FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

夢二の恋文/竹久夢二(著)  近藤富枝(監修)

kage

2014/03/07 (Fri)

2014年3月のBook特集!
Arika(愛すること、恋する心)

大人になっても、経験を重ねても、思いとおりにならないのが「恋愛」

だからこそ、熱い想いに身を焦がし、切ない恋に溺れてみたいと思うのかもしれません。

「人生は素敵」と思えるような、のある本を2014年3月のBook特集としてご紹介します。



アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika
★絵竹久夢二が永遠に愛した女性。

夢二の恋文 (新風舎文庫)夢二の恋文 (新風舎文庫)
(2007/04/02)
竹久 夢二

商品詳細を見る


大正ロマンのデザイナー・詩人そして画家として一世を風靡した竹久夢二。

少女たちにこよなく愛された夢二の芸術は、7年間の逢瀬を過ごした女性・彦乃との出会いにより頂点を極めた。

彦乃の死後も想い続けた夢二の恋愛観を、純粋な感性から紡ぎだした夢二文学で紹介。

扉には、モダンな雰囲気で現代女性を魅了する夢二デザインを挿入。




Arikaアイコン(小)1

美人画で有名な大正浪漫を象徴する画家・竹久夢二。

彼はまた恋多く漂 の画家としても有名でした。

そんな彼が心から愛した女性、笠井彦乃との恋は、彼女の父親に大反対された の道でもありました。

夢二の元へ行っては連れ去される。そんなことを繰り返しているうちに彦乃は病に倒れ、帰らぬ人となります。

この本は彦乃への想いを綴った夢二の詩・散文・日記を集めたもの。

それは彦乃へ宛てた熱烈な恋文でもありました。

「わたしは盲目になりませう。/よその女を見ぬやうに。/盲目になつて好いけれど/あなたを見る時どうしませう。」

夢二の美人画がまた違って見えてきます。




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック