FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

TVアニメ「プピポー!」・・・Arika

kage

2014/03/27 (Thu)

プピポー!  (1) (フレックスコミックス)プピポー! (1) (フレックスコミックス)
(2012/02/01)
押切 蓮介

商品詳細を見る



押切蓮介氏によるWebコミック『プピポー!』(「COMICメテオ」掲載/全3巻発売中)のTVアニメ化決定!
2013年12月20日(金)よりテレビ東京にて毎週金曜25:53~放送スタート!
「Super Seisyun Brothers―超青春姉弟s―」の後番組となっています。


■ストーリー
小学5年生の姫路若葉、人には見えないモノが見えてしまう。そのせいで周囲からは気味悪がられ、若葉自身も他人を遠ざけながら、孤独な日々を送っていた。ある日、若葉は「プピポー!」と鳴くピンク色でフカフカな不思議な生き物と出会う。その日から若葉の日常は大きく変わっていく。謎の生き物「ポーちゃん」は若葉のことが大好きで、悪いモノから若葉を守ってくれる。さらにポーちゃんのおかげで、オカルト大好きのあーちゃんという友達も出来た。初めて経験する楽しい日々の中で、若葉は徐々に笑顔を取り戻していく。そんな若葉の前に、同じ能力に悩まされる少年、結城が現れる。その苦しみをよく知っている若葉は、結城のために動き出し、そして能力を消すことが出来る世界「亡失の最果て」の存在を知る。若葉は思い悩む。結城の力にはなりたいけど、能力があったからこそポーちゃんに出会えたこと。亡失の最果てには、ポーちゃんの秘密が隠されているかもしれないこと。ポーちゃんは何者で、何故若葉の元に来てくれたのか……。

■スタッフ
原作:押切蓮介(WEBコミック「COMICメテオ」掲載)
監督:鈴木薫
シリーズ構成:中條元史
キャラクターデザイン:横田拓己
美術監督:榊枝利行(チームアート・コンボイ)
色彩設定:山本未有
コンポジットディレクター:德田千明
編集:右山章太
音響監督:藤原啓治
アニメーション制作:AIC PLUS+
製作:AIC

■キャスト
姫路若葉:佐々木詩帆
ポーちゃん:森千早都
東礼子:後藤麻衣
結城直哉:大塚琴美
雨山良平:伊藤節生
園田美代理:大久保英恵
若葉パパ:藤原啓治
若葉ママ:みさお
爆散先生:宮澤正



【ネットらじお】
ピッコロのらじお(水・金DJ)1p
ねとらじにて、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から生放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック
*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?

水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、ゴン、南、鳴沢楓
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、神奈川県民、全力丘


Arika報告書v
全話を見たひとこと感想。

EDも含めて4分×15回のショートアニメですが、

1時間くらいの映画を見てるような驚くほどクオリティの高い作品でした。


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆3・8  
物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

----------------------------------------------------------------------------------------

4分のおはなしが15話だからぜんぶ見ても1時間。

主人公の小学五年生の姫路若葉(ひめじわかば)には、幽霊が見えます。

オカルトマニアで元気な眼鏡っ娘の転校生、東 礼子(あーちゃん)だけは若葉に親しく接してくれますが、若葉に勝手に付きまとう悪い霊が近づく人たちに災いを招くため、若葉はクラスでは魔女と呼ばれ、ずっと心を閉ざしてきました。

道端に捨て猫のように転が っていたピンクでまん丸フカフカの謎の生き物、ポーちゃんと出会った若葉は、片言で話し夏目友人帳のにゃんこ先生のように悪霊から若葉を守ってくれるポーちゃんと、初めての友達になってくれたあーちゃんのおかげで笑顔を取り戻していきます。

そんな若葉の前に同じ悩みを持っていると思われる結城直哉(ゆうきなおや)が現れますが、直哉の力になりたいと願う若葉たちに平穏な日々は訪れるのでしょうか・・・。

ちょっとさびしい感じとほのぼのがまざったみたいかな、ちょっとフシギな感じでした。

途中の何気ない会話から予想も出来ましたが、最終回で涙腺を直撃された私は、2周目ではポーちゃんの一挙手一投足に涙が止まりませんでした。

EDも含めて4分×15回のショートアニメですが、驚くほどクオリティの高い作品でした。

1時間くらいの映画のアニメを上手に15個に分けたらこんな感じになるのかも?

ぷちアニメみたいだけどちゃんとつながってて、最後まで見てたらナゾがとけてアナタも泣いちゃうかも・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック