FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2014年夏、木曜ドラマ『獣医さん、事件ですよ』

kage

2014/07/24 (Thu)

2014年7月3日スタート 日本テレビ系毎週木曜午後11:59~深夜0:54
 獣医さん、事件ですよ



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:田辺満/演出:池澤辰也/プロデューサー:西川義嗣/プロデューサー:山田大作/プロデューサー:竹中美保
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「Always with you」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
•柴健太郎(陣内孝則)
柴動物病院の2代目院長。独身。情に厚く、診察に訪れる飼い主が抱える問題を自分のことのように心配し、首を突っ込んでいく。その飼い主が女性の場合、好意を抱いてしまうこともしばしば。動物の気持ちを理解することができ、外科的な腕前も確か。

柴日菜子(吉本実憂)
健太郎に娘として育てられている17歳の女子高校生。母は自分が2歳の時に病死したと聞かされていたが、15歳の誕生日に健太郎から実の娘ではないことを打ち明けられる。動物が好きで、よく病院にも出入りしていたが、15歳の誕生日を境に行かなくなった。

柴英恵(野際陽子)
健太郎の母親だが、血縁関係はない。柴動物病院では看護師兼金庫番として働いている。27年前に夫を亡くしたが、健太郎を一人前の獣医に育て上げた。人生が波乱万丈だったこともあり、達観している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
7年ぶりに連ドラ主演の陣内孝則が現代の“寅さん”に!?
陣内孝則の7年ぶりとなる連続ドラマ主演作。東京・下町を舞台にした人情喜劇で、陣内は困っている人を放っておけない動物病院の院長・柴健太郎を演じる。健太郎は「一つ屋根の下で一緒に住めば、みんな家族」が持論で、血のつながりのない母・英恵(野際陽子)、娘・日菜子(吉本実優)との3人暮らし。毎回登場する“マドンナ”に健太郎がほれ込み、彼女たちが抱える問題解決のために奔走する様がコミカルに描かれる。現代の“寅さん”ともいえる役どころで、陣内は「身内にいたら絶対ウザイ」とジョークを飛ばしながらも、「この作品で『ドラマってこんなに面白いんだ』と思わせたい」と気炎を上げる。





----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/3放送) 「陣内孝則が人助け!」
----------------------------------------------------------------------------------------
柴動物病院院長・健太郎(陣内孝則)の愛称は‘シバケン’。動物看護師の母・英恵(野際陽子)、高校生の娘・日菜子(吉本実憂)と暮らしているが、実はみんな血のつながりがない。ある日、健太郎は往診に行く途中で、ゴールデンレトリバーの子犬・ピーチを連れた瞳(釈由美子)に出会い、一目ぼれする。困ったことがあれば何でも相談してと申し出た健太郎に、瞳はその夜、ピーチが1週間ほど前から元気がなく餌も食べなくなったと訴える。瞳がバツイチのシングルマザーと知り、健太郎はがぜん張り切りだす。

浅野 瞳(ピーチの飼主) - 釈由美子
浅野 葵(瞳の娘) - 本田望結
山崎 文彦(瞳の元夫) - 伊東孝明
恵子(亜里沙の母) - 棟里佳
亜里沙(ゴンタの飼主・日菜子の友達) - 小川あん

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

今回のマドンナは、バツ1美女・浅野瞳役として釈由美子が出演。

「離婚して片親になったことで子供にイヤな思いをさせたくない」の一心で仕事と子育てに奮闘。

そんな瞳の姿に、健太郎は娘・日菜子を育ててきた自分を重ね合わせ、好きになるが…の話。

最近はぺっとを飼育される方も多く、ペットの保険も登場していますから、獣医さんも忙しいところが多いみたいですね。

今、こんなおせっかいな人がいたら過剰な干渉だと逆に起こられるだろうけど…。

でも、このほっとけないこのおせっかいぶりで暴走しながらも、結果的に相手を救うことになります。

昔は近所のおばさんとかみんなこれくらいおせっかいだけどそれで色々解決したんだよなぁと思い出しました。

恋も・・・毎回大暴走しそうなので、この暴走っぷりは案外陣内さんのハマり役かもしれませんね。



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/10放送) 「愛犬に遺産20億の鬼姑」
----------------------------------------------------------------------------------------
健太郎(陣内孝則)の元に苦しそうな呼吸のシーズー犬・コテツを連れた絵美(浅見れいな)が来院。絵美によると、飼い主である母は遺産20億円をコテツに譲ると決めたほど大切にしているという。そこへ絵美の母・絹代(木野花)が現れ、コテツを最新設備の病院に連れて行くと騒ぎだす。健太郎は、亡夫の母である絹代につらく当たられながらも、けなげにつくす絵美のことが好きになってしまう。

田村 絹代(コテツの飼主) - 木野花
田村 絵美(絹代の義娘) - 浅見れいな
星山(シバケンの飲み仲間) - 斉藤陽一郎
田村 一馬(田村家長男) - 小手伸也
田村 誠二(田村家次男・絵美の夫) - 三上浩
松原(絹代の遺言執行者) - 神崎孝一郎
伊藤 美沙(星山の元婚約者) - 太宰美緒

Arika報告書y

■ドラマ第2話感想

今回のマドンナは醜とにつらく当たられながらも、けなげにつくす嫁を演じた木野花さん。

今回は、キューンとするエピソードでした。

ただ深夜枠なのでうっかり見逃してしまいそうなのが少し残念!

コミカルだけでなく、命の大切さも学べてテンポがとてもいいドラマなので続編はぜひゴールデンな時間帯に期待したい。



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第3話 7/17放送) 「奪われた花嫁&花婿!?」
----------------------------------------------------------------------------------------
日菜子(吉本実憂)と散歩していたブルドッグのねぎまを見た敏腕CMディレクターの江里子(笛木優子)は、ねぎまのCM出演を依頼。ねぎまと審査に行った健太郎(陣内孝則)は、アシスタントの谷本(山崎樹範)から江里子が独身と聞き、恋に落ちてしまう。だがその夜と翌朝、江里子から2匹の飼い犬の状態がおかしいと立て続けに連絡が。別人のように取り乱す江里子に、英恵(野際陽子)はペット依存症を疑う。

高城 江里子(チョコ・グミの飼主) - 笛木優子
谷本 勉三(高城のCM制作のアシスタント) - 山崎樹範
磯崎 秀樹(CMプランナー) - 敦士

Arika報告書y

■ドラマ第3話感想

今回のマドンナは、 CMアシスタント、独身、美人の江里子役として笛木優子さんが出演。

前回活躍が見られなかったブルドックの"ねぎま"がCM犬にスカウトされるという展開です

最初、断固反対する健太郎だったが、ねぎまをスカウトした敏腕CMディレクターの江里子の美しさに魅了され一転して快諾しちゃう。さらに江里子が独身で恋人もいないと知り有頂天に・・・といういつものパタン。

しかし、彼女は過去にトラウマを抱えていてペット(ミニチュアダックスフンド)しか愛せないという、「氷のような女」だった。

その美しい美貌に惚れてしまった、しばけんは、今回も彼女のために一肌脱ぐのだったが…。

何故か惚れた女と別の男の仲立ちしちゃうんだな、まさに寅さん回だった(´・ω・`)



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第4話 7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
健太郎(陣内孝則)はストレスで体調が悪い北海道犬のシロと、その飼い主でシェフの里奈(雛形あきこ)に出会う。かつては実家で放し飼いだったが、3年前からワンルームの室内飼いだというシロ。里奈は病院長の父・茂徳(西田健)と衝突して家を出たため、元の生活には戻れないという。健太郎はシロを飼ってもらえるよう茂徳に頼むが拒絶される。

(内容変更の場合あり)





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック