FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(百合漫画・13)夜空の王子と朝焼けの姫/袴田 めら

kage

2014/05/28 (Wed)

■百合男子・うさタクと腐・百合女子・Arikaの同企画レビュー!!
Arikaうさたく本3d4

(百合漫画・13)夜空の王子と朝焼けの姫/袴田 めら

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


■百合レビュー奇数ナンバー担当

Arikaうさたく5s


僕は、少女同士の恋愛を主に描いた百合に萌えてしまう百合男子なのである。

『我れ思う、故に百合あり! だが、そこに我、必要無し。』

訳:百合が好きだ!! しかしそこに男である自分は存在しない・・・いや、してはならない!!

男である僕はその場に不必要な存在だというのに、女の子同士がイチャイチャしてるのを見ると胸が熱くなり、こっそりと近くで女の子たちを観察したいという矛盾した好奇心を抱えている。

どうして百合に惹かれてしまうかは自分でも不可解な謎!?

この企画は、「百合」というジャンルに少し興味があるけれど、何から見ればいいか分からないというそんな百合初心者のあなたに向けて百合男子である僕と共にBLも百合もオールマイティで、その愛を愉しめる腐・百合女子であるArikaお姉様と2人で初心者向け百合物件(アニメ・漫画・ゲーム・小説など)を毎回1件ずつ交互にご紹介していくよ!




↑プチって押して頂けると励みになります。


あらすじA09-c013.gif

百合漫画の旗手が少女×少女の恋の歓び、友情以上の切ない思いを描く傑作百合作品集!!

・「夜空の王子と朝焼けの姫」(描き下ろし)
一緒に乗っていた電車で一目惚れして、痴漢から助けてもらった事から付き合うことになった2人の話だが、その後相手がアメリカにいってしまう。タイトルの「夜空」と「朝焼け」は時差がある中で国際電話をする2人や、距離がありつつも続いてきてる関係を表しているみたいです。

・「あなたを虜に」(同人誌収録)
大食漢の片想いの相手に怒涛の量の心を込めた手作り弁当を作ってきてあげる話。

・「カラス女」(同人誌収録)
頑なに昔の制服を着続けて周りと衝突してしまう転校生を美しく思う委員長の話。委員長に水をかけた女生徒たちを殴った後しばらく停学になるものの、その後は周囲に馴染んでいって、主人公は逆に寂しさを感じてしまう話。

・「仮想の王国」(ヤングアニマルあいらんど収録)
別れのシーンの演劇を演じつつ本当のお別れをする演劇部の少女ふたりの話。

・「長い遠まわりの道」([es]2巻収録)
O・ヘンリーの「The Last Leaf」をモチーフにした作品です。 転校して遠くに行ってしまう片想いの相手がなんとか自分の元へ残ってくれるよう祈る主人公の話。

・「名もなき国の恋の歌」(百合姫VOL.2収録)
隣の国へ嫁いでいく姫に仕えるあやめは人一倍姫の寵愛を受けていたが、くノ一という立場上他の国に仕えるわけにはいかず、一方、あやめの前では気丈に振舞っている姫様も、実はあやめを動揺させないよう涙を堪えている。見つかれば死罪になってしまうのにも拘らず、あやめは姫様を守り続ける覚悟を決める。

・「射手と蠍の境界線」(百合姫VOL.6収録)
誕生日プレゼントも貰って、修学旅行の班も一緒になるよう誘われて、気持は充分に伝えられているのに、星座占いの相性が悪いという、ただそれだけのことで将来を心配してしまう乙女チックな少女。ラスト、キスをしてさらにHもしてもらって不安を拭い去ってもらうものの、主人公は自分のカラダが毒で蝕まれたように感じ、やはり相手は蠍座なのだと感じてしまう話。

・「キリンの首は長すぎる」(百合姫VOL.7収録)
自分の心の中を口にしてしまう少女の話。「姫子って童顔なのにおっぱい大きいから男たちに押し倒されそうで心配なんだよね」などと思ってることをそのまま本人の前で垂れ流してしまう主人公。キリンは、すぐ近くにいるのに遠くにいるように感じる少女同士の関係を表しています。

・「放物線を描く花」(百合姫VOL.8収録)
親がいないからお風呂の入れ方が分からない少女を自分の家に連れてきてお風呂に入れ体を洗い服も買って髪も整え、一緒にキレイにしていく間は楽しかったものの、キレイになった相手が次第に周りから注目されていくことに寂しさを感じてしまう話。

・「彼女の猫は夢の番人」(百合姫Selection収録)
5人目の彼女と破局して、さっそくその場で6人目の彼女になりそうな相手とHをしそうになるものの、別れた後で5人目の相手が自分の本当に好きだった相手だと気づいてしまう話。

・「愛しのメイド様」(百合姫S収録)
アタックを受け続けていたダッコちゃんに先輩が突然欲情して最後押し倒してしまう話。



百合的お勧めポイントA09-c013.gif

夜空の王子と朝焼けの姫 (IDコミックス 百合姫コミックス)夜空の王子と朝焼けの姫 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2007/07/18)
袴田 めら

商品詳細を見る


『夜空の王子と朝焼けの姫』は、正統派の百合ぃ短編集です。

絵はあいかわらずの独特さが良い味を出していますが、女の子以外にはまったくやる気の感じられない画風がなんか笑えるw

袴田めら先生の百合漫画が好きな理由の1つとして「微妙なエロス」があります。

かっこ可愛い女の子とそれを想う女の子との感じが簿記的にはそそります。

ときには驚くほど暴力的なシーンもありますがそれを更に良い百合漫画に引き立てています。

ふたつめは、感情表現、とりわけもどかしさや焦燥や躊躇いといったもやもや感が上手いと思います。

誰かの魅力を引き出し、しかしそれで逆に自分から離れていく喪失感が描かれている『放物線を描く花』の心の動きは特に素晴らしくて好き。親がいないからお風呂の入れ方が分からないという少女。自分の容姿を気にする少女に「ほんとだ……少し臭う」と主人公が顔を近づけるシーンがなんとなくSMちっくでそそる。 家に連れてきてお風呂に入れ体を洗い服も買って髪も整え、一緒にキレイにしていく間は楽しかったものの、キレイになった相手が次第に周りから注目されていくことに寂しさを覚えてしまう、少女の葛藤や焦燥感を垣間見ることに一種の快感を覚えているからなのだろうか、なんだか興奮萌えしてしまう(笑)

もうひとつは、『キリンの首は長すぎる』の特にラストが好き。 「姫子って童顔なのにおっぱい大きいから男たちに押し倒されそうで心配なんだよね」などと思ってることをそのまま本人の前で垂れ流してしまう主人公がなかなか面白いんだけど、そのラストに「好きとか言ってさあ、私とセックスできるの?」と本心を口に出してしまって関係が終ったと絶望する主人公に、「まずはチューからでいい……?」と手を握って覚悟を決めてる相手の少女がなかなか素晴らしい。

いわゆる学園百合ものが多く支持されるのは、限られた年月の中で輝くものに対しての象徴への憧れからなのかもと僕は思っています。




■漫画データ
発売日 2007年7月18日
タグ 短編集 恋愛
作者 袴田 めら
出版社 一迅社


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック