FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2014夏期☆月曜日にドラマ化された原作・コミック[ペテロの葬列]

kage

2014/07/14 (Mon)

img827a.jpg

2014年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■2014夏期☆月曜日にドラマ化された原作・コミック

ペテロの葬列


ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!




2014年7月7日スタート TBS系毎週月曜午後8:00~午後8:54
ペテロの葬列

ペテロの葬列ペテロの葬列
(2013/12/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


2013年に刊行された宮部みゆきの長編推理小説。

杉村三郎シリーズ3作目となり、時系列は前作『名もなき毒』から約2年経過している。

『千葉日報』など22紙で2010年9月12日から2013年10月3日まで順次掲載され、2013年12月25日に集英社から単行本が刊行された。

主人公は自身が巻き込まれたバスジャック事件に伴う複数の謎を調べていくうちに、昭和に起きたある有名な大事件にたどり着く。日本という国、人間の本質に潜む闇と向き合うことになった主人公は本作で人生の転機が訪れる。本作は過去に罪を犯したが後に悔い改めた者の象徴として聖ペテロがフィーチャーされ、1660年にレンブラントによって描かれた絵画「聖ペテロの否認(英語版)」が作中の要素として登場する。また2000年から2002年の映画作品『ロード・オブ・ザ・リング』(原作『指輪物語』)がストーリーの終盤の要素として用いられている。

■ドラマ
2014年7月より杉村三郎シリーズのドラマ化作品第2弾となる『ペテロの葬列』として映像化された。

主演は小泉孝太郎。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1悪意を皆持ちながら、それに巻き込まれながらどう生きるのかというテーマなんだと思う。環境とか運もあるけど、いつでも誰でも、やり直せるという希望も込めて…。「悪」がどんどんと連覇していき人間関係が壊れて落とし穴にはまった人を救い出すのは本当に難しい。それでも人々がはまってしまう「悪」について、はまってしまう人はかならずしも「弱い」からではないんだという視点は作者がこれまで描いてきた世界観は継続でした。バスジャックに遭遇する前半から犯人の素性を探るところまではぐいぐいと引き込まれ、いつもながら上手いなぁと感じました。問題はこの物語のラストです。中盤までは素直に楽しめたものの、最後の最後で納得いかない点が多々あり、、これも杉村さんが新しい人生へ踏み出すための必然だったのだと思いたいが、でも納得できない後味の苦さでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック