FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2014年夏、木曜ドラマ『ゼロの真実~監察医・松本真央~』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年7月17日スタート テレビ朝日系毎週木曜午後9:00~午後9:54
 ゼロの真実~監察医・松本真央~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石静/演出:常廣丈太/演出:星野和成/プロデューサー:内山聖子/プロデューサー:中川慎子/プロデューサー:浅井千瑞
主題歌:湘南乃風「パズル」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
松本真央(武井咲)
天涯孤独で、愛を知らずに育った天才監察医。高い知能指数を持つゆえ、あらゆる物事を見抜くことができるが、生きている人間には興味を持てない。

屋敷一郎(佐々木蔵之介)
警視庁捜査一課の刑事。数々の事件を解決に導いた実績の持ち主。その執拗さや、暴走を繰り返すことから、捜査一課の「嫌われ者」でもある。ギャンブル好きで、いつも金に困っている。

泉澤郁夫(生瀬勝久)
中央監察医務院・部長監察医。組織の論理を大切にする権威主義者。上昇志向が強く野心家のため部下たちには威張っているが、専業主婦の妻には頭が上がらない恐妻家でもある。

小杉貞夫(橋爪功)
拘置所にいる死刑囚。服役中にもかかわらず、すべてを見通しているかのような言動で、塀の外の人々を混乱させる。

印田恭子(真矢みき)
中央監察医務院のベテラン監察医で、皆から一目置かれる存在。喜怒哀楽の感情が激しく、好きなものは「自由」と「金」。贅沢品を身にまとっているためさまざまな噂がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
武井咲主演、大石静脚本、監察医務院が舞台の法医学ドラマ!
武井咲が医師役に初挑戦する医療ドラマ。武井は同じ枠でヒットした米倉涼子主演の医療ドラマを引き合いに、「事務所の先輩でもある米倉涼子さんから白衣の着こなしを学びたい」とはりきっている。武井が演じるのは、中央監察医務院の新任監察医・松本真央。IQ150を誇る天才だが、天涯孤独で組織や人間関係には頓着せず、異性にも、食べ物にも、おしゃれにも一切関心なし。唯一興味を示すのは遺体の検案・解剖という変わり者だ。ドラマは、医学先進国から大きく後れを取った日本法医学の現状に鋭く切り込みながら、真央が数多くの遺体と向き合い、その背後にある事件の真相究明に突き進む姿を描いていく。





----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/17放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
真央(武井咲)は、死因不明の遺体を検案する中央監察医務院で監察医として働き始める。着任早々、夫・三神(斎藤歩)の死に納得できない珠江(あめくみちこ)が、解剖してほしいと言って遺体を持ち込んできた。有名建築家・長瀬と組んで働いていた三神は、建築現場で倒れているところを見つかり、搬送先の病院で亡くなったという。勝手に三神の解剖を引き受けた真央は、他殺の可能性があることに気付き、刑事の屋敷(佐々木蔵之介)が動き始める。

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

くそまじめだけど実力はある主人公が本当の死の原因について徹底的に調べる前向きな姿はとてもよかったです。

いきづまって逆立ちするシーンはびっくりしました

これまでの役とうって変わって、クールで人と関わらない天才を武井咲さんが演じているのですが、意外とクールな役の方が似合います。

そしてなんといっても生粋の京都人・佐々木蔵之介さんのバリバリの関西弁キャラで、いい味だしてました(笑)

ドラマ中でも異彩を放っています。

この関西弁のうるささが、逆に主人公のクールさを際立たせていましたね。


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真央(武井咲)は、28歳の男性・明の遺体を解剖する。アパートの自室で死んでいた明のノートには遺書とも読める文章が残されていたが、自殺の痕跡が見当たらず、解剖に回ってきたのだ。しかし、解剖しても死因の特定はできず、真央は胃の内容物や血液を検査に回す。そして、足を運んだ現場で明の母親・典子と出会う。一方、刑事の屋敷(佐々木蔵之介)らの調べで、典子が明に5千万円の生命保険をかけていたことが分かる。

【ゲスト】手塚理美、柄本時生


Arika報告書y

■ドラマ第2話感想

1話見たとき正直今一つだったけれど今日は楽しめた。

初回は尺のばして少し間延びした感じだったのかな?

睡眠薬を飲ませた時点で絞殺でも刺殺でもやり放題だったのに・・・

わざわざLPガス事故死とかでごまかしたかったのかもしれないがなぜか自分のアパート 窒息狙う割には気密性はあまり考えなかった隙間だらけの部屋。上の階で洩れたガスが階下に伝わるくらい建てつけ悪いアパートなら上で刃傷沙汰が起きた時に物音で気づくと思うんだが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック