代々の将軍達や要職にあった者など、歴史上では男性である人物が女性に、女性である人物が男性に置き換えられている。春日局が大奥を作ったことや、当時の「カピタン本国報告」にある、「御簾越し家光拝謁し、少年のような声だと思った。拝謁の場は若い男性ばかり同座していた。市中で女性が多く働いているのを見た」などの詳細な史実と、フィクションを巧みに織り交ぜたストーリー構成となっている。

掲載誌『MELODY』での扉絵や柱にある粗筋では「男女逆転!パラレル時代劇」「これは日本の江戸時代とは似て非なる物語」と必ず記載されており、いわゆるSF作品(歴史改変SF)であると位置付けされている。

連載中からいくつかの重要な日本の漫画賞を受賞しているほか、ジェンダーに対する理解を深める内容を称えられジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞を受賞するなど、日本国外からも評価されている。雑誌『ダ・ヴィンチ』が発表した2012年の「Book of the Year 2012」では、女性誌コミックランキング部門で4位を記録した。


実写映画化
大奥 <男女逆転>豪華版DVD 【初回限定生産】大奥 <男女逆転>豪華版DVD 【初回限定生産】
(2011/04/15)
二宮和也、柴咲コウ 他

商品詳細を見る


あらすじ
8代将軍・徳川吉宗の時の江戸時代。男だけに感染するナゾの疫病がまん延し、日本の8割の男が死に絶えた。女が要職に就き、男が体を売る男女が逆転した世の中に、ひとりの女将軍に3000人の美しい男たちが仕える女人禁制の大奥があった。武士道を追い求める青年・水野祐之進(二宮和也)は、貧しい旗本の実家を救うため、またかなわぬ恋の相手・お信(堀北真希)への思いを断ち切るため、大奥にあがることを決意する。


【役名/キャスト】
水野祐之進(みずの ゆうのしん)/二宮和也(嵐)
徳川吉宗(とくがわ よしむね)/柴咲コウ
お信(おのぶ)/堀北真希
鶴岡(つるおか)/大倉忠義(関ジャニ∞)
垣添(かきぞえ)/中村蒼
松島(まつしま)/玉木宏(特別出演)
水野頼宣(みずの よりのぶ)/倍賞美津子
水野の父/竹脇無我
加納久通(かのう ひさみち)/和久井映見
杉下(すぎした)/阿部サダヲ
藤波(ふじなみ)/佐々木蔵之介
瀬川(せがわ)/細田よしひこ
白河(しらかわ)/竹財輝之助
柏木(かしわぎ)/松島庄汰
副島(そえじま)/ムロツヨシ
山元(やまもと)/崎本大海
石塚(いしづか)/三上真史
三郎左(さぶろうざ)/金子ノブアキ
水野志乃(みずの しの)/白羽ゆり
三田村(みたむら)/田上晃吉
八重(やえ)/宍戸美和公
御伽坊主(おとぎぼうず)/浅野和之
大岡忠相(おおおか ただすけ)(越前)/板谷由夏
間部詮房(まなべ あきふさ)/菊川怜
村瀬の声/大滝秀治

【スタッフ】
監督:金子文紀
脚本:高橋ナツコ
音楽:村松崇継
嵐「Dear Snow」(ジェイ・ストーム)
エグゼクティブ・プロデューサー:豊島雅郎、濱名一哉
プロデューサー:荒木美也子、磯山晶
撮影:喜久村徳章
照明:長田達也
録音:山方浩
美術:花谷秀文
装飾:山下順弘
衣裳デザイン:小川久美子
ヘアメイク:藤懿裕美子
花装飾:横井紅炎
編集:松尾茂樹
助監督:藤江儀全
監督補:芝崎弘記
制作担当:山本礼二
VFXスーパーバイザー:小坂一順
美術プロデューサー:竹村寧人
音楽プロデューサー:志田博英
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
企画・制作:アスミック・エース、TBSテレビ
制作協力:イメージフィールド
製作:男女逆転「大奥」製作委員会(アスミック・エース、TBSテレビ、ジェイストーム、松竹、毎日放送、白泉社、電通、中部日本放送、RKB毎日放送、Yahoo!JAPAN)
配給:松竹、アスミック・エース


----------------------------------------------------------------
Arika注目1hフィクションの中にある史実のおもしろさ
謎の疫病がはやり、男女の人口が激減した日本。女は将軍、大奥に侍るのは男。男女の役割が逆転しているという斬新な設定で、愛憎渦巻く大奥での人間模様をドラマティックに描く歴史大作をどんな風に映像化させるのか公開前から気になっていた。特に、将軍の”総触れ”シーン。映画でもゴージャスで見応えありました。映画は原作の1巻の話のみなので、未読の方はまだまだ話が続いている原作も是非読んでほしいです。もちろんフィクションなのですが、史実を踏まえて物語を展開しているので、歴史に関する知識欲も刺激されます!もちろん、映画の絢爛豪華な美術や衣装の数々も必見。





05
Arika003ssいちおしまずは原作本から…
ハチミツとクローバー/羽海野チカ(著)

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
(2002/08/19)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


『ハチミツとクローバー』は、羽海野チカによる漫画作品。「ハチクロ」と略される。

美術大学を舞台に、いわゆる「青春群像劇」を、ハイテンションなエピソードや静かな感動シーンを通じてとらえていく。恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いている。

本作は、過去に友達のいなかった作者の「こうだったらよかった」という妄想から生まれたという。またそれぞれの片思いの恋愛を描く一方で、美術というモンスターに取りつかれたはぐみをめぐる物語がもう一つの軸としてある、とも指摘されている。

2003年に、第27回講談社漫画賞少女部門を受賞。宝島社の「このマンガがすごい!」オンナ編の2006年版と2007年版において、2年連続1位を獲得した。公称発行部数は最終巻時点で780万部。

STORY
美大生・竹本祐太はアパートの同寮で先輩の森田忍や真山巧らに囲まれ、日々大学生活を楽しんでいた。

ある日、竹本達は大学の教師の花本修司から花本の親戚の花本はぐみを紹介される。人見知りが激しく口数も少ないはぐみだったが、その愛らしさに竹本は自分でも知らぬ間に一目惚れする。そして、変人として知られている先輩の森田もまた、はぐみを気に入ってしまう。はぐみと森田は惹かれ合って行き、お互いにその事を自覚していく。しかし、2人の恋は通常のそれとは違い、常人には理解出来ない天才同士の魂の結び付きのような物であった。「恋愛」と呼ぶには少し不思議な関係のはぐみと森田。そんなはぐみと森田の様子を見て、2人が共有する世界に入っていけない竹本は疎外感を味わう。

一方、真山はアルバイト先の建築デザイン事務所の経営者・原田理花の事を慕っていた。しかし、夫を事故で亡くし残された事務所を独りで守る理花は、真山の思いに気付きながらもわざと気が付かない振りをして、真山と距離を置こうとする。そんな真山の姿に最も傷ついていたのが真山に恋をする山田あゆみだった。山田の思いを知る真山は、山田にその思いに応えられない旨を伝えるが、いじらしい山田を真山は完全に突き放しきる事が出来ない。山田も真山が振り向いてくれる可能性が少ないとは分かっていても、その思いを断ち切る事が出来ないまま時は過ぎていく。

こうして、みんながお互いにそれぞれの恋心を胸に抱きながら、足早に流れていく季節の中、共に同じ時間の中を過ごして行く。しかし、時の流れは次第にそれぞれに押し殺していた本当の気持ちを自覚させ、それに対峙していく事で自らの道を見つけ出していく。


実写映画化
ハチミツとクローバー [DVD]ハチミツとクローバー [DVD]
(2011/11/25)
櫻井翔、蒼井優 他

商品詳細を見る

2006年7月22日公開。

キャッチコピーは、「恋をした。それだけのことなのに、世界はまぶしい」。

あらすじ
浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本(堺雅人)の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹本だったが、彼と同様にはぐみを気にかける非凡な先輩・森田(伊勢谷友介)の存在が竹本の恋心をかき乱し……。

【役柄/キャスト】
竹本祐太/櫻井翔(嵐)
花本はぐみ/蒼井優
森田忍/伊勢谷友介
真山巧/加瀬亮
山田あゆみ/関めぐみ
藤原ルイジ(兄)/堀部圭亮
藤原マリオ(弟)/宮崎吐夢
幸田先生/銀粉蝶
喫茶店「風待ち通り」マスター/利重剛
刑事役/春田純一
イケメンハンターのTVレポーター/清水ゆみ
デザイナー/池田鉄洋
美術評論家/真島啓
学生/浜野謙太(SAKEROCK)
修復士/中村獅童
原田/田辺誠一
原田理花/西田尚美
花本修司/堺雅人


【スタッフ】
監督:高田雅博
脚本:河原雅彦、高田雅博
撮影:長谷川圭二
照明:山崎公彦
美術:中村桃子
録音:井家眞紀夫
整音:太斉唯夫
スタイリスト:白山春久
音楽:菅野よう子
はぐみ絵画制作:MAYA MAXX
森田彫刻制作:森田太初
プロデューサー:小川真司、今村景子、多田真穂
音楽プロデューサー:金橋豊彦、茂木英興
製作協力:プログレッシブ・ピクチャーズ
製作プロダクション:アスミック・エース、電通テック
製作:アスミック・エース、ジェイ・ストーム、集英社、電通
配給:アスミック・エース

♪主題歌「魔法のコトバ」/スピッツ
♪エンディング・テーマ「アオゾラペダル」/嵐(スガシカオ作詞/作曲)

挿入歌
オペラ『ワリー』より第一幕 さよならふるさとの家よ (カタラーニ作曲)

----------------------------------------------------------------
ArikaかぜちゃんPC3誰もが身に覚えのある青春の甘酸っぱさ!
原作は”ハチクロ”ブームも巻き起こし、羽海野チカ先生の出世作となった。原作完結前に映像化されたため、結末は異なるんだけど、ストーリーもさることながらキャスティングの妙が光っていました。

主役のはぐみを演じた蒼井優さんは、原作ファンも納得のかわいさ!

加瀬亮くんも、純愛に生きる真山のかっこよさとストーカー的な気持ち悪さをうまく表現しています。

甘酸っぱい気持ちをさらに盛り上げるスガシカオ&スピッツの音楽もいう事なし!






06
Arika報告書y0001おすすめまずは原作本から…
 さくらん/安野モモコ(著)

さくらん (イブニングKCDX (1829))さくらん (イブニングKCDX (1829))
(2003/11/05)
安野 モヨコ

商品詳細を見る


『さくらん』は、安野モヨコの漫画作品。

江戸・吉原で育ったきよ葉が、花魁になるまでの葛藤や苦涯、事件などの人生模様が描かれている。

講談社の雑誌『イブニング』に2001年9月号から2003年第7号まで不定期連載された。現在、単行本は講談社より第1巻まで発売されている。ストーリー展開としてはひとまず完結している状況である。2005年1月から『イブニング』で第二部の連載がスタートしたが、連載は現在停止状態である。

キャッチコピーは、てめぇの人生、てめぇで咲かす

STORY
吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女はきよ葉と名付けられ、高級花魁で気の強い粧ひに面倒を見られることに。何度も脱走を試みるきよ葉だが粧ひや玉菊屋の清次などに導かれ花魁になることを決意する。17歳になったきよ葉は持って生まれた美貌と気性の強さで一躍売れっ子となる。やがてきよ葉は、お客として来た青年・惣次郎と恋に落ちるが……。


実写映画化
さくらん [DVD]さくらん [DVD]
(2007/08/03)
土屋アンナ

商品詳細を見る


上記漫画を原作とした映画作品が蜷川実花監督のもと、2007年2月24日よりシネクイントをメイン館に首都圏関東公開、同年3月3日より全国150館拡大公開された。主演は『下妻物語』で注目を集めた土屋アンナ、助演は『亡国のイージス』で出演した安藤政信、脚本はタナダユキ、音楽監督は椎名林檎。PG12指定である。

第31回日本アカデミー賞で、優秀音楽賞を椎名林檎、優秀美術賞を岩城南海子が受賞した。

また、エキストラには原作者の安野モヨコとその夫の庵野秀明も出演している。

あらすじ
8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(おいらん)・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁(おいらん)としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛貴)と恋に落ちるが……。


【役名/キャスト】
きよ葉(日暮)/土屋アンナ
きよ葉(幼少期)/小池彩夢
倉之助/椎名桔平
惣次郎/成宮寛貴
高尾/木村佳乃
粧ひ/菅野美穂
光信/永瀬正敏
若菊/美波
大工/山本浩司
坂口/遠藤憲一
しげじ/山口愛
お染/倉内沙莉
お蘭/小泉今日子
楼主/石橋蓮司
女将/夏木マリ
ご隠居/市川左團次(特別出演)
清次/安藤政信
桃花/蜷川みほ
揚羽/兵頭有紀
琴音/もたい陽子
空蝉/松下恵
昼顔/月船さらら
夕凪/藤森麻由
舞鶴/中村ゆり
つつじ/海老沢神菜
雪路/近野成美
白玉/杉林沙織
にほひ/吉田里琴
とめき/齋藤飛鳥
みやこ/矢口蒼依
遣手/星野晶子
吉造/野村貴志
小春/飯沢もも
明石/真中莉子
浮船/彩輝ゆう
若狭屋/影山英俊
粧ひの客/津田寛治
きよ葉の客/長塚圭史
床紅葉の客/SABU
日暮の客/丸山智己
花屋/小栗旬
俺達/会田誠、安藤武徳、庵野秀明、忌野清志郎、大森南朋、小川洋之、小山登美夫、ゴリ(ガレッジセール)、古厩智之、村松利史
客/天田暦、飯塚俊太郎、井川哲也、大迫茂生、椎名泰三、芝崎昇、渋川清彦、清水伸、杉本凌士、清家栄一、田島俊弥、山田強


【スタッフ】
監督:蜷川実花
原作:安野モヨコ
脚本:タナダユキ
音楽:椎名林檎
エグセクティブ・プロデューサー:椎名保
チーフ・プロデューサー:豊島雅郎
プロデューサー:宇田充、藤田義則
アソシエイト・プロデューサー:谷島正之
ライン・プロデューサー:中林千賀子
撮影:石坂拓郎
照明:熊谷秀夫
美術:岩城南海子
装飾:相田敏晴
スタイリスト:伊賀大介、杉山優子
生花デザイン:東信
アクションコーディネーター:カラサワイサオ
グラフィック・デザイン:タイクーングラフィックス
視覚効果:橋本満明
録音:松本昇和
編集:森下博昭
スクリプター:小泉篤美
制作担当:本藤雅浩
助監督:山本透
ライン・プロデューサー:中林千賀子
日本江戸文化スーパーバイザー:藤原千恵子、峰崎博次
三味線演奏:常磐津文字東久
振付・所作指導:花柳錦翠美
特別番組制作:タイムワープ
配給:アスミック・エース
製作:蜷川組「さくらん」フィルム・コミッティ(アスミック・エース、パルコ、講談社、テレビ朝日、朝日放送、タワーレコード、WOWOW、メ〜テレ、シネマ・インヴェストメント、電通)

♪主題歌
主題歌「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」 椎名林檎×SOIL&"PIMP"SESSIONS
エンディング「この世の限り」 椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平


----------------------------------------------------------------
Arika注目1h自分らしさを失わない強いヒロインが魅力
監督を務めた写真家・蜷川実花さんならではの色彩感覚と、安野モモコさんが描くきらびやか吉原の世界が相性抜群。映画では艶やかな衣装や美術も細かいところまで楽しめます。原作も映画も女性クリエーターの作品なので、これまでの”虐げられる吉原モノ”ではなく、不自由な遊郭の中でも自分らしく生きる強いヒロインになっているのが魅力的!

女郎たちの切ない恋模様としたたかな生きざまは、現代女性も共感できる。映画では、菅野美穂や木村佳乃など脇を固める実力派女優の競演も見もの。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック