FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2014年夏、木曜ドラマ『同窓生 ~人は、三度、恋をする~』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年7月10日スタート TBS系毎週木曜午後9:00~午後9:54
 同窓生 ~人は、三度、恋をする~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柴門ふみ「同窓生 ~人は、三度、恋をする~」(小学館ビッグコミックス)/脚本:田渕久美子/演出:吉田健/プロデューサー:貴島誠一郎/プロデューサー:矢口久雄/プロデューサー:渋谷未来/プロデューサー:河原瑶
主題歌:メレンゲ「楽園」/挿入歌:May J.「本当の恋」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
柳健太(井浦新)
大手化学メーカーを退職し、実家のクリーニング店を継いだ40歳バツイチ。大手企業の肩書きがなくなり、妻子と別れて独り身となり、人生の敗北感を感じている。理詰めで、納得できないとテコでも動かない性格。

鎌倉あけひ(稲森いずみ)
美人で明るい性格の美容師。3人の子持ちで幸せそうな生活を送っているように見えるが、暴力的なカリスマ美容師の夫との家庭は崩壊している。同窓会で再会した初恋の相手・健太に引かれていく。

広野薫子(板谷由夏)
薬剤師。中学時代はクラス一の美少女で秀才。いじめられていたあけひをかばい、友人に二股をかけていた遼介をはり倒した過去がある。現在は、ただ一度の失恋から男性不信になっている。独身。

桜井遼介(松岡昌宏)
大手ゼネコンの幹部候補。中学時代から女子に人気があり、大学の建築学部を首席で卒業。就職後も一級建築士の免許を一発で取得した秀才。家庭ではよき父親だが、女性を次々に口説き落とすプレイボーイ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
柴門ふみの最新作を井浦新主演でドラマ化!
連続ドラマ初主演の井浦新が演じる主人公・柳健太ら、中学時代の同窓会で再会した40歳の男女4人の恋模様を描くラブストーリー。原作は、「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」など、数多くの作品がドラマ化されている恋愛漫画の巨匠・柴門ふみの最新作。脚本は、大河ドラマ「篤姫」、「離婚弁護士」などの作品で知られる田渕久美子が手掛ける。15歳という、あらゆる可能性を秘めた人生で最も美しい時期に出会った4人が、友情に支えられながら、若くはないがまだやり直せる40歳という大人になって、人生を見つめなおしていくさまを描いていく。






----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/10放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
離婚後、会社も辞めて東京・中野にある実家のクリーニング店を継いだ健太(井浦新)は、客商売にまだ慣れず従業員のヤン(岡本麗)にフォローしてもらう日々。ある日、健太は中学校の同窓会に出席し、25年ぶりにクラスメートと再会する。その中には友人の遼介(松岡昌宏)、薫子(板谷由夏)、そしてかつての恋人、あけひ(稲森いずみ)がいた。4人だけの2次会で互いの近況を話した健太は、あけひが3人の子持ち主婦だと聞き、驚く。

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

この時間帯に放送する意味深なタイトルからも、何か期待してしまうものがありますね。

青春10代の恋、結婚を考えた20~30代の恋、そして30代、40代の夫・妻がいながら燃え上がる3度目の恋。

精神的にいちばん深い恋でしょうし、不倫、再婚など意識してより燃える恋でしょう。

懐かしい中学時代の友人たちが25年ぶりに同窓会をきっかけに再会することで素敵な四角関係が始まります。

子持ちだったり未婚だったりばついちだったりいろんな環境の中でどう絡み合っていくのか初回からどきどき見入ってしまいましたが、同窓会を機に再点火した恋を渋いキャストで表現したオ・ト・ナのドラマです。

主役・井浦さんの噛み締めるようなしゃべり方が、好きだが夫がいる、でも家庭は破綻している同窓生へのじれったさ、ふっきれなさを的確に表現なさっています。

井浦新さん、映画やドラマの名脇役で研鑽をつんでこられて、満を持しての連ドラ初主演。

好きな俳優さんだったので嬉しい限りです!


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
あけひ(稲森いずみ)からクリーニングを頼まれた2枚のシャツに血の染みを見つけた健太(井浦新)は、美容師の仕事で指を切ったという彼女が何か隠していると察する。一方、遼介(松岡昌宏)はうそをついて薫子(板谷由夏)、あけひ、健太の3人を呼び出し、元担任教師・鮫島(柄本明)の家を訪れて喜寿のお祝い会をしようと持ち掛ける。その後カフェに入ると、薫子は自分にキスした遼介への怒りをぶちまけ、キスの話に健太も動揺する。



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第3話 7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
あけひ(稲森いずみ)に強くひかれる健太(井浦新)だが、美容院の経営者として成功しているという彼女の夫・太郎(松本利夫)と会い、 気おされる。そんな太郎におびえるあけひは家に遊びに来た薫子(板谷由夏)から幸せな結婚生活をうらやましがられるが、心は晴れない。健太の存在に太郎の心もざわめく。ある日、あけひは幼いころの主治医で遼介(松岡昌宏)の父・清彦(清水紘治)の元を訪ね、清彦から思うままに生きるよう言われる。

Arika報告書y

■ドラマ第3話感想

井浦×稲森、松岡×板谷、前途多難2カップル恋の行方は…

あけひが言った「女ってすごいよね…」には共感。

ほんとに女はすごいんです、やろうと思えば何でもできるんです。

ドラマ的に言えば、不倫したっていいじゃんて感じでするより、しちゃいけないけどしちゃいたい、って感じの方が見てる分にはソソられる(笑)

でも、健太の元妻の不倫相手役が戸次重幸なんで、ムロツヨシでもイケるんじゃないかと、フト思ったり(笑)

ドアドンあ

井浦×稲森の史上最弱のドアドンに半端なく萌えた(*≧∀≦*)

(´-`).。oO(第三話にしておもろい展開になってきたな
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック