FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2014年夏、金曜ドラマ『金曜8時のドラマ「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月11日スタート テレビ東京系毎週金曜午後7:58~午後8:54
 金曜8時のドラマ「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」



キャッチコピーは、「死人に口なし。なんて、ない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾崎将也/脚本:武田有起/監督:水谷俊之/監督:藤尾隆/監督:金澤友也/プロデューサー:岡部紳二/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:阿部真士/プロデューサー:黒沢淳
主題歌:桐嶋ノドカ「Wahの歌」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
秋田晋也(寺脇康文)
監察医務院に勤務する監察医。人命を救うよりも死者と向き合うことに興味を抱いている。本音を口にすることはなく、淡々と仕事に打ち込む。周囲からは変わり者扱いされているが、その仕事ぶりは高く評価されている。プライベートは謎に包まれており、既婚か否かも不明。

吉崎薫子(相武紗季)
大学病院で臨床医をしていたが、教授の進言で監察医務院に赴任。秋田から指導を受けることに。はじめは秋田の突飛な行動に頭を抱えるが、やがて彼のよき理解者となっていく。

竹内亮子(YOU)
解剖した際の検体を調べる検査課員。熱心な仕事ぶりで知られる一方、プライベートは恋愛体質。恋人の前では女々しくなる。

安田圭介(マキタスポーツ)
監察医。保守的で規則を重んじるタイプ。身勝手な行動が多い秋田のことをよく思っていない。出世欲が強く、かつて勤めていた大学病院に戻るきっかけを探している。

池田刑事(渡部秀)
刑事。今時の若者らしく、淡々と仕事をこなす。薫子に好意を寄せており、内緒で捜査の情報を共有することも。

山倉刑事(渡辺いっけい)
たたき上げの刑事。秋田は最も苦手なタイプで、事件に首を突っ込む彼のことを煩わしく思っている。

山下美恵子(戸田恵子)
監察医補佐。医師免許はないが知識も経験も豊富で、監察医たちにとって、なくてはならない存在。秋田の扱いにも慣れており、褒めたり叱ったりしながら信頼関係を築いている。

柳田修平(伊東四朗)
監察医務院の院長。サンダル履きで院内を見回るのが日課。気さくな性格で、監察医たちの抱える問題をのらりくらりと解決する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
寺脇康文が4年ぶりの連ドラ主演作で変わり者の監察医役に挑戦!
犯罪性のない遺体の死因を究明する監察医の姿を描くヒューマンドラマ。寺脇康文が4年ぶりに連続ドラマの主演を務める。脚本は「梅ちゃん先生」、「結婚できない男」の尾崎将也が担当する。寺脇とタッグを組む新人監察医役を相武紗季が演じるほか、伊東四朗、YOU、マキタスポーツ、渡辺いっけい、渡部秀、戸田恵子ら個性豊かな俳優たちが脇を固める。寺脇は、「監察医という独特な世界観、独特な主人公を楽しみながらも、頼りになる共演の皆さんと力を合わせ、肩の力を抜いて楽しんでいただけるエンターテイメントを目指して、この夏、突っ走っていきたい」と意欲を燃やす。


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ((第1話 7/11放送 ※午後7:58~午後9:48)
----------------------------------------------------------------------------------------
監察医務院に赴任した薫子(相武紗季)は初日から、他人との関わりに難があり、「生きている人間より死体の方が楽」と言い切る指導医の秋田(寺脇康文)に振り回される。ある日、転落死したモデルの利香(夏菜)が搬送される。死因は多臓器損傷で、マネジャーに「さようなら」とメールを送っていたことから警察は自殺と断定。その夜、手帳を届けようと秋田を追った薫子は、たどり着いた場所が利香の転落したビルだと気付く。

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

「死人に口なしなんてない! 変人監察医が紐解く最期のメッセージ

転落死の美人モデルが生きている!? 右手の硬直に秘められた謎」


  ↑
2時間ドラマを彷彿させるタイトル長し。

内容は司法解剖というテーマに、推理と検証でガッチリと本当の死の原因を徹底的に調べる根性とマニアックさがきわだっていました。

寺脇演じるベテラン監察医の主人公・秋田晋也と、監察医見習いの吉崎薫子(相武紗季)が、遺体の隠された死因を読み解き、人生最期の想いを拾い上げていくドラマ。

共演者には、伊東四朗、戸田恵子、YOU、マキタスポーツ、梶原善、渡辺いっけいらが名を連ね、クスッと笑えて、少しホロッとさせるドラマを展開する。

寺脇演じる秋田は「生きている人間の相手をするよりも、死体の方が楽」と言い放ち、他人とのコミュニケーションに少々難ある変わり者。テレ朝の監察医、武井演じる松本真央もIQ150を誇る天才だが、天涯孤独で恋愛にもおしゃれもにも無関心、唯一興味を示すのは死体の検案・解剖のみという変わり者という設定。

 「死んだ人間の体にしか興味がない」変わり者が主人公のドラマ対決の行方も注目!

正義に走る相武さんに冷静な推理の寺脇さんが、まるで『相棒』での立場を逆転したかのように絶妙なコンビネーションでさすがでした。



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
車が工事現場の資材に激突し、運転していた健一(賀集利樹)が死亡した。解剖した秋田(寺脇康文)は首の傷に注目し、その傷による窒息状態が事故につながったと推測。傷を付けたと思われる、先がとがっていて刃がついていない「有尖(ゆうせん)無刃器」の正体を、薫子(相武紗季)と共に調べ始める。その過程で、健一の婚約者で料理研究家の有美(小野ゆり子)や、仕事仲間で登山が趣味の坂田(鈴之助)の存在が浮上するが…。


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第3話 7/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
遊園地脇の公園で60代前後の女性・悦子(秋野暢子)の遺体が発見される。解剖した秋田(寺脇康文)は、死因は急性アルコール中毒と断定。だが、肝臓の状態から飲酒の習慣はないと分かる。娘の早苗(星野真里)は遺体の引き取りを拒否。秋田と薫子(相武紗季)は早苗を説得しに行き、婚約者で製薬会社勤務の修司(崎本大海)と出会う。一方、悦子の体から薬品の成分が検出されて…。

※テレビ大阪は7月26日(土)午後7:58~午後8:54
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック