FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2014☆春)アニメ化された原作・コミック・3[ 健全ロボ ダイミダラー/マンガ家さんとアシスタントさんと/犬神さんと猫山さん/僕らはみんな河合荘/監督不行届 ]

kage

2014/04/17 (Thu)

Arika2014春

2014年春(4月~6月)に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■アニメ化された原作・コミック・3

・健全ロボ ダイミダラー
・マンガ家さんとアシスタントさんと
・犬神さんと猫山さん
・僕らはみんな河合荘
・監督不行届


アニメを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!


ピッコロ夏2013電車3 

*毎週水曜日と金曜日21時30分から一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ放送「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?
 FC2ブログ「ゲームアニメについてぼそぼそ語る人」

*ラジオはこちらのアドレスをクリックすると再生されます(放送時間のみ)http://std1.ladio.net:8010/koubow.m3u
水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、ゴン、南、鳴沢楓
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、神奈川県民、全力丘



健全ロボ ダイミダラー

健全ロボ ダイミダラー 1巻 (BEAM COMIX)健全ロボ ダイミダラー 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/11/16)
なかま 亜咲

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月5日(土)18:30~(AT-X)

【キャスト】島﨑信長、日笠陽子、石上静香、花江夏樹、洲崎綾、大橋彩香、木戸衣吹、田所あずさ、子安武人、堀秀行、村田太志、浅沼晋太郎、伊藤健太郎、保村真、福島潤、小山力也

【スタッフ】監督:柳沢テツヤ、シリーズ構成:吉岡たかを、キャラクターデザイン・総作画監督:ごとうじゅんじ、メカニックデザイン:やまだたかひろ、プロップデザイン:宮豊、美術監督:池田繁美、色彩設計:津守裕子、撮影監督:井上江美、編集:肥田文、音響監督:明田川仁、音楽:中西良輔、音楽制作:ランティス、プロデュース:ジェンコ、原案原作:なかま亜咲(「健全ロボ ダイミダラー」/KADOKAWA エンターブレイン刊)、制作会社ティー・エヌ・ケー

■あらすじ
突如として地球に現れた謎の生命体《ペンギン帝国》と対ペンギン専門の秘密組織《美容室プリンス》の戦いが続く中、《美容室プリンス》は《ペンギン帝国》が操る巨大ロボ《ペンギンロボ》に対抗するために開発した対ペンギンの最終決戦兵器《ダイミダラー》のパイロットを探していた。女性が持つ豊かな双丘に夢中な熱血男子高校生・真玉橋孝一は、その身に宿す未知のエネルギー《Hi-ERo粒子》の因子保有者(ファクター)であるが故に、《ダイミダラー》のパイロットに選ばれるのだが……。

公式サイト:健全ロボ ダイミダラー
----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1Hi-エロ粒子エネルギーで動くロボって(笑)
Hi-エロ粒子、ようするにエロい気持が高いと人間の身体から発散されるエネルギーで動くロボに唯一搭乗できる高校生が主人公。エロい事を考えればエネルギーが無限に出るので主人公は公然とロボのコクピットの中で同乗者の女性の巨乳を揉みしだき、重みや弾力を楽しみ、パワー不足になると服を脱がせて下着姿にまでしてエロい事をしまくるwこんな都合のよい設定がかつてあっただろうか!全くもって欲求に忠実な、頭の悪い(褒め言葉)作品である。次々と繰り出されるエロ×キャラクターのボケ×ロボットバトルのラッシュを、テンポよく読ませてくれるので、なんだか心地いい。一見ただのギャグ漫画だが、人間に対する辛辣な皮肉も含まれており、なかなか読ませてくれる。平和なペンギン帝國の接待を一方的な人間の価値観で台無しにして戦争状態にしてしまったりした所など、奥の深さを感じさせる。アニメにも期待したい。



マンガ家さんとアシスタントさんと

マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/10/27)
ヒロユキ

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月7日(月)25:05~(TOKYO MX)

【キャスト】松岡禎丞、早見沙織、能登有沙、釘宮理恵、井口裕香、田中真奈美、伊藤美来

【スタッフ】監督:古田丈司、シリーズ構成・脚本:伊丹あき、キャラクターデザイン・総作画監督:鶴田仁美、プロップデザイン:出野喜則、美術監督:田尻健一、色彩設計:篠原愛子、特殊効果:イノイエ シン、撮影監督:久野利和、編集:平木大輔、音響監督:本山哲、音響制作:マジックカプセル、音楽:菊谷知樹、音楽制作:ランティス、原案原作:ヒロユキ(ヤングガンガンコミックス/スクウェア・エニックス刊)、制作会社:ZEXCS

■あらすじ
マンガ家の愛徒勇気と、アシスタントの足須沙穂都との平々凡々な日常をゆるく描く爆笑マンガ家ライフコメディー!

公式サイト:マンガ家さんとアシスタントさんと
----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1よくも悪くもまさにヒロユキワールド全開!? 
内容はあってないようなものです。かといって勢いがあるかといえばそうでもなく
ただ、キャラがのびのびと動いているいい作品で、よくも悪くもまさにヒロユキワールド全開!? 自分が変態だと思う人や、変態を眺めるのが好きな人はきっと面白いハズ。漫画家とアシスタントという設定に関しては特に意味ないです、別の舞台でもいいだろうけど、こっちのほうが描きやすかったんじゃないですかね。ヒロイン勢はキレイ系から可愛い系、キツイ系と選り取り見取り。でも主人公に対してはみんなして一歩引き気味、割と酷いことを言ったりやったり。気の置けない仲にして根底には互いへの好意がある、それ故の読んでいての不愉快さのなさではあるのでしょう。マンガ家という職業の裏側に興味をかき立てられ、笑って読めてごくごくたまーに「イイハナシダナー」というものもある。最初から最後まで安定して読める、作品のテーマに趣味と関心とが合いあるのなら、安心してお勧め出来る作品です。





犬神さんと猫山さん

犬神さんと猫山さん (1)巻 (百合姫コミックス)犬神さんと猫山さん (1)巻 (百合姫コミックス)
(2013/01/18)
くずしろ

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月3日(木)25:00~(テレビ埼玉)

【キャスト】上坂すみれ、東山奈央、大坪由佳、堀野紗也加、藤本葵、長弘翔子、山崎エリィ、原田ひとみ

【スタッフ】監督:永居慎平、脚本・演出:永居慎平、キャラクターデザイン・作画監督:みうらたけひろ、音響監督:大室正勝、音楽:G-angle、制作プロダクション:ドリームクリエイション、音響制作:ダックスプロダクション、原案原作:「犬神さんと猫山さん」(くずしろ著・コミック百合姫連載)、制作会社:セブン

■あらすじ
犬っぽい犬神さんのストレートな萌え表現に、猫っぽい猫山さんは今日も素直になれません。ちっちゃくてネズミ的な杜松さんと人妻エロスを晒し出すJK・牛若さんにプラスして、キレッキレ(違)猿飛さんと、プロ患者鳥飼さんも学園生活に。全方向突っ込みで、真っ当な秋ちゃんだけが疲れっぱなしの日々。

公式サイト: 犬神さんと猫山さん
----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1がつがついかないユル系ギャグ百合学園もの
猫好きだけど本人は犬っぽい犬神八千代と、犬好きで行動は猫っぽい猫山鈴、基本欲望に素直な犬神さんにツッコミを入れる柊木秋。この3名と、後程登場する生物部(通称あらいぶ)の2名を中心に話は展開します。冒頭で犬神さんが猫山さんに一目惚れし、猫山さんも当初はツンデレ気味ながら、悪い気はしてないって感じですね。設定とか難しくない学園モノなので、気楽な感じに4コマ百合漫画を読みたい人にはオススメです。私はキャラの可愛さや、性格にギャップがある部分が気に入り、ギャグも充分に笑える内容だったので満足しました。4コマ漫画ながら百合度は高めで、男が一切登場しないのも良い点だと思います。最近は百合風味の4コマ漫画も珍しくないですが、こちらは百合姫コミックだけあってガチ百合です。そういうのがお好みな方には、オススメできる作品だと思います。  



僕らはみんな河合荘

僕らはみんな河合荘 4巻 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 4巻 (ヤングキングコミックス)
(2013/05/30)
宮原 るり

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月3日(木)26:16~(TBS)

【キャスト】井口祐一、花澤香菜、四宮豪、佐藤利奈、金元寿子、小林沙苗

【スタッフ】監督:宮繁之、シリーズ構成・脚本:古怒田健志、キャラクターデザイン:栗田新一/河野真貴、ゲストキャラクターデザイン:山中純子、音響監督:川添憲五、音楽:松田彬人、音楽制作:ランティス、音響制作:ダックスプロダクション、原案原作:宮原るり(ヤングキングアワーズ/少年画報社)、制作会社:ブレインズ・ベース

■あらすじ
親の転勤で念願の一人暮らしを始めることになった高校一年男子・宇佐は今時珍しいまかない付き下宿「河合荘」に住むことになった。 河合荘にはあこがれの先輩・律も住んでいて、楽しい高校生活を夢見るが・・・??  河合荘には律のほか、M気のある宇佐のルームメイト・城崎や美人で巨乳だが男運に全く恵まれない酒乱女・麻弓、腹黒猛禽女子大生・彩花など、強烈な個性を持った残念な住人たちに囲まれ、宇佐は彼らに振り回される毎日で・・・! 果たして理想の高校生活が送れるのか・・・!?

公式サイト:僕らはみんな河合荘
----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1河合荘な連中は……なんか毎日楽しそう…。
主人公は高校一年生の宇佐くん。これから夢の一人暮らし生活が始まるということで意気揚々としていたのだけど...。舞台は河合荘という、ことごとく「残念な」一面を持つ住人たちが住むところ。変態、男運ゼロ、無愛想など...そこでのドタバタコメディが楽しいです。そして憧れの知的美少女・律先輩と一つ屋根の下で暮らし始める…という、定番ながらワクワクがとまらない内容です。下品過ぎない下ネタと、品がないのに可愛い女性を描かせれば天下一品なのはいつも通りですが、ヒロインの律ちゃんがまた抜群に可愛いのです。主人公の宇佐くんも好青年で、回を重ねるごとに律ちゃんの保護者役が板についてきてるので、もう早くくっついちゃいなよってくらい良いコンビです。気負いなく読める良作ラブコメで、今後の展開が楽しみです。 シロさんのあまりの救えなさっぷりが個人的に好きです。 



監督不行届

監督不行届 (Feelコミックス)監督不行届 (Feelコミックス)
(2005/02/08)
安野 モヨコ

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月3日(木)26:25~(テレビ東京)※4月10日は26:25~、レギュラー放送時間26:05~

【キャスト】山寺宏一、林原めぐみ

【スタッフ】監督:谷東、ハイパーメディアエクゼクティブディレクター:FROGMAN、原案原作:監督不行届(安野モヨコ/祥伝社刊)、制作会社:DLE

■あらすじ
人気漫画家・安野モヨコと夫・庵野秀明のデイープな日常が赤裸々につづられた爆笑異色作。著者初のエッセイコミックでもあり、夫=カントクくん(「新世紀エヴァンゲリオン」「キューティーハニー」等の監督)のオタクぶりが初めて明かされた作品でもあります。アニメ界と漫画界のビッグカップルが、こんなにもおかしく愛おしいオタク生活を送っているなんて! 世界中に生息するオタク君はもちろん、オタ嫁(オタク夫を持つ妻)も共感すること間違いなしの衝撃作。巻末には、よりコアに楽しむために‥オタク垂涎! ?のオタク用語解説2万字を収録、ファン待望のエッセイコミックです。大増刷出来、ベストセラー驀進中。

公式サイト: 監督不行届
----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1庵野カントクがラブリー❤ オタク流愛のセリフにしびれたw
庵野監督の私生活が垣間見れて面白かったです。お洒落な漫画を描く安野さんは夫の影響で濃厚なオタクに、庵野監督は奥さんに影響されてか、それまでより体型や服装などがすっきりし…それぞれが、それぞれに影響を与えあって2人が変わっていく様が愉快に描かれていて、お互いがお互いの好きなことや好きなものやこだわりを理解しあって生きているんだなぁと感じました。互いが互いの影響を受けながら変わっていくことは、違う人生を生きてきた2人の価値観がうまく混ざりあっていることのあらわれなんだと思います。「2人でともに生きていこう」という気持ちを、安野さんの漫画と庵野監督の巻末インタビューから読み取ることができて、読んでいた私もすごく幸せな気持ちになりました。監督の愛のあるあとがきもしっかり読んでから、本編をもう一度読み直しました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック