FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

[エッセイ]TALKING・SOUNDS…no1(♪BGM:卒業写真/松任谷由実 )

kage

2014/03/04 (Tue)

さくら2014い1

♪BGM:卒業写真/松任谷由実



は3月弥生。

花の芽が吹き始めて、俳句の季語にもあるけど「 山が笑い 」始めます。

でも、まだまだ寒い。3月は卒業式のシ-ズンです。

みんなと別れるのは辛いけど、4月から新しいことが待っていると思うとドキドキします。

でも今は別れの哀愁に浸っていたい時。

卒業式が終わり、まだお昼の強い日差しの中校門を出るとき校舎が遠くに感じた。

いつも持っているカバンがないせい? 

両手が軽くて何か忘れ物をしたような気がして、何度も振り返ってしまう。

あんなに学校へ行きたくなかったときもあったのに、今は何故か少し恋しい…。

卒業式の後、教室で見慣れた友人の顔が急に大人っぽく感じたのは、春の日差しのせいだったのでしょうか。

… この季節が来ると、ユ-ミンの『♪卒業写真』のメロディが頭の中をグルグル駆け抜けます。

あの頃大好きだった ”あの人 ” は今では二児のパパに成っていると風の噂で耳にしました。

どんなパパに成っているのでしょうか?  想像すらつきません。

20年という歳月が経っているのに、私の中の”あの人”は今でも18歳のままなのです。

いくつになっても、こんなに、ほろ苦くて、切なくて、恋しい気持ちに成るのは・・・、

やっぱり、 ” あ な た は 私 の 青 春 そ の も の ・ ・♪ ” だったからなのかな?











関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック