FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

気になる作家の魅力*5(・漫画家:西炯子)

kage

2014/02/25 (Tue)

2014年02月25日号
Arika作家紹介2

担当:ArikaArika報告書v1アイコン

西炯子作品の代表といえば・・・

30代半ばのOLが初老男性に迫られる『甥の一生』、

アラフォーの図書館司書がイケメン精神科医との不倫愛を繰り広げられる『姉の結婚』。

西炯子作品は、幸福な結婚から大人のエロまで、30代女子の心を最高にときめかせるシチュエーションが多い。

そこで、 好きな『西炯子』作品10冊



甥の結婚

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/03/10)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 大手電機会社に勤めるつぐみは、長期休暇で祖母の家に身を寄せていた。祖母が亡くなると突然に祖母の教え子という初老の男・海江田が現れ、奇妙な同居生活が始まる。海江田はつぐみに熱烈に迫り!? 美しく頑な、でも折れそうに脆い大人の女性が、恋の幸せを知る! 

此処にいても良いのかと他者に期待を持つ事を諦めている海江田が、自分の居場所を見つけ結婚をして、家族を持つことにより報われなかった思いを自ら叶えてゆく。 全ての登場人物が「家族」について揺れ動いているような気がします。愛し合うということは、お互いの存在を肯定し合うということなんですね。西先生は本当に、こういう人の機微を描くのが巧い!





姉の結婚

姉の結婚 1 (フラワーコミックスアルファ)姉の結婚 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2011/05/10)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 もう恋愛は煩わしいと、故郷で”プチ老後”を送る39歳のヨリ。しかし、中学時代から彼女を慕していたというイケメン精神科医・真木と不倫関係になり!? 始まりは不倫だが、人生を変える真の愛がある。大人のリアルと純愛のときめきが同居した恋愛物語。

ヨリも真木も理恵もみんな一番欲しい人に愛をもらえなかった人みたいですね。ヨリは自分の全てを以て愛することに恐怖を感じているし、理恵は愛の結婚を望む真木とは絶対に離婚しないだろうし、散々愛を得られないでいる真木はだからこそヨリにあそこまで固執するんですよね…。いつになったらこの3人は愛を手に入れるのだろうか。それともできないのか…? いままでの自分を変えることは、大人になればなるほど困難です。だけど、それと引き換えにできる大切なものを見つけることは、ある意味幸福かもしれません。6巻では本当にまさかの展開です。作中にある真木のセリフ「愛は喜びに満ちているべきだ。心からそう思う」は、とても重くて切ない気持ちにさせられました。





西炯子エッセイ集 生きても生きても

西炯子エッセイ集 生きても生きても (フラワーコミックスルルルnovels)西炯子エッセイ集 生きても生きても (フラワーコミックスルルルnovels)
(2011/11/10)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 西炯子の初エッセイ集!は、 正直、”西先生ってこういう人だったんだw”と驚きました。今では読めない若き日の辛辣エッセイから、最近の痛快エッセイまで一挙に収録! 日常のあれこれ、エッチめエピソード、いろんな鑑賞日記などを、作者ならではのユニークな視点とユーモアあふれる毒舌で語ります。各誌に掲載された当時の挿絵や、まんが原稿の裏に描いた秘密の落書きも収録。西先生の魅力満載、爆笑しつつ思わず納得な楽しいエッセイ集!





一生中2じゃダメかしら?

一生中2じゃダメかしら?: 西炯子エッセイ集 (フラワーコミックスアルファルルルノベルス)一生中2じゃダメかしら?: 西炯子エッセイ集 (フラワーコミックスアルファルルルノベルス)
(2012/11/24)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 人気まんが家・西炯子の刺激的な爆笑エッセイ、第二弾は、アラフォー女子の想いが炸裂!

「絶望女子会ダメーニ」、”ステマ””マンU”など日常の気になったこと、マンガに目覚めた小・中学校時代の想い出……。今では読めない幻のエッセイも収録し、レアイラスト16枚のカラー口絵もあり! マンガ作品にも通じる、西先生の鋭い思考と毒舌がまるっと堪能できる一冊! 

このエッセイを読むと 『ひとりで生きるモン!』 に登場する“下尾洋子(39歳)”や“ムダマン”の源流がまんま見出せます。





西炯子のこんなん出ましたけど、見る?

西炯子のこんなん出ましたけど、見る? (フラワーコミックススペシャル)西炯子のこんなん出ましたけど、見る? (フラワーコミックススペシャル)
(2011/04/08)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 西炯子のお蔵出し大放出です。かつて別冊ヤングサンデーで連載された幻のショートショート「ちるちる!」や抱腹絶倒の4コマ「ひとりで生きるモン!」など、普段の西炯子作品では味わえない作品群が目白押しのお買い得なコミックス…。中身はBLっぽい初期の「水が氷になるとき」のような話もあれば、「ひとりで生きるもん!」のような突き放したクールな4コマもあり、青年誌に掲載された小学生6年の男女の、下品でエロくてかわいい話がまるっと収録されていたりと、バラエティ豊か…というか本当にごった煮状態で、西先生のファンである者にとっては、これ以上お得なオマケ本はありません。





ふわふわポリス

ふわふわポリス (フラワーコミックスアルファ)ふわふわポリス (フラワーコミックスアルファ)
(2010/10/08)
西 炯子

商品詳細を見る

Arikaアイコン(小)1 彼氏なしで仕事もやめたい28才の婦警のエリと、なんでも丸暗記してしまうひよここと芙蓉子の凸凹コンビが難事件もきっちり解決!? 寿退社を夢見るエリの未来はどうも明るくなりそうもない?

ふわふわにもバリキャリにもなれない女性を主人公に持ってくるあたり、やはり西先生は目の付け所が違いますね。婦警コンビモノというと、男性誌に多いチラリズム系の漫画が多いですが、こちらもエリの脚線美にご注目あれ!





亀の鳴く声

亀の鳴く声 (フラワーコミックス)亀の鳴く声 (フラワーコミックス)
(2008/06/26)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 趣味でこっそり少女まんがを描いている生真面目な市役所職員の中川信は、ファミレスで出会った女子高校生の高月くれはに成り行きで自分の原稿を見せる。すると中川のまんがに感動したくれはは、強引に彼を東京の出版社に連れていくことに…!? メガネ&スーツ系男子と美人女子高生の爆走青春オフロード・ストーリー!! ・・・なのですが、冴えない公務員&美人女子高生っていう設定が、見方によってはブラコンの妹のようなくれはと、大の大人なのにその妹に振り回されっぱなしの兄貴みたいな中川とのやり取りみたいでほのぼのします。一冊まるまる二人のお話の短期連載ものでしたが、読み終えてまた読みたくなる、後味スッキリの作品でした。





電波の男よ

電波の男よ (フラワーコミックス)電波の男よ (フラワーコミックス)
(2007/10/26)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 高校時代、アマチュア無線が唯一の楽しみだった冴えないサラリーマンの大河内寿三郎(おおこうちじゅさぶろう)は、顔も名前も知らないかつての交信仲間の女性を忘れられずにいる。そんなある日、社内の間違い電話から、彼女によく似た声を聞き…。ちょっとワケありな男女の恋を描いた恋愛傑作よみきり短編集です。この作品は淡々とした描写ながらも乙女心くすぐる「現代のお伽話」で、西先生の描かれるメガネで陰な男がたまらん~魅力で、ちょっと不釣合いなくらいのほうが読んでてメラメラ燃えるってもので…(笑)。また、大人の恋3編が収録されており、台詞なしで伝わるラブシーンがいつも素敵





放課後の国

放課後の国 (小学館文庫 にA 9)放課後の国 (小学館文庫 にA 9)
(2013/05/15)
西 炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 クラスのあぶれ者が集まった“微妙班”。数学フェチに、天文マニア、エロ小説を書くオタク女子などなど、ひとクセもふたクセもあるメンバー6名それぞれを主人公に描いた愛と友情の青春攻略本!・・・なのですが、あの時代特有の心のひだを丁寧に、ときにちょっとイタ目に描いており、エキセントリックな男たちや、コンプレックスを抱えた女子など、その後に繋がる描写が垣間見えて、なにより個々の話の締めの余韻は素晴らしく、仄かに暖かい心の交歓を描く短編でした。





なかじまなかじま 2

なかじまなかじま 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)なかじまなかじま 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2013/12/20)
西炯子

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1 非モテ女子・麗奈の前に二人の男が。一人は野獣系中年(44)、一人は爽やか高校男子(16)! 二人は親子で…!? 非モテ女子の親子三角関係ラブコメディ!!、という少女マンガではお約束の展開ながら、キャラの設定は非常にぶっとんでるから今まで読んだことのないようなラブコメに仕上がっています。そして、20年のキャリアを誇る西先生の手練れた仕上がりの絵柄やストーリー性の丁寧さもまた魅力!  




Profile 西 炯子(にし けいこ)

12月26日生まれ。鹿児島県出身。

1988年『待っているよ』でデビュー。

代表作に『娚(おとこ)の一生』、“STAY”シリーズなどがある。

現在、「月刊flowers」で活躍中。








関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック