FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2014☆春)アニメ化された原作・コミック・1[ハイキュー!! /ベイビーステップ/ソウルイーターノット! /悪魔のリドル/それでも世界は美しい]

kage

2014/04/15 (Tue)

Arika2014春

2014年春(4月~6月)に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■アニメ化された原作・コミック・1

・ハイキュー!!
・ベイビーステップ
・ソウルイーターノット!
・悪魔のリドル
・それでも世界は美しい

アニメを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!


ピッコロ夏2013電車3 

*毎週水曜日と金曜日21時30分から一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ放送「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?
 FC2ブログ「ゲームアニメについてぼそぼそ語る人」

*ラジオはこちらのアドレスをクリックすると再生されます(放送時間のみ)http://std1.ladio.net:8010/koubow.m3u
水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、ゴン、南、鳴沢楓
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、神奈川県民、全力丘





ハイキュー!!

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)
(2012/06/04)
古舘 春一

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月6日(日)17:00~(毎日放送)

【キャスト】村瀬歩、石川界人、日野聡、入野自由、林勇、細谷佳正、岡本信彦、内山昂輝、斉藤壮馬、増田俊樹、名塚佳織、神谷浩史、田中一成、浪川大輔スタッフ監督:満仲勧、

【スタッフ】監督:満仲勧 、シリーズ構成:岸本卓、キャラクターデザイン:岸田隆宏、総作画監督:千葉崇洋/海谷敏久、アクション設定:甲斐泰之、美術監督・設定:立田一郎、色彩設計:佐藤真由美、撮影監督:中田祐美子、3DCGI:ダンデライオン、編集:植松淳一、音響監督:菊田浩巳、音楽:林ゆうき/橘麻美、制作会社:プロダクションI.G

■あらすじ
ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いで出場した中学最初で最後の公式戦で、日向のチームは「コート上の王様」と異名をとる天才プレーヤー、影山飛雄に惨敗。リベンジを誓い鳥野高校バレー部の門を叩いた日向だが、何とそこにはにっくきライバル、影山の姿が…!?

公式サイト:ハイキュー!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 少年誌マンガの王道・スポ根バレー!! 
現在の週刊少年ジャンプで最もおススメする漫画です。バレーボールという、少年漫画のテーマとしてはメジャーともマイナーとも言い難い微妙なラインのスポーツであるがために若干のとっつきにくさがありますが、この漫画を読めば、バレーが今までよりぐっと好きになること請け合いです。ストーリーはというと、未熟ながら心身ともに元気いっぱいで、特別な才能を秘めた少年・日向と一流の技術を持ちながらもそれを活かしきれなかった不器用少年・影山という、誰よりもバレーを愛してやまない2人の少年が、かつての強豪校・烏野高校のバレー部で出会ったことから始まる、キラキラ青春スポ根ストーリー。2人の主人公が真剣で「コートに立っていたい」という想いにきみもきっと胸が凄く熱くなる!





ベイビーステップ

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
(2008/02/15)
勝木 光

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月6日(日)17:30~(Eテレ)

【キャスト】村田太志、寿美菜子、浪川大輔、寺島拓篤、下野紘、柿原徹也、優希

【スタッフ】監督:むらた雅彦、シリーズ構成:千葉克彦、キャラクターデザイン:甲田正行、制作:会社ぴえろ

■あらすじ
勉強にしか興味のなかった主人公・栄一郎(15歳)は、運動不足解消の為に立ち寄ったテニススクールでの出会いをきっかけに、テニスの奥深さに目覚める。全くの素人だった栄一郎は、身体面での不利を、持ち前の観察・分析力と、徹底して身に付けたボールコントロールで補っていく。初めは栄一郎のことを相手にしていなかったジュニアテニス界の強豪選手たちも、彼のひたむきな姿勢に触発され、少しずつ意識を変化させていくことに…。

公式サイト:ベイビーステップ

----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 「メモ魔の主人公」という分析型優等生の型を作り上げた本格テニス
少し変わった真面目キャラクターがテニスの世界を面白く案内してくれる感じです。本格的だとは思うのですが、未経験者でも入り込める内容です。 主人公は成績オールAの優等生な高校生の男の子エーちゃんが、テニスにのめりこんでいく。エーちゃんは笑えるほどの完璧主義で成績優秀者なんだけど、特別、天才なわけでも器用なわけでもなく、ひたすら努力するタイプ。そんな彼が素人から次々とレベルアップしていく戦いの軌跡を描く。その努力する姿勢が、ひたすら前向き。そんな主人公の姿にきっときみも「がんばろー」って思えるはずです。






ソウルイーターノット!

ソウルイーターノット! (1) (ガンガンコミックス)ソウルイーターノット! (1) (ガンガンコミックス)
(2011/09/22)
大久保 篤

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月8日(火)26:00~(テレビ東京)※レギュラー放送時間25:40~

【キャスト】千菅春香、悠木碧、早見沙織、櫻井孝宏、山下誠一郎、小松未可子、小岩井ことり

【スタッフ】監督:橋本昌和、シリーズ構成:橋本昌和、キャラクターデザイン:小池智史、色彩設計:菊池和子、撮影監督:福士享、音響監督:若林和弘、音楽:林ゆうき/橘麻美、音楽制作:KADOKAWA(メディアファクトリー)、制作会社:ボンズ

■あらすじ
どこをとっても"普通"な少女・春鳥つぐみ、天然少女・多々音めめ、ツンデレお姫様・アーニャ・ヘプバーンの三人が死武専を舞台に紡ぐ、殺伐だけどウキウキ学園ライフ♪

公式サイト:ソウルイーターノット!

----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 「死武専での日常」というか、ほのぼの学園コメディーバトル
本作品はスピンオフ作品です。本編を読んでいる人はより面白く、この作品で知った人は、本編を読みたくなるような作品です。内容を簡単に説明しますと、表紙の女の子3人が「死武専」という一種の魔法学校の中で学園生活を送ったり、ささいな問題を解決したりする話です。ハリーポッターのホグワーツ魔法学校やネギま!の麻帆良学園みたいな世界観が好きな人はハマると思います。作者のアッシャーさんにはずっとこのノリで続けて描いていただきたいですね。




悪魔のリドル

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)
(2013/07/09)
南方 純

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月3日(木)26:13~(毎日放送)

【キャスト】諏訪彩花、金元寿子、南條愛乃、浅倉杏美、内村史子、内田愛美、三澤紗千香、大坪由佳、荒川美穂、佳村はるか、安済知佳、沼倉愛美、山田悠希、櫻井孝宏、杉田智和

【スタッフ】監督:草川啓造、シリーズ構成・脚本:吉村清子、脚本:横谷昌宏/藤咲あゆな、キャラクターデザイン・総作画監督:井出直美、武器・格闘監修:大塚あきら、アクションディレクター:佐野誉幸、色彩設計:中田亮大、美術監督:武藤正敏、撮影監督:伊藤康行、編集:小島俊彦、音響監督:岩浪美和、音響制作:ダックスプロダクション、音楽:藤澤慶昌、音楽制作:ポニーキャニオン、制作会社ディオメディア

■あらすじ
舞台となるミョウジョウ学園10年黒組は、たったひとりの標的(ターゲット)とそれを狙う女子高生暗殺者12人で構成されていた。ひとり命を狙われながらも必ず生きて卒業すると誓う一ノ瀬晴。彼女が標的だと気づきつつも、距離が縮まるにつれ、晴がもつあたたかさに次第に惹かれていく東兎角。クラスメイトが刃を剥くとき、兎角は晴の守護者として立ち向かうのか、それとも……?

公式サイト:悪魔のリドル

----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 百合×殺し屋に期待!!
とある学校のクラスの12名の暗殺者と1人の暗殺対象の話。緊張感があってハラハラして、最後まで一気に読みました。兎角と晴、守る者と守られる者の関係が次巻以降どう深まっていくかに注目しつつ、他の殺し屋たちの動向からも目が離せません。まだ何とも言えませんが、登場人物達に秘密が隠されている様で、これから面白くなりそうな可能性は充分秘めていると感じました。また、アニメにないところが原作に描いており両者は補完関係にあるんじゃあないかと…。アニメを見てから読む方が面白いと思う。





それでも世界は美しい

それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)
(2014/04/02)
椎名橙

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月5日(土)26:55~(日本テレビ)※レギュラー放送時間26:20~

【キャスト】前田玲奈、島﨑信長、杉田智和、伊瀬茉莉也、茅野愛衣、寺崎裕香、浪川大輔、横山智佐、潘恵子、櫻井孝宏、池田秀一、二又一成、富田耕生、青木瑠璃子、大塚みずえ、佐武宇綺

【スタッフ】監督:亀垣一、シリーズ構成:藤田伸三、キャラクターデザイン・総作画監督:夘野一郎、画面設計:田中比呂人、プロップデザイン:早川加寿子、美術監督:清水友幸、色彩設計:北沢希実子、撮影監督:松本敦穂、編集:坂本雅紀、音楽:山下康介、音響監督:浦上靖之/浦上慶子、制作会社studioぴえろ

公式サイト:それでも世界は美しい

----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 素直なお姉さんと素直じゃない少年王  
ニケ姫は雨の公国第4皇女。雨の国の自治を認めてもらうかわりに太陽の国に嫁いでくるのですが…偉そうな少年王のリヴィウスに「クソガキ」と言って、牢屋に入れられたり。もう最初からびっくりの嵐のストーリー展開。ニケ姫は天真爛漫で思ったことをそのまま言うし、思いついたらすぐ動いちゃうし、まるで少年漫画の主人公みたいな人。だからこそリヴィウスはどんどんニケに惹かれていくワケですね。雨の国の姫がニケで、太陽の国の王子がリヒなのに、キャラクター的にはニケがキラキラ輝いてて、リヒがジメっと低温な感じです。そこんとこも面白いなあ、と思いました。だんだんお互いが大事になっていって、リヒはちょっと判りにくい愛情表現もあるんだけど、ともかくニケを大事にしていて「イイ男!」に成長中です。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック