FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

火の旅/日和 聡子

kage

2014/03/03 (Mon)

2014年3月のBook特集!
Arika(愛すること、恋する心)

大人になっても、経験を重ねても、思いとおりにならないのが「恋愛」

だからこそ、熱い想いに身を焦がし、切ない恋に溺れてみたいと思うのかもしれません。

「人生は素敵」と思えるような、のある本を2014年3月のBook特集としてご紹介します。



アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika
★いるのにいない人と、いないのにいる人と。

火の旅火の旅
(2007/02/24)
日和 聡子

商品詳細を見る


互いの人生が一度きりのものであることを思うと、拒めなかった―。

恋人殿村への思いを激しく抱きつつ、光子はその人生に殿村と同様に深く匕首を刺し込んで来る文学作品の主人公を辿る旅へと立つ。

作品は梅崎春生の「幻化」。

鹿児島から、熊本、阿蘇へ。

火の国を歩く光子が見たものは…。恋愛と文学の炎を重ねる長編小説。


Arikaアイコン(小)1

人は、いつ、どこで、誰と出会ってしまうかわからない。

恋人への思いを抱えつつ、光子は文学作品の主人公を辿る旅へ立つ。

鹿児島から熊本、阿蘇へ。

戦後文学の名作、梅崎春生の『幻化』の登場人物の足跡をたどることで重層的小説の世界を構築する異色作。

『幻化』は梅崎の分身、主人公・久住五郎が、鹿児島や熊本など九州をめぐり、梅崎の初期の作品『桜島』を辿り直す旅の記憶である。

『火の旅』の主人公・光子は『幻化』の五郎の旅を忠実になぞる。

『桜島』を辿る『幻化』をさらに『火の旅』が追いかける。

『幻化』の物語が織り成す虚実の迷路。

いないのにいる人と、いるんだけどいない人。

人は、フィクションをいくつも抱えて生きているものだ…







F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック