FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2014年夏、月曜ドラマ『HERO』

kage

2014/09/22 (Mon)

2014年7月14日スタート フジテレビ系毎週月曜午後9:00~午後9:54
 HERO



時代は変わった。この男はどうだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■『HERO』スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:福田靖/演出:鈴木雅之/演出:平野眞/演出:金井紘/プロデューサー:渡辺恒也
----------------------------------------------------------------------------------------
■『HERO』キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
•久利生公平(木村拓哉)
東京地検城西支部の検事。現場主義で“お出掛け”好き。通販グッズに詳しい。札幌、山口などの地方勤務を経て、城西支部への配属はこれが三度目。ラフな格好で型破りな捜査を行う異端児だが、正義感は誰よりも強い。

•麻木千佳(北川景子)
東京地検城西支部で最も人望の厚い若手事務官。仕事熱心で才色兼備だが、言葉遣いは荒くなることも。久利生の担当事務官となり、彼の“お出掛け”にペースを乱される。

•田村雅史(杉本哲太)
東京地検城西支部の検事。出世のために結婚するような上昇志向の強い性格で、牛丸豊の娘と結婚した。露骨に上を意識した発言が特徴。5年前までいた特捜部に未練がある。

•宇野大介(濱田岳)
東京地検城西支部の新人検事。千佳に思いを寄せる。将来を期待されるルーキーだが弱気な性格のため、城西支部のイジられキャラとなる。

•井戸秀二(正名僕蔵)
馬場の担当事務官。城西支部の守衛から事務官へと転身した異例の経歴の持ち主。幸せな結婚生活を送っており、一人身の馬場に容赦なく仕事を振られる。

•馬場礼子(吉田羊)
東京地検城西支部の検事。42歳、バツイチで気性が激しい。同僚の田村とは何らかの因縁があり、ことごとく反目する。愛妻家の井戸を妬み、容赦なく仕事を振る。

•川尻健三郎(松重豊)
東京地検城西支部の部長。次席検事に昇格した牛丸の後任。奔放な久利生に頭を悩ませる。

•遠藤賢司(八嶋智人)
田村の担当事務官。検察内部の情報に詳しく目立ちたがり。未だに独身で、合コンが大好き。城西支部の面々に小気味よいツッコミを随所に入れる。

•末次隆之(小日向文世)
宇野の担当事務官。経験豊富なベテランだが、とぼけた性格であまり尊敬はされていない。趣味は社交ダンスで、身体中に湿布を貼りながら続けている。

•牛丸豊(角野卓造)
元城西支部部長で現在は次席検事。かつてより久利生との関係は遠くなったが、陰ながら彼を支える存在。強いものに巻かれる体質で、気が小さい。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村拓哉主演の「HERO」が復活! 新ヒロインは北川景子!
2001年に放送され、平均視聴率30%超えを記録した連続ドラマ「HERO」の新シリーズが月9に登場。木村拓哉の代表作として親しまれ、スペシャルドラマや映画化もされたヒット作が、フジテレビの開局55周年に合わせて復活を果たす。木村演じる型破りな熱血検事・久利生公平はさらにパワーアップし、個性豊かな東京地検城西支部のメンバーと、マイペースながらも着実に事件を解決していく。今回、新たにヒロインを務めるのは北川景子。久利生に振り回されながらも次第に成長していく事務官・麻木千佳を演じるほか、新たな城西支部に勤める検事として杉本哲太、濱田岳、吉田羊、松重豊らが顔をそろえる。


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/14放送 ※30分拡大・午後9:00 -午後10:24)
13年ぶり月9に復活!久利生新たな伝説の始まりは時効寸前の宝石強盗
----------------------------------------------------------------------------------------
再び東京地検城西支部に着任した久利生公平は、大西祐二が居酒屋の店員である坂下康明に暴力を振るった傷害事件の取り調べを行うこととなった。ところが、大西祐二は15年前の宝石強盗犯であることが明らかとなったが、逮捕時、時効成立まであと3日と迫っていた。久利生は自らの判断で現場に出向くも、証拠が見つからずに起訴できず、一時は他の検事に交代させられてしまう。しかし、他の検事はなかなか起訴できず、時効が刻一刻と迫っていた…。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第1話感想    
被疑者(ゲスト)・・・・大西祐二(森山直太朗)
広島県出身。居酒屋で傷害事件を起こし逮捕される[注 24]。担当検事の久利生の取り調べに対して傷害事件の原因は「ビール一杯で酔っていたので覚えていない」と答え、さらに「酒は弱いけど、居酒屋の雰囲気が好き」といった理解に苦しむ返答をするがその矢先、15年前に発生した宝石強盗致傷事件の現場に残された凶器から検出された指紋が大西の指紋と一致する。しかし、指紋以外に証拠が無いのをいいことに容疑を否認し、慎重な久利生が起訴に踏み切らないことに業を煮やした川尻から担当を任せられた田村にも「何かあったら、あんたを名指しで訴える」と言いだすなど、検事たちを翻弄する。
----------------------------------------------------------------------------------------

舞台は映画から7年後の2014年。

2回の異動を経た久利生検事が、再び東京地検城西支部に戻るところから始まる。

第1話から、ある傷害事件の被疑者が15年前に起きた宝石強盗事件の犯人である可能性が浮上、しかも時効成立3日前というハラハラドキドキの展開。

順調な滑り出し、というか、まぁ目新しさは無いけれど安定感はあるよね。

刑事ドラマの王道は、大きな事件と小さな事件が並行して走り、主人公は小さな事件を追っている。本庁やマスコミは大きな事件を追っている。しかし、実は小さな事件のほうに核心があって、やがて2つの事件は交わり、真犯人が判明するというもはドラマの王道で、今回の『HERO』も大体その王道の流れだったと思う。

ただ『HERO』が他の検事ものと違うのは隅々まで無駄のない伏線を張り、検事ひとりひとりのキャラクターが面白い。そしてとことん切れ味がいい。どうしてあんなパキパキとしたカット割りが出来るんだろう?と不思議だが、きっと脚本との連携を密にしているんだろうな…。

昨今のバディものの流れから言うと、木村さんと組むのは北川さんより、濱田岳っくんのほうが面白みが増したんじゃないかと、ふと思ったりもした。




----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/21放送)久利生VS敏腕弁護士!女の敵…二人の痴漢の嘘と謎
----------------------------------------------------------------------------------------
久利生(木村拓哉)は強制わいせつ罪を犯したエリートサラリーマン・勝俣を担当。勝俣は被害者の祥子に反撃されて軽傷を負っていた。勝俣を弁護するやり手弁護士・桜井(谷原章介)はすぐに彼を釈放させ、憤る千佳(北川景子)を素人扱い。千佳は憤慨したり落ち込んだり忙しい。その一方、久利生と千佳は祥子から護身用に習ったキックボクシングで反撃したという話を聞く。そんな中、祥子が突然、示談に応じると言い出し…。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第2話感想    
敏腕弁護士役・・・桜井丈太郎(谷原章介)
企業法務を専門とする加害者・勝俣側の弁護士。上等の背広に身を包み、理論武装して冷静に相手を論破する、何から何まで久利生とは正反対なタイプの男。
----------------------------------------------------------------------------------------

第2話のゲストは谷原章介で、桜井丈太郎という敏腕弁護士役で登場。

久利生が今回担当するのは痴漢事件。

痴漢をしたエリートサラリーマンである勝俣(岩瀬亮)は久利生の取り調べであっさり容疑を認めますが、そこに入ってきたのが桜井弁護士により、一旦釈放。その後、勝俣の痴漢がレイプ目的だったと推理され、それを証明する為に、防犯カメラを全てチェックすることに。すると、しっぽを掴まれた勝俣は起訴されたのだったというお話でした。

今週も面白かったです。

検事×弁護士のバトル。

いわば「隠す方」とそれを「糾す方」の戦いだったともいえる、そこのコントラストをもっとはっきりみせても良かったかも?、と思うけれど、それをやると匙か加減では重くなるリスクもあるし、テレビドラマってかなり制約があってリアリティよりも面白さが重要な要素だからドラマとしては結構いいんじゃないかと思った。

今回も『HERO』も濱田岳くんが可愛過ぎてもうニヤニヤがとまらなかった(*´▽`*)



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第3話 7/28放送)真実の行方 コンビ解消の危機!?絶対に謝らない検事
----------------------------------------------------------------------------------------
田村(杉本哲太)が担当する被疑者・佐伯が心筋梗塞で急死した。佐伯の罪状は、通りすがりのサラリーマン・洋介を殴って死亡させたというもの。被疑者死亡で不起訴になると知った洋介の父・誠一(前田吟)は納得できず、担当検事に会わせろと言って事務官の遠藤(八嶋智人)に詰め寄る。一方、覚せい剤所持で逮捕された客室乗務員・涼子を担当する久利生(木村拓哉)は動機を調べ回り、残業続きの千佳(北川景子)は不満を募らせる。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第3話感想    
被疑者死亡で不起訴になると知った洋介の父・長谷川 誠一(前田吟)
息子の洋介が面識のない男性と路上で口論になり殺害されてしまう。その後、被疑者の佐伯が病死により不起訴になったことで事件の究明を求め城西支部を訪れる。
----------------------------------------------------------------------------------------

第3話は、「絶対に謝らない検事!」ということで、被害者遺族から恨まれてしまう杉本哲太演じる田村検事。

そして、スチュワーデスの違法薬物の取調を担当する久利生検事が、それぞれ事件に真正面から向き合うことで真実を発見するストーリーのようです!

城西支部内では検事と事務官のコンビ解消の危機発生?、どうやら全員それぞれコンビ替えもされてしまうかも。

田村検事は、八嶋智人演じる遠藤賢司事務官に取調中に死亡して起訴ができない事件の、被害者からの電話応答を押しつけてしまう。それ故、遠藤事務官には田村検事への不満が・・・。

そして、木村拓哉演じる久利生公平とコンビを組む北川景子演じる麻木千佳も、久利生公平スタイルの仕事によって、残業ばかりになり、 趣味のお一人様の食べ歩きができず不満が・・・。

ほのかな恋心がある麻木の不満を聞いた宇野は、麻木に自分の担当になってもらおうともくろむ。

・・・というような、コンビの不満が川尻のもとに多数寄せられたため、 川尻はコンビ替えを決意する。

久利生公平は、末次事務官とペアとなった。




----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第4話 8/4放送)美鈴検事登場!お前は俺が守る
----------------------------------------------------------------------------------------
久利生らのかつての同僚である京都地検検事、中村美鈴が城西支部に出張、健康器具詐欺の被疑者、土井垣次郎の取り調べを宇野と共同で行うことに。久利生はマンホール窃盗の被疑者、飛田丞治の取り調べを行うが、飛田は麻木のかつての知り合いだった。逮捕から3日しか経ってないのに62人もの嘆願書が届いた事に疑問を持った久利生は麻木と共に嘆願書を書いた人たちに話を聞くが、その中にも麻木のかつての仲間がいて麻木の素性が次々と明るみになる。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第4話感想
被疑者(ゲスト)・・・・土井垣 次郎(西村和彦)
関西、関東広域に置いて健康器具詐欺を働いた被疑者。
----------------------------------------------------------------------------------------

HEROって、事件の謎解き云々よりも、群像劇ぽい部分がほんとに楽しい。

みんながだんだん同じベクトルを向いていく様が・・・。

「まともに生きてねぇ奴が、まともに生きてる奴を非難するのはおかしいだろー!」

この言葉、しみたね。



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第5話 8/11放送)鬼の検事と秘密を知る少女の涙
----------------------------------------------------------------------------------------
城西支部の検事たちが数多くの案件を抱える中、唯一川尻の手元に残った置引き事件の案件を久利生らの提案で川尻自ら取り調べを行うことに。しかし警察の取り調べでは容疑を認めていた被疑者の小茂田繁樹が一転して否認に転じ、それ対し鋭い追及が出来ず終わり、部下たちの期待に応えられず。さらに目撃者に事情聴取を行うも、目撃者が子供ばかりとあって、強面で子供が苦手な川尻は苦戦し、検事としての自信を失いかけてしまう。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第5話感想    
容疑者(ゲスト)・・・・今村(森田順平)
ヤメ検のN&I法律事務所弁護士。検事時代に同期だった川尻を自身が代表を務める弁護士事務所に誘う。
----------------------------------------------------------------------------------------

弁護士事務所に引き抜かれそうになるのは前シリーズ4話の阿部ちゃんと同じだね。

HEROの松重さん格好よかった。熱い人は大好きだ!!!!



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第6話 8/18放送)遠藤事務官逮捕!惨劇の合コン
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤が合コン中のダイニングバーで早田稔がトイレで何者かに刺され重傷を負い、偶然トイレに居合わせた遠藤が殺人未遂容疑で逮捕される。東京地検特捜部検事、首藤礼二が城西支部に乗り込み遠藤の取り調べを行うが、首藤は事件について何も語ろうとしない。被害者の早田が大物代議士の秘書であることが明らかになるが、牛丸も事件については口を噤む。大物代議士の「黒い噂」がチラつく中、遠藤の無実を信じる城西支部の面々は独自の捜査を始める

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第5話感想    
被疑者(ゲスト)・・・・首藤 礼二(石黒賢)
早田稔殺人未遂事件を担当する特捜部検事。
----------------------------------------------------------------------------------------
今日の6話はほんとHEROの真骨頂だね*+.\(>ω< )/.:+*

今日も面白かった! 城西支部のチームワークいい感じ!

ついに特捜部さえも法的に適切であっても人として悪いことをしたら謝りましょうという道徳教育っぷり…。

しかも見間違いでなければ、城西支部の受付には文科省情報ひろばのパンフレットがさりげなく置いてあるというあからさまなタイアップぶり。

特捜部の石黒賢さん、謝ったし!

そして北川景子綺麗! キムタクかっこいい!



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第7話 8/25放送)運命の出会い 愛憎の熱海出張
----------------------------------------------------------------------------------------
同棲中の恋人を殴って負傷させ書類送検された城山圭吾の取り調べを担当した久利生は、実家の熱海に逃げ帰った被害者の綾野さくらから事情を聞くために麻木と共に熱海へ1泊2日の出張に出かけるが、麻木が夏風邪を引いてしまいホテルで寝込んでしまった為久利生一人で事情聴取を行う。母親同席の場では城山の起訴に同意的だった綾野だが、後になって久利生を喫茶店に呼出し、「彼を許して欲しい」と懇願する。その後麻木を診療所に連れて行った帰りのバスの車内で綾野の元へ向かう城山の姿を見つけた久利生は、バスを降りて後を追う。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第7話感想    
ゲスト・・・・梶原 洋人(戸次重幸)
行列割込み傷害事件被疑者側の弁護士として、同事件の担当検事で元妻の馬場と久し振りに再会する。
----------------------------------------------------------------------------------------
被害者が許してても、DV男を許すような展開にならなくて本当に良かった!

あと宇野検事と末次さんの恋を個人的には応援したいんだけど…どうせ実らないだろうな・・・。

ところで、角野卓造にソックリな娘のネタはあと何話引っ張るのだろう… ?


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第8話 9/1放送)久利生危機!身代わり出頭の闇
----------------------------------------------------------------------------------------
帯木会の幹部を射殺したとして出頭した川藤組構成員・権藤明が城西支部に送検された。宇野の司法修習生時代の恩師・小此木誠が川藤組の顧問弁護士として城西支部に乗り込む中、取り調べを担当することになった久利生だが、淀みなく事件の経緯を語る権藤に対し、久利生は権藤が身代わりで出頭したのではと疑念を抱く。城西支部、そして久利生に対し川藤組が圧力をかけてくる中、久利生は事件の真相を求め、捜査を行う。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第8話感想    
ゲスト・・・・権藤 明(池内博之)
川藤組構成員。帯木会幹部の川原崎を射殺したと自ら警察に出頭する。
----------------------------------------------------------------------------------------

今日は濱田岳の回だったね。

特に、城西支部では面と向かって言えなかったけれど、バーでは必死に言いたいことどうにか言えた感じが良かったー。

今回のツボは∵ゞ(≧ε≦o)ぶ まさかのラーメンの屋台で 『あるよ!』

今日はマスター出ないなあと思ってたら意表つかれたwww

キレイに勧善懲悪で、投げた真犯人も解決もしそうで後味もいいしメインの宇野くんも成長した感じもあり気持ちのいい回だった。

川尻部長の啖呵+ふにゃ~もあって満足度が高かった…



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第9話 9/8放送)許されざる嘘!熾烈なチーム戦
----------------------------------------------------------------------------------------
応徳大学の学生4人が同じ大学に通う仲間を集団暴行の末に死なせたとして城西支部に送検された。城西支部の4人の検事がそれぞれ被疑者1人の担当となり取り調べを行うが、4人とも犯行を否認したり、4人それぞれがバラバラの供述を言ったりと苦戦する。仲間がよく利用していたという食堂の女主人・カルロス玉恵から、仲間と一緒に来店して先生のように振る舞っていた人物がいたという証言を得た久利生は、応徳大学OBで自称アパレル会社社長の椎名大介を任意で呼び出して取り調べる。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第9話感想    
ゲスト・・・・椎名 大介(丸山智己)
応徳大学OBで自称アパレルメーカー社長。恐喝罪の逮捕歴がある。
----------------------------------------------------------------------------------------

勝村さん キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

信じるのは学生の供述では無くて、それを導き出した優秀な自分のチーム。

今週の容疑者の大学生達も良かったです。

4人4様の雰囲気がありました。

特に渡辺大知君は、ちょっとヘタレで情けない役やると抜群に上手いです。

そしてこの人、大森南朋を若くしたみたいと思ってたら、あの渋谷兼人だったという驚き!

そして、やっぱ脚本上手いなぁ…説得力あるわ



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第10話 9/15放送)最終章突入 暴かれる真実の代償…城西支部最後の事件
----------------------------------------------------------------------------------------
かつての同僚である江上の指名で特捜部に応援することになった久利生と麻木は、現職の国土交通大臣と建設会社社長による贈収賄事件の参考人を取り調べる。一方城西支部では、路上で刺殺事件を起こした南雲尊之を取り調べるが、弁護人の松平一臣の指示もあり、田村の取調べに対して一貫して黙秘を貫く。その後田村と遠藤は、過去4件の未解決の通り魔致傷事件で南雲が捜査線上に浮かんでいたことを突き止め、更に15年前の62歳男性致傷事件にも南雲が関与した疑いを突き止めるが、この事件では別人が容疑者として逮捕され、一貫して無実を主張していたが有罪判決が確定した直後に病死していた。この件で南雲を起訴した場合、城西支部は過去の冤罪を暴いてしまう可能性が出てくる 。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ第10話感想    
ゲスト・・・・国分 秀雄(井上順(最終話))
東京地方検察庁刑事部元検事。収賄事件の当事者とされる橋場・額田と同じ中学校の出身者。1999年10月20日に起きた府中市62歳男性致傷事件を検事時代に担当している。
----------------------------------------------------------------------------------------
「検事を続けてきて良かったと思いますか?…なぜですか?」

「ブレずにいられるから」久利生公平っていうかもう木村拓哉だろと思った。

久利生さんの言葉に城西支部の皆は心打たれたね(*´∀`*)

でも冤罪暴くだけで検事生命が危ぶまれるの?

正しい事してるのに、警察の圧力ってやっぱり怖い´д` ;

来週は最終回だけど雨宮さんと次席そっくりの娘は最後まで見れなさそうで残念 w

それと、以前の冤罪の末に自殺してしまった彼の事件もどうせなら取り上げてほしかったなぁ… 

再捜査するってとこで終わってた気がする。

一番城西支部が団結した良い回でもあったし、ちらりと回想で出てきたりすれば嬉しかった。

最終回 どうなるんだろう?

南雲を追起訴して 収賄にも関わってる 国分元検事も表舞台に引っ張り出せるんだろうか?



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ( 最終話 9/22放送※30分拡大 21:00 - 22:24)
前代未聞の裁判員裁判!久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦
----------------------------------------------------------------------------------------
路上で刺殺事件を起こした南雲の裁判員裁判が始まった。法廷に立った久利生は15年前の62歳男性致傷事件をはじめとする過去の5件の通り魔致傷事件について南雲を追起訴する方針を明らかにしたが、案の定城西支部は検察内部やマスコミからの厳しいバッシングに見舞われる。それでも城西支部の面々は過去の事件現場へ足を運んで証拠固めを行い、さらに15年前の事件の担当検事だった国分秀雄の自宅に足を運び協力を求めるが、国分は一切の協力を拒否する。そして過去の事件について南雲を追起訴するが、弁護人の松平は国分を弁護側証人として申請するという手段に出る。

Arika報告書y
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ最終話 感想    
ゲスト・・・・滝 光恵(朝加真由美)
翔太の母。息子を南雲に殺害された被害者遺族。
----------------------------------------------------------------------------------------

どんな事があってもぶれずにいられるから。

鍋島さんのお墓の前でそう言う 久利生公平、カッコ良かった!

最終回の大半占める古畑よろしく黒で身を包んだ法廷久利生のカッコ良さと言ったら!(アリキリさんも出てたしw) そして「裁判の大原則は…」と喝破するラストの独白にはほんとにほんとにシビれて目頭熱くなった!

司法試験の書籍がちらちら映っていて何だろうと思っていたら 終わり間際に麻木知佳とシールが あそこで感無量に久利生公平がなぜ検事になったのか前の事務官も聞いていたけど今回は最終回でね。

しかしHERO最終回見応えあった 法廷シーンお見事 映画一本見た気分♪

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック