FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

恋愛小説文庫処方箋…進行中の恋の悩み④『彼の様子が怪しい』

kage

2014/06/14 (Sat)

Arika(恋愛小説)1

■進行中の恋の悩み④

いつの時代も女性の悩みの多くは”恋愛”です。

恋に苦しみ、涙するとき、友のように寄り添い、その病を癒してくれるのは恋愛小説の数々。

そこで、Arikaがケース別にオススメの文庫を4~5冊ずつ処方させていただきました。



★恋愛のさなかこそ、悩みごとはつきないはず。 降りかかってくる問題への処方箋をご紹介。

なんだか『彼の様子が怪しい』

もしかして、二股かけられてる?
  

恋2



■そんなあなたに、おすすめする恋愛小説文庫処方箋は…。

Arika(くすり)たいていの場合、

その予感は的中しているけれど……。
 

女のカンは鋭い!対する男は秘密を隠し通す細やかな配慮など持ち合わせてはいません!

あなたの「怪しい!」という予感は、たいていは当たっていることでしょう。

けれど、それでも彼が好きなのか、それとも別れる決意をするのか、対処の方法は人それぞれ。

『愛がなんだ』を読めば、二股も許せるかもしれませんが、

『不振のとき』のような裏切りと復讐は、小説の中だけにとどめておきたいものですね。



 悲しみよこんにちは/フランソワーズ サガン(著)

悲しみよこんにちは (新潮文庫)悲しみよこんにちは (新潮文庫)
(2008/12/20)
フランソワーズ サガン

商品詳細を見る


■内容紹介
セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。父が彼女との再婚に走りはじめたことを察知したセシルは、葛藤の末にある計画を思い立つ……。20世紀仏文学界が生んだ少女小説の聖典、半世紀を経て新訳成る。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「遊び相手と結婚は別!」

18歳のサガンが書いた青春小説。

少女期の愛憎と残酷さを描いたサガンの出世作。

【Arikaの処方箋】
若い愛人と美しく聡明な亡き妻の友人に心惹かれる父親。透明な悲しみに満ちた名作です。セシルの父に対する近親相姦的な愛情が個人的にとても興味深い…。






 愛がなんだ /角田 光代(著)

愛がなんだ (角川文庫)愛がなんだ (角川文庫)
(2006/02)
角田 光代

商品詳細を見る


■内容紹介
「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ」―
OLのテルコはマモちゃんに出会って恋に落ちた。彼から電話があれば仕事中でも携帯で長話、食事に誘われればさっさと退社。すべてがマモちゃん最優先で、会社もクビになる寸前。だが、彼はテルコのことが好きじゃないのだ。テルコの片思いは更にエスカレートしていき…。直木賞作家が濃密な筆致で綴る、全力疾走片思い小説。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「ここまでやれば立派!」

テルコは愛されてもいないマモちゃんにベタ惚れで、仕事もそっちのけで彼を優先し、クビ寸前。

誰もが自分の恋愛観、人間関係観で生きている。

【Arikaの処方箋】
合コンのような飲み会のシーンなど胸が痛くなりました。この作品を読めば『二股くらい何?』って思います。





 不信のとき〈上・下〉/有吉 佐和子(著)

不信のとき〈上〉 (新潮文庫)不信のとき〈上〉 (新潮文庫)
(2006/06/27)
有吉 佐和子

商品詳細を見る


不信のとき〈下〉 (新潮文庫)不信のとき〈下〉 (新潮文庫)
(2006/06/27)
有吉 佐和子

商品詳細を見る


■内容紹介
不振に満ちた現代の男女の相剋を描く問題作。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Arikaアイコン(小)1 「女の愛が憎しみに変わるとき!」

子がなく、夫の心をつなぎ止めようと必死の妻。

その夫に愛人が・・・・・・。

不倫をし、妻以外の女との間に子をつくった男と、そんな男に対する女の復讐を描いたドロドロな話。

【Arikaの処方箋】
男性って、女性に対しては特に、見た目を信じて幻想を作りやすい性だと思う。 人生分かったような顔をして、歳だけ重ねていても、人に誠実でない人は必ずしっぺ返しが待っているものです。どうやって復讐するか考えて、悶々とした気分を変えてみよう。著者は嫌な奴を書かせたら天下一品でハズレなし、馬鹿で愚かな浮気男・浅井に鉄槌が下される様はムカつきが一気に気持ちよく、スパーンと解消されてまさに爽快! 今の時代なら、話題のDNA鑑定で白黒はっきりするんでしょうけど(笑)、 結局、誰が嘘をついていて誰が真実を言っているのだろう。まさに不信のとき。コワ━━∑(´・ω・|||)━!!!?






 もっと、わたしを/平 安寿子(著)

もっと、わたしを (幻冬舎文庫)もっと、わたしを (幻冬舎文庫)
(2006/08)
平 安寿子

商品詳細を見る


■内容紹介
口べた堅太り優柔不断。お世辞にもモテるとは言えない真佐彦がトイレに監禁されたのは、なんと彼女に二股がバレたから。ドアの外で二人の女が言い争うド修羅場の中、いつしか真佐彦は「自分が求められている」幸せを感じ始めて―。イケてない五人五様の人生を、優しさとユーモアで描き出す、著者真骨頂の傑作リレー小説。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Arikaアイコン(小)1 「修羅場で男は何を思う?」

タイトルどおり、「もっと、わたしを」と願う人たちのぶっちゃけ恋愛小説。

お世辞にもモテるとは言えないタイプの真佐彦だが、彼女に二股がバレ、トイレに監禁され・・・・・・・。

【Arikaの処方箋】
この作者の本を読むと気持ちがフッと軽くなり、清々しい気持ちになれ元気になれます。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック