FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

(百合小説・05) ウタカイ/森田季節

kage

2014/04/18 (Fri)

■百合男子・うさタクと腐・百合女子・Arikaの同企画レビュー!!
Arikaうさたく本3d4

(百合小説・05) ウタカイ/森田季節

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


■百合レビュー奇数ナンバー担当

Arikaうさたく5s


僕は、少女同士の恋愛を主に描いた百合に萌えてしまう百合男子なのである。

『我れ思う、故に百合あり! だが、そこに我、必要無し。』

訳:百合が好きだ!! しかしそこに男である自分は存在しない・・・いや、してはならない!!

男である僕はその場に不必要な存在だというのに、女の子同士がイチャイチャしてるのを見ると胸が熱くなり、こっそりと近くで女の子たちを観察したいという矛盾した好奇心を抱えている。

どうして百合に惹かれてしまうかは自分でも不可解な謎!?

この企画は、「百合」というジャンルに少し興味があるけれど、何から見ればいいか分からないというそんな百合初心者のあなたに向けて百合男子である僕と共にBLも百合もオールマイティで、その愛を愉しめる腐・百合女子であるArikaお姉様と2人で初心者向け百合物件(アニメ・漫画・ゲーム・小説など)を毎回1件ずつ交互にご紹介していくよ!






↑プチって押して頂けると励みになります。



あらすじA09-c013.gif

歌聖高校に通う高校一年生、登尾伊勢。最大のライバルであり、恋人の朝良木鏡霞への燃える恋心をウタに乗せて、短歌トーナメント、歌会に挑む伊勢に様々なライバルが立ちはだかる…。

個性派揃いの少女たちとの闘いの内に、伊勢の出した、ある答えとは…!?

思春期少女の気持ちが込められた短歌に次ぐ短歌。


百合的お勧めポイントA09-c013.gif

ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)ウタカイ (Yuri‐Hime Novel)
(2013/01/18)
森田 季節

商品詳細を見る



短歌を詠むことにより起動する能力で戦う異色の学園異能バトルの百合作品。

特異な設定、また主人公の少女二人の繊細な心の動きを見事に活写しておりここは良い!

「三十一文字の枠に流し込むことで自分が普段使っている言葉が特別なものになる」

まさに作者の書いた通り、短歌という文字の鋳型を使った途端見栄えがよくなる不思議。

こんなに大量に短歌を出せる作者はほんとに凄い。

短歌を競技バトルにしてそれでいて頭が沸騰しそうな百合小説として描くその発送は新しいですね。

恋人であり、ライバルでもある主人公の伊勢とヒロインの鏡霞の関係性がとてもたまらんのです。

あと歌で世界が救われるわけではないという、歌の力の限界を知りつつも 、それでも歌の力を肯定する傲慢な主人公に惚れたね。

日本画風のイラストに合わせたキラキラの装丁も雰囲気あってよかった。

気になるのは、続きがあるのかどうかってことだけど…。

物語や人物設定が良くできていたので、ライトノベル的な感じではなく、もっと濃い密度で続きを読んでみたいです。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック