FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

恋愛小説文庫処方箋…恋愛未満の悩み①『恋愛願望あり! でも知り合うチャンスがない!』

kage

2014/07/03 (Thu)

Arika(恋愛小説)1

■恋愛未満の悩み①

いつの時代も女性の悩みの多くは”恋愛”です。

恋に苦しみ、涙するとき、友のように寄り添い、その病を癒してくれるのは恋愛小説の数々。

そこで、Arikaがケース別にオススメの文庫を4~5冊ずつ処方させていただきました。



★まだ恋愛のステージに立っていない、そんなあなたに勇気をくれる作品群…・…

結婚願望あり!

でも異性と知り合うチャンスがない!
 
 


アイコン片思い自転車


■そんなあなたに、おすすめする恋愛小説文庫処方箋は…。

Arika(くすり)オフィスと部屋との往復では、結婚願望はあっても、男性と知り合うチャンスがない―――。

これ、昨今の女性たちに共通する切実な悩みです。

まずは『夜は短し歩けよ乙女』で、自分に好意を寄せている人がいないか回りをキョロキョロ見回してはいかがでしょう。

チャンスはやっぱり自分で引き寄せるもの。

待つだけでなく『あしたはうんと遠くへいこう』の泉のように、失敗にめげず、行動する勇気を持ってみては・・・?


意外なところに意外な出会いが待っているかもしれません。



  夜は短し歩けよ乙女/森見 登美彦(著)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


■内容紹介
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。

山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

❤…‥・‥…―━━━―…‥・‥…━━━…‥・‥…―━━━―…‥‥‥…❤
Arikaアイコン(小)1 「案外気づいていないのかも」

「黒髪の乙女」に想いを寄せ、ストーカーばりに追いかける「先輩」。京都を舞台に繰り広げられる珍事件。うまい具合にすれ違っちゃうのも、最後の終わり方もいい感じ。黒髪の乙女を中心に、彼女への恋心をどう扱ってよいか迷い尻込みする先輩を配して描く、奇想天外な物語はアニメにすると面白くなりそう。

【Arikaの処方箋】
私のまわりにも”先輩”がいるのかも? 馬鹿馬鹿しいと思いながらも葛藤する先輩の純粋な想いにうたれます。羽海野チカさんの『かいせつにかえて』も読んでほしい。





 すべての女は美しい /ローラ・シェイン カニンガム(著)

すべての女は美しい (ヴィレッジブックス)すべての女は美しい (ヴィレッジブックス)
(2006/11)
ローラ・シェイン カニンガム

商品詳細を見る


■内容紹介
クリスマス間近のニューヨーク。仲間うちで初の出産を控えた友人を祝うため、一室のロフトに6人の女たちが集まる。若さと美貌でキラキラ輝いていた20代の頃の仲間たち。それぞれが恋に仕事に突っ走り、30代のいま、それなりの肩書きや結婚、優雅な暮らし、ささやかな成功を手にしたかに見えた。だけどみんな、思い描いていたようにほんとに幸せ?離婚に不倫、キャリアの壁に不妊治療…夜更けとワインと共に次々本音があふれだし、パーティは一触即発のムード。やがて女たちが迎えた意外な夜明けとは―。とびきり切なくて美しい、すべての“あなた”に贈るストーリー。

❤…‥・‥…―━━━―…‥・‥…━━━…‥・‥…―━━━―…‥‥‥…❤
Arikaアイコン(小)1 「30代女性の赤裸々な悩み」

友人宅のロフトに集まり、30代の6人の女たちの本音を語り合う。女の友情や気安さの微妙な温度変化、身に覚えがあります。ニーナの「この世で一番自分を愛してくれる人間を、この世で一番気にかけてくれない人間と過ごしている間に」という一文が心に引っかかりました。

【Arikaの処方箋】
女は悩みながらも美しくなれる。自分を磨いて好機を逃さぬよう・・・。





  あしたはうんと遠くへいこう/角田 光代(著)

あしたはうんと遠くへいこう (角川文庫)あしたはうんと遠くへいこう (角川文庫)
(2005/02)
角田 光代

商品詳細を見る


■内容紹介
今度こそ幸せになりたい--著者初めての恋愛小説!!

泉は、田舎の温泉町で生まれ育った女の子。東京の大学に出てきて、卒業して、働いて。今度こそ幸せになりたいと願い、さまざまな恋愛を繰り返しながら、少しずつ少しずつ明日を目指して歩いていく……

❤…‥・‥…―━━━―…‥・‥…━━━…‥・‥…―━━━―…‥‥‥…❤
Arikaアイコン(小)1 「失敗を恐れないことも必要」

田舎の温泉町から東京の大学に進んだ泉。卒業して、就職して、恋愛して幸せになりたいと思うのに、なぜか失敗ばかり。数々のオトコが登場し、消えていく。

【Arikaの処方箋】
人を好きになったその時だけは、今の自分と全然違う別人みたいなことができちゃったりする。何はともあれ行動あるのみ!





  漢方小説/中島 たい子(著)

漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)
(2008/01/18)
中島 たい子

商品詳細を見る


■内容紹介
仕事も、恋愛も、なんとなく疲れちゃった…。
大丈夫! そんなときの処方箋。

川波みのり、31歳、脚本家、独身。胃がひっくり返ったようになるのに、眠れないのに、病院に行って検査をすると『特に異状なし』。あのつらさは何? 昔の男が結婚したショックのせい? それとも仕事のストレス? 最終的にたどりついた東洋医学で、生薬の香りに包まれながら、みのりが得たものは。心と体、そして人間関係のバランスを、軽妙なテンポで書き綴る、第28回すばる文学賞受賞作品。

❤…‥・‥…―━━━―…‥・‥…━━━…‥・‥…―━━━―…‥‥‥…❤
Arikaアイコン(小)1 「漢方にも恋にも強くなれる」

31歳のみのりは不眠や胃腸に悩まされ、検査をするも「異常なし」。たどりついたのは漢方の世界。原因不明の体調不良の原因が“心の傷”であるなんてことはよくあるある。私も20代の終わりから30にかけては肩凝りだのなんだの色々ありました。この本には元の自分に戻れるように手助けしてくれる優しさがあります。人を“治療”するとは漢方での治療だけでなく、友人や家族、あるいは恋人等、身近なひとがいかに大切かを感じます。

【Arikaの処方箋】
まずは体調管理から始めましょう。人は皆孤独だけどひとりではないから、なんとかかんとか乗りきっていこう。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック