FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

TVアニメ「中二病でも恋がしたい!戀」・・・Arika

kage

2014/03/28 (Fri)

中二病でも恋がしたい! 戀 (3) [Blu-ray]中二病でも恋がしたい! 戀 (3) [Blu-ray]
(2014/05/21)
福山潤、内田真礼 他

商品詳細を見る


京都アニメーション制作TVアニメ「中二病でも恋がしたい!」のTVアニメ第2期が2014年1月放送開始!

2期のタイトル「中二病でも恋がしたい!戀」。なお「戀」は「恋」の旧字体となっています。

TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、テレビ愛知、BS11、アニマックスにて1月8日(水)より放送スタート!

ピンク髪の二期新キャラ・七宮智音は、「たまこまーけっと」牧野かんな役の長妻樹里が担当!


■各局放送開始日時
◯TOKYO MX 1月8日(水)深夜0:30~
◯サンテレビ 1月8日(水)深夜0:30~
◯KBS京都 1月8日(水)深夜1:00~
◯テレビ愛知 1月8日(水)深夜2:05~
◯BS11 1月12日(日)深夜0:00~
◯ニコニコチャンネル 1月15日(水)23:30~ ※生放送のみ


■あらすじ
長年続いていた暗黒時代が、終わりを告げようとしていた。待ち望んでいた平穏な日々へ、新たな一歩を踏み出そうとしていた勇太。しかし、彼の右腕に異変が起きた。封印していた黒炎竜が疼き出したのだ。それは、紛れもない邪王真眼との共鳴によるものだった。
『これで貴方とは契約完了』
勇太が出会った一人の少女。彼女の邪王真眼に人々が共鳴する。

■スタッフ
原作:虎虎(KAエスマ文庫)
キャラクター原案:逢坂望美
監督:石原立也
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
設定:高橋博行
撮影監督:山本倫
音響監督:鶴岡陽太
音楽:虹音
アニメーション制作:京都アニメーション

■キャスト
富樫勇太:福山潤
小鳥遊六花(たかなし りっか):内田真礼
丹生谷森夏(にぶたに しんか):赤崎千夏
五月七日くみん浅倉杏美
凸守早苗:上坂すみれ
七宮智音:長妻樹里
勇太の母:天野由梨
富樫樟葉:福原香織
富樫夢葉:設楽麻美
一色誠:保志総一朗
九十九七瀬:井上喜久子
小鳥遊十花:仙台エリ

■テーマソング
オープニングテーマ:「VOICE」/歌:ZAQ
エンディングテーマ「Van!shment Th!s World」/歌:Black Raison d'être

【ネットらじお】
ピッコロのらじお(水・金DJ)1p
ねとらじにて、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から生放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック
*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?

水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、ゴン、南、鳴沢楓
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、神奈川県民、全力丘


ラジオはこちらのタイトルをクリックすると再生されます(放送時間のみ)

ピッコロのらじお♪
ピッコロのらじお



----------------------------------------------------------------------------------------
■アニメ「中二病でも恋がしたい!戀」のまとめ感想↓
----------------------------------------------------------------------------------------

Arikaアイコン(小)3 第1話 「復活の・・・邪王真眼」の感想

TVアニメ「中二病でも恋がしたい!」の第2期、「中二病でも恋がしたい!戀(れん)」!

1期は眼帯を付けた中二病少女の小鳥遊六花と、元中二病少年の富樫勇太の2人が付き合うことになるという完結展開を見せておりましたが、その後の二人の関係が進展することもなく高校2年生になるというお話で第2期の幕が明けます。果たして、二人のラブコメに進展はあるのか否かが注目です!

第2期は気軽に楽しめるラブコメ作品を目指しているとのことなのですが、小鳥遊六花の恋のライバル?かもしれないピンク髪の新キャラの登場は気になります。

私的には普遍的で気軽に楽しめるラブコメ作品なることを期待したいです。

冒頭、画面二分割による、まさかの小鳥遊六花と富樫勇太の同棲生活が明かされる衝撃の展開からスタート!

まだ眠っている六花を富樫勇太が中二病キャラを演じて起こし、勇太の中二病大サービスで起こされるという、なんというラブルジョアすぎる小鳥遊六花ですw。

1話は、二人のイチャコラぶりで中二病の再開を実感させるナイスなエピソード満載でした。


----------------------------------------------------------------------------------------

Arikaアイコン(小)3 
第2話 「海豚の・・・恋人契約」の感想


第2話は、勇太と六花の日曜デートエピソード。

中二病カップルの勇太と六花が水族館でイルカショーを観に行くというイチャコラデートをメインに、その他、一緒に買い物に行ったり、同棲生活を楽しんでいたりと、二人のラブラブぶりを見せつける内容になっていますw

そして、デートのクライマックスでは、恋人関係に悩む六花を勇太がカッコよく導いて、ラブラブしながら二人の恋がゆっくりと進展している今回でした。

というわけで、なんだこの順調すぎるラブラブ交際展開wという流れと思いきや、ラストについに第2期ピンクの髪の新キャラ七宮智音が登場して、次回、ついに物語が動き出そうとしている気になる展開でした。



----------------------------------------------------------------------------------------

Arikaアイコン(小)3 第3話 「追撃の・・・魔法魔王少女」の感想

第3話は、ピンク髪の新キャラの七宮智音ちゃん登場エピソード。

勇太と六花の中二病カップルの間に入っている?新キャラ・七宮智音の登場でラブコメ模様についに動きが出始める今回。

そんな七宮智音ですが、勇太の中二病発病の原因の人だったり、昔から鼻キスをするのが当たり前の間柄だったりと、いい感じに恋人関係を進展させてきた小鳥遊六花の最大のライバルになりそうなキャラポジションとなっています。

しかし、残念ながら今回の登場エピソードでは、それほど勇太を狙うドロドロキャラっぷりを見せてくれなたかったので今後、小鳥遊六花を脅かすライバルキャラになれるのかどうかに要注意キャラでございます。

切ないドロドロラブコメを希望w

しかも、モリサマちゃんも、くみん先輩も、デコちゃんもラブコメ参戦の小鳥遊六花ドロドロヤンデレ化アニメを希望w

でも、まあ、それはないでしょうねw( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!



----------------------------------------------------------------------------------------

Arika報告書v
全話を見たひとこと感想。

経験値を溜めて恋から戀へ進化してほしいね。

----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆3・7  
物語:3.6 作画:4.1 声優:3.9 音楽:3.6 キャラ:4.0

----------------------------------------------------------------------------------------

現役中二病感者:六花と元中二病感者:勇太の恋の行方とそれを優しく見守る仲間達の日常コメディ。

特に意識してたつもりはなかったけど、OP聞いたら意外とワクワクしていました。

一期終了時と恋の距離は変わらずですが環境が激変し二人きりのほぼ同棲生活がスタート。

「今更、父の仕事の都合」や「祖父が誤って退去手続き」等強引過ぎるだろっ!とは思ってしまいま すがご愛敬。

1話分くらい勇太の家族の物語も観たかった気もしていたので残念さも少々。

その分二人の淡い恋の物語が色濃く味わえる内容になってくれると思うので期待して観ていました。

1期同様、中二病を前向きに楽しく描いていますし、また丁寧に作られているので安心して楽しめました。

恋の初々しい表情や仕草その他の機微に至るまで京アニ作画と相性が良く引き立っていましたし、ストーリーとしても中二病を活かしたやりとりが絡み良く出来たラブコメに仕上がっています。

10話のみ話を次回に引きましたが他は1話完結しているので喧嘩やトラブルがあってもすぐに解決で良かった良かったとなっていますので、1期のように「どうなっちゃうんだろう?」と言う引きは弱まって、2期全体を通しては冒険はせずファンに寄せてきた印象もあります。

それと一色の不遇さはちょっと気の毒に感じました彼の優しさが伝わるエピソードもちょっとは入っていて欲しかったかな。

ともあれ、全体的にはみんなの暖かさの伝わる納得の出来ですし、毎週楽しませてくれたこの作品が終わってしまい寂しく感じています。コメディ強めですがラブコメとして楽しく観られる良い作品でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック