FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

恋愛小説文庫処方箋…進行中の恋の悩み②『遠距離恋愛』

kage

2014/06/12 (Thu)

Arika(恋愛小説)1

■進行中の恋の悩み②

いつの時代も女性の悩みの多くは”恋愛”です。

恋に苦しみ、涙するとき、友のように寄り添い、その病を癒してくれるのは恋愛小説の数々。

そこで、Arikaがケース別にオススメの文庫を4~5冊ずつ処方させていただきました。



★恋愛のさなかこそ、悩みごとはつきないはず。 降りかかってくる問題への処方箋をご紹介。

会いたいときに会えない

『遠距離恋愛』に疲れてしまった。
  

恋2


■そんなあなたに、おすすめする恋愛小説文庫処方箋は…。

Arika(くすり)会えないさみしさ、相手の日常が見えない不安……。

遠距離恋愛は大きな障害になって、恋人たちの前に立ちはだかります。

メールも電話もつながらないという厳しい環境のカップルを描いた『風に舞いあがるビニールシート』や、そんなツールがない江戸時代の『約束』は、心のつながりの大切さを思い出させてくれます。

離したくない相手なら、”距離という障害”に負けない強い意志を作品から学びましょう。

問題は距離なのか、自分の気持ちなのか、

もう一度見つめ直して。



 アジアンタムブルー/大崎 善生(著)

アジアンタムブルー (角川文庫)アジアンタムブルー (角川文庫)
(2005/06/25)
大崎 善生

商品詳細を見る


■内容紹介
葉子を癌で失ってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見上げていた―。

万引きを犯し、衆人の前で手酷く痛めつけられた中学の時の心の傷、高校の先輩女性との官能的な体験、不倫による心中で夫を亡くした女性との不思議な縁、ファンの心を癒すSMの女王…。

主人公・山崎が巡りあった心優しき人々と、南仏ニースでの葉子との最後の日々。

青春文学の名作『パイロットフィッシュ』につづく、慟哭の恋愛小説。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「愛する人の死を前にしたら?」

末期がんにおかされた葉子と彼女を愛する山崎は、ニースでふたりの最後の日々を送る。

恋人が亡くなったところから始まり、出会いに遡って描かれるストーリーは、まさに映画的で純愛をたっぷり満喫できる小説。

【Arikaの処方箋】
不確かなものだらけの世界の中、一瞬でも確かな愛を感じられたら幸せではありませんか。離れていても、生きているならいつかまた会えます。





 約束(『橋ものがたり』所収) /藤沢周平(著)

橋ものがたり (新潮文庫)橋ものがたり (新潮文庫)
(1983/04)
藤沢 周平

商品詳細を見る


■内容紹介

様々な人間が日毎行き交う江戸の橋を舞台に演じられる、出会いと別れ。

男女の喜怒哀楽の表情を瑞々しい筆致に描く傑作時代小説。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「江戸時代の遠距離恋愛」

短編集「橋ものがたり」は、一話一話が100万人もの江戸町人の誰かの物語、普通のひとの物語です。

市井の人々の恋愛模様を描いた一作。

五年振りの男女の待ち合わせの場所が"萬年橋"(「約束」)。

【Arikaの処方箋】
「五年経ったら、二人でまた会おう」。約束を胸に必死に生きる幸助とお蝶。これもまた遠距離恋愛ひとつ。





 風に舞いあがるビニールシート/森 絵都(著)

風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
(2009/04/10)
森 絵都

商品詳細を見る


■内容紹介

才能豊かなパティシエの気まぐれに奔走させられたり、犬のボランティアのために水商売のバイトをしたり、難民を保護し支援する国連機関で夫婦の愛のあり方に苦しんだり…。

自分だけの価値観を守り、お金よりも大切な何かのために懸命に生きる人々を描いた6編。

あたたかくて力強い、第135回直木賞受賞作。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「電話もメールもつながらない!」

難民救済のために国連機関で働くエドと里佳。

しかし、エドは難民のキャンプ地を飛びまわり、会えない日が続く。

個人の幸せと世界の幸せを対決させて、主人公の女性に大いなる一歩を踏み出す。

【Arikaの処方箋】
奇跡みたいな素敵な偶然、おもいがけない巡り合わせが時々あるから、強く生きていける。超遠距離恋愛中の方に…。






 『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズ/村山 由佳(著)

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)
(1999/06/18)
村山 由佳

商品詳細を見る


■内容紹介
高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「年上の従姉を守りたい」

勝利の視点で物語は展開していき、勝利はしばしばかれんが他の男と仲よさそうにしてはやきもちを焼く。

従姉カレンと同棲することになった勝利は、彼女の秘密を知り……。

【Arikaの処方箋】
分かりやすく恋愛や嫉妬などの感情がひしひしと伝わってくる。物理的な距離や歳の差は愛の力で乗り越えられる!と教えてくれる。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック