FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

気になる作家の魅力*6(おうた うに)

kage

2014/03/14 (Fri)

2014年03月14日号
Arika作家紹介2

担当:ArikaArika報告書v1アイコン 

イラストレーター『おおた うに』さん

雑誌で気になったイラストレーター・おおたうにさんのイラスト満載の書籍を紹介!

夢みるおしゃレシピ

夢みるおしゃレシピ夢みるおしゃレシピ
(2006/04)
おおた うに、吉田 美生 他

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 おしゃれもお菓子もやめられない!
 ハート→ショコラショーとマシュマロ、グロッシー→チョコレートケーキ、ボーダー→ピスタチオのシフォンなどなど。各ページのテーマにあったスウィーツとそれにまつわるおしゃれのことをエッセイとイラストで楽しく展開していきます。巻末にはレシピと難易度レベルが紹介されているので気になるお菓子は早速チャレンジ!




見た目診断/おおたうに

見た目診断見た目診断
(2004/11/18)
おおた うに

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 あなたはどのタイプ?
人は見かけでここまでわかる! これはおもしろい!! スタイル別、カラー別、年代別、あらゆる独自の視点でここまで見かけで診察できてしまうなんて。しかも、分折が的を得ていてあたっているところがすごい。周りの人はどのタイプ? 自分はどのタイプに!? ピアスをあけると白い糸が……。 そうそう!と頷けるエピソードも満載です。 




美女図鑑

美女図鑑美女図鑑
(2014/01/25)
おおた うに

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 世界中の美女のおしゃれの秘密がいっぱい!
ジェーン・バーキン、オードリー・ヘップバーン、イーディ・セジウィック、ポンパドゥール夫人、ソフィア・ローレン、マリリン・モンロー、ジーン・セパーグ、ツィッギー…など、お洒落さんなら誰もが名前を挙げるたくさんのお洒落な有名人たちのうにさんのイラストと文章は読んでいてためになりました。彼女のフィルターを通して改めて?掲載されている美女達の美しさを再確認! 何よりも1番オシャレさんなのはうにさんなのでは?




乙女の教科書

乙女の教科書乙女の教科書
(2008/07/02)
おおたうに

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 この1冊で、おしゃれの基本が全部わかる☆
中身は「L25」というOL向けのフリーペーパー(東京のみ?)のまとめだそうなのですが、見てない関西の私には新鮮でいいです。「オフィスでの冷房対策」「パーティーに持っておきたい1着」「いつもの印象を変える方法」etc…。きちんとキレイに見せつつ、自分らしいスタイルを持ちたいと思う働く女性に向けた、おしゃれのヒント満載。これがあれば、毎日のコーディネートに悩むことも、お買い物の失敗も減るはず☆




乙女の教科書Ⅱ

乙女の教科書II乙女の教科書II
(2009/12/16)
おおたうに

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 おおたうに流「おしゃレッスン」 おでかけ編☆
中身は「L25」というOL向けのフリーペーパー(東京のみ?)のまとめ第2弾!前巻同様、OLさん世代向けに季節毎の章でまとめられています。色とりどりに、コーディネート、小物、メイク等、うにさんのイラストがたくさん描かれていて、眺めているだけでも楽しいです。「大人のためのTシャツ」「夏ワンピースの、秋アレンジ」「アウトドアアイテムを街でもかわいく着る」…などなど、リアル女子の、等身大のおしゃれを提案します。




和の色洒落色

和の色洒落色和の色洒落色
(2012/02/17)
おおたうに

商品詳細を見る



Arikaアイコン(小)1 色を知れば、毎日がもっとおしゃれになる。
女の子のセンスを向上させるマホウの31色。

テーマは「日本の女の子に絶対似合う、美しい色」。日本古来の色をファッショナブルなイラストと共に楽しく学びなおす、色づかいセンスアップ☆ タイトルどおりに色を扱う書籍のため、発色が非常にきれいで感激した。キラキラの表紙に可愛い女の子がいっぱいで、見ているだけで女子力UPした気…和独特の色と名称い関して学ぶべき点もあり、つくづく着物の色や柄は日本の伝統文化になじみ、日本人の髪や肌や目の色が一番生かされるためにあるのだなぁと再確認しました。





シネマガールスタイル

シネマガールスタイル (ブルームブックス)シネマガールスタイル (ブルームブックス)
(2005/07)
おおた うに

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 おしゃれは映画のヒロインから盗んじゃえ★
映画★おしゃれ本です。ページ数が少ないし、いつもより毒気はないけどイラストは本当にコケティッシュで切れ味があり、また映画評としても学ぶべき乙女目線でした。この本でとりあげられていた『東京上空いらっしゃいませ』は未見なのですごく観たくなりました。 もしもこの本を見て気になる映画があったら、すぐにビデオ屋さんに走って観て下さい。きっと、あならもシネマのチャーミングな彼女たちに恋しちゃいます





お江戸ガールズライフ/江藤 千文(著) おおた うに(絵)

お江戸ガールズライフお江戸ガールズライフ
(2005/12)
江藤 千文、おおた うに 他

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 江戸のファッション・美容・暮らし方がおしえてくれる「粋な女」のスピリット★
著書は江藤千文さんなのですが想像以上にめっけもので、おおたうにさんのかわいいカラーイラスト満載で紹介しています。主に紹介されているのは、江戸後期。町民文化まっさかりの時代です。読んでて、とにかく著者の江藤さんがよく勉強されてることがゆるぎがない文から伺えます。「人が楽しく生きられた江戸時代」とこの頃巷でよく耳にしますが、まさにそれを裏付ける内容でした。現代よりも結婚相手や生活に制限が多かった江戸の女性たちがそれでも自分達の「分」の中でめいっぱいカルチャーを楽しみ、いかに粋でお洒落で格好良く生きていったか、ということがグイグイ伝わってきてきます。この本でお江戸の風俗を知ったうえで、興味がある文献や小説に行く…というのがおすすめかもしれません。




Profile おおた うに

1974年2月生まれ横浜育ち。

イラストレーター。

好きなもの…かわいいもの、キラキラしているもの。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック